> How to Use > PC引越し > ArcGISライセンスを他のPCに譲渡する方法

ArcGISライセンスを他のPCに譲渡する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PC引越し | 2021年01月18日に更新

概要:

ArcGISライセンスを他の端末に移行したい、他のユーザーに譲渡したい…そのような場合には、EaseUS PCTransを使うと簡単・効率的・確実にライセンスの移行を行うことができます。本記事では、EaseUS PCTransを使った、ArcGISライセンスの移行方法とArcGISライセンスマネージャーを使った移行方法の2方法を紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

“ArcGIS Proライセンスを他のユーザーに譲渡するには、どうしたらいいでしょうか?うちの会社の社員の1人が会社を辞めたので、彼が使っていたArcGIS Proのライセンスを新しい社員に譲渡したいと考えています。以前使っていたユーザーのパソコンから非アクティブ化して、新しいユーザーのパソコンでアクティブ化するには、どうしたらいいでしょうか?”

“古いパソコンで使っているArcGIS 10.5を新しいパソコンに移行したいです。どうやったら、ArcGIS 10.5ソフトを他の端末に移動できますか?先日新しいパソコンを買ったので、新しい端末にソフト等を移行したいですが、どなたか効率的な方法を知りませんか?”

EaseUS PCTransについて

他のユーザーにArcGIS ライセンスを譲渡したい場合や、新しい端末に移行させたい場合は、どうしたらいいのでしょうか?
ArcGIS ライセンスの移行は、EaseUS Todo PCTransを使うことで簡単に効率的に行うことができます。EaseUS Todo PCTransを使えば、ファイル、アプリケーション、アカウントなどを簡単にパソコン間で転送することができます。以下のボタンから、EaseUS Todo PCTransの無料ソフトをダウンロードすることができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ArcGISライセンスの種類

ArcGIS ソフトやライセンスの移行・譲渡を行う前にArcGIS ライセンスの種類についてみていきます。

1.指定ユーザー
ArcGISでのみ使用可能なユーザータイプで、 ArcGIS Proの標準ライセンスタイプです。異なるタイプのライセンスを使用可能ですが、ライセンスはMy Esriを通して変換する必要があります。指定ユーザーライセンスは、コンピュータではなくユーザーに割り当てられるため、ソフトウェアがインストールされており、動作環境を満たしているコンピュータであれば、自由に利用することができます(利用開始時に指定ユーザーによるサインインが必要です)。

2.単独使用(SU)
単独使用ライセンスでは、1人のユーザーがコンピュータにArcGIS Pro ライセンスを認証して使用するため、2台目の端末での使用はできません。

3.同時使用(CU)
同時使用ライセンスでは、複数のユーザーがArcGIS Desktop(ネットワーク上の任意のコンピュータ、または仮想マシンから)アクセスを共有することができます。インストールするソフトウェア数に制限はなく、同時使用数のみを管理します。

ArcGISライセンスを新しいPCに移動させる方法

1.EaseUS Todo PCTransを使う

対応:別のコンピュータへプログラムを移行、ライセンスの移行等

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

(操作手順)

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

アプリの転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

アプリ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

アプリ転送するステップ3

Step 3:ここでアプリカテゴリをチェックしてください。「編集」ボタンをクリックしてアプリを選択することが可能ですので、編集をクリックして移行したいアプリを選択しましょう。

アプリ転送するステップ5

Step 4: 移行したいアプリを選択して、「転送」ボタンをクリックして、アプリの移行を始めることが可能です。

アプリの転送するステップ6

2.ArcGISライセンスマネージャーを使う

対応:ライセンスを他のパソコンに移行(単独使用(SU)、同時使用(CU)の場合)

License Managerでは、ArcGIS Desktop、ArcGIS Engine、ArcGISCityEngineのライセンスをインストール、管理できます。

(操作手順)
1.ライセンスマネージャーを古い端末にインストールし、認証する。

2.新しい端末にも、ライセンスマネージャーをインストールする。また、「ArcGISライセンスサーバーアドミニストレーター」が表示される。

3.[コンテンツ] ウィンドウで [認証] をクリックし、[今すぐ認証] ボタンをクリックして、ソフトウェア認証ウィザードを起動。

4.[自分のライセンス サーバー上でライセンスを認証する必要がある。] オプションを選択したまま、認証する製品を選択して、[次へ] をクリック。

5.次のパネルで、[ローカルのライセンス サーバーからソフトウェアを認証] オプションをオンにして、[次へ] をクリック。

6.ライセンスの移行元にするライセンス マネージャーの名前を指定する。

7.新しい端末で、[コンテンツ] ウィンドウの [ライセンス サービスの開始/停止] をクリックし、[開始] ボタンをクリックして、ライセンス サービスを開始する。

出典:ArcMap公式ページ

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>