> How to Use > PC引越し > Internet ExplorerからMicrosoft Edgeに移動する方法

Internet ExplorerからMicrosoft Edgeに移動する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年07月28日に更新

概要:

Internet Explorerは、2022年6月15日でサポートを終了します。IEからEdgeまたは他のブラウザに切り替えようとする人がいるかもしれません。その場合、こちらの記事をご参考にしてください。Internet ExplorerからEdgeへの正常移行プロセスを示します。お気に入り、ブックマーク、アカウントとパスワード、およびダウンロードをMicrosoft Edgeに正常に切り替えてインポートしましょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Microsoftが2022年6月15日をもってInternet Explorerのサポートを終了したため、ほとんどのIEブラウザーのユーザーは、その対処法を手に入れたいかもしれません。お気に入り、アカウントとパスワード、ダウンロードなどのIEデータを新しいブラウザに移動する方法を疑問に思う人もいるかもしれません。
この記事では、Internet Explorerから新しいEdgeブラウザーにすべてを効果的に移動する方法を紹介します。それでは、始めましょう。

Internet ExplorerからMicrosoft Edgeに切り替える必要がある?

この質問に答えるには、まずMicrosoft Edgeとは何かを最初に理解しておく必要があります。新しいEdgeブラウザーは、Internet Explorerブラウザーの後継として設計され、2015年に最初にリリースされました。
Edgeは、Windows 10およびWindows 11オペレーティングシステムに同梱されています。ほとんどの古いWindows OSはまだInternet Explorerを搭載しています。だが、サポートの終了につれて、セキュリティの更新や技術サポートがなくなったIEを、Edgeまたは他のブラウザーに移行しようとするユーザーもだんだん増えています。
個人およびビジネスのデジタル遺産を守るために、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeまたは他のブラウザーに転送すべきです。

Internet ExplorerをEdgeに移行する理由とメリット

MicrosoftはEdgeをInternet Explorerの後継として主張していますが、一部のWindowsユーザーはまだ疑問を抱えています。
Internet ExplorerからEdgeに移行する理由:
Internet Explorerは古くて、2022年6月15日以降はサポートされなくなりました。
Internet Explorerのパフォーマンスは、他の新しいブラウザほど優れていません。
Internet Explorerは、新しいWindows 10およびWindows 11と互換性がありません。
IEにはセキュリティリスクがあるかもしれません。
IEからEdgeにデータを移動するメリット:

  • より多くの新機能、より良いブラウザパフォーマンス。
  • 継続的な技術サポート。
  • 低セキュリティリスク。
  • より高い互換性。

Microsoft Edgeは、Windows 11/10/8.1/7やWindows Server 2022/2019/2016/2012/2012 r2/2008 r2など、ほとんどのWindowsオペレーティングシステムと互換性があります。
では、Internet ExplorerからEdgeに移行するにはどうすればよいですか?次の部分に入りましょう。

Internet ExplorerからEdgeに移行する方法[完全ガイドはこちら]

このパートでは、お気に入りやブックマーク、保存されたアカウントとパスワード、閲覧履歴、設定など、IEデータをEdgeに正常に移動するためのすべての実行可能なソリューションについて説明します。

#1.同じPCでInternet ExplorerのデータをMicrosoft Edgeにインポートする

Microsoft Edgeは、お気に入りとブックマーク、パスワード、さらには履歴などをInternet ExplorerからEdgeに直接移行できる強力なブラウザーです。
操作ガイド:
手順 1.PCでMicrosoft Edgeを起動し、右上のメニューにある3つのドットをクリックして、[設定]を選択します。
Internet ExplorerからEdgeに移行する1
アカウントとパスワードを使用してEdgeとInternet Explorerにサインインします。
手順2.[プロファイル]を選択し、[ブラウザデータのインポート]をクリックします。
Internet ExplorerからEdgeに移行する2
手順3.[他のブラウザからインポートする]セクションの[インポートする項目を選択してください]をクリックします。
Internet ExplorerからEdgeに移行する3
手順4.インポート元のMicrosoft Internet Exploreを選択し、インポートする項目を選択します。

  • お気に入りまたはブックマーク
  • 保存されたパスワード
  • 個人情報
  • 支払い情報
  • 閲覧の履歴
  • 設定
  • 開いているタブ
  • 拡張機能

手順5.[インポート]をクリックして、プロセスが完了するのを待ちます。
Internet ExplorerからEdgeに移行する4
移行プロセスが完了して成功するように、ソースブラウザで開いているすべてのタブを閉じる必要があることに注意してください。そうしないと、IEからEdgeにすべてのコンテンツを正常に移動できなくなるかもしれません。

#2.Internet Explorerのデータを別のPC上のEdgeに移動する

次に、お気に入りやパスワードなどのIEデータを古いPCから新しいコンピューターのEdgeに移動する方法を説明します。
操作ガイド:
ステップ1.Internet Explorerのデータ(お気に入り)をソースPCからエクスポートします。
IEブラウザを開き、[お気に入り、フィードおよび履歴の表示]を選択します。
[お気に入りに追加]メニューで、[インポートとエクスポート...]を選択します。
[ファイルにエクスポートする]を選択し、[次へ]をクリックします。
お気に入りのエクスポート先のフォルダを選択し、[次へ]を選択します。
エクスポートしたファイルを保存する場所を参照し、[エクスポート]>[完了]をクリックします。
保存したパスワードをIEからエクスポートする:
管理者としてPowerShellを開きます。
PowerShellに次のコマンドを入力し、[Enter]キーを押します。
function ExportPasswords { 
# Retrieve passwords from the Windows Credential Manager 
[void][Windows.Security.Credentials.PasswordVault, Windows.Security.Credentials, ContentType = WindowsRuntime] 
$v = New-Object Windows.Security.Credentials.PasswordVault 
$a = $v.RetrieveAll() | % { $_.RetrievePassword(); $_ } 
$f = "wincreds.csv" 
$a | Export-Csv -NoTypeInformation $env:TEMP\$f }
「ExportPassword」 と入力し、[Enter]キーを押し ます。
「notepad %temp%\wincreds.csv」と  入力し、[Enter]キーを押します。
CSVファイルが開いたら、最初の行の内容を置き換えて、EdgeがIEパスワードを認識できるようにする:
「UserName」「username」に変更します。
「Resource」「url」に変更します。
「Password」「password」に変更します。
ステップ2.お気に入りとパスワードなどのIEデータを新しいPCに転送します。
外付けUSBドライブを使用して、エクスポートされたIEのお気に入りのHTMLファイルとパスワードCSVファイルを新しいコンピューターにコピーして転送すればいいです。
ステップ3.IEのお気に入りとパスワードを新しいPCのEdgeにインポートします。
IEのお気に入りをEdgeにインポートする:
新しいPCでEdgeブラウザーを起動します。
外部ストレージデバイスをPCに接続し、右上のメニューの3つのドットをクリックします。
[設定]>[プロファイル]>[ブラウザーデータのインポート]>[インポートする項目を選択してください]をクリックします。
[お気に入りまたはブックマークのHTMLファイル]を選択します。
Internet ExplorerからEdgeに移行する5
[ファイルの選択]をクリックしてIEのお気に入りのHTMLファイルを選択し、[OK]をクリックします。
Internet ExplorerからEdgeに移行する6
プロセスが完了するのを待ちます。
IEパスワードをEdgeにインポートする:
Edgeブラウザーを開き、[設定]>[プロファイル]>[ブラウザーデータのインポート]>[インポートする項目を選択してください]に移動します。
[パスワードCSVファイル]を選択します。
[ファイルの選択]をクリックしてCSVファイルを参照して開き、Edgeにすべてのパスワードをインポートします。
Internet ExplorerからEdgeに移行する7

ヒント:IE/Edgeのダウンロードを別の場所または新しいPCに移動する方法

IEのお気に入りとパスワードを新しいEdgeブラウザーに移動した後、最後に残ったのは、IEまたはEdgeのダウンロードフォルダーかもしれません。
IE/Edgeのダウンロードを別の場所または新しいPCに移動する方法は次のとおりです。

#1.自動ツールでIE/Edgeのダウンロードを別の場所または新しいPCに引越す

EaseUS Todo PCTransは、そのファイル転送機能により、データ、ファイル、フォルダやプログラムなどを新しいPCに効率的に移動できます。IEまたはEdgeのダウンロード場所を変更する方法は次のとおりです。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

1.IE/Edgeのダウンロード場所を変更

ステップ1. EaseUS Todo PCTransを実行して左側のメニューで「大容量ファイルクリックアップ」を選択して、「スタート」ボタンをクリックして大容量ファイルのクリーンアップを開始します。

大容量ファイルを移行するステップ1

ステップ2.スキャンしたいドライブを選択して、「スキャン」をクリックすることで、当該ドライブに存在している20MB以上のファイルが全て検出されます。

大容量ファイルを移行するステップ2

ステップ3.ここで削除したい大容量ファイルを選択して「移動」をクリックします。(参照ボタンをクリックすることで、大容量ファイルの移動先を指定することができます。)

大容量ファイルを移行するステップ3

 

ファイル転送が完了すると、ソースドライブ/ディスクに十分な空き容量が得られます。 
2.IE/Edgeのダウンロードを新しいPCに転送

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

アプリ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

アプリ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

アプリ転送するステップ3

Step 3:アプリカテゴリで「編集」ボタンをクリックして転送したいアプリを自由に選択します。

アプリ転送するステップ5

Step 4: 「転送」ボタンをクリックして、アプリの移行を始めます。

アプリ転送するステップ6

#2.Edgeのダウンロード場所を変更する

手順1.Edgeブラウザーを起動し、右上のメニューの3つのドットをクリックして、[ダウンロード]をクリックします。 
Internet ExplorerからEdgeに移行する8
手順2.[ダウンロード]ウィンドウの3つのドットをクリックし、[ダウンロード設定]を選択します。
Internet ExplorerからEdgeに移行する9
手順3.[ダウンロード]セクションの下にある[変更]をクリックします。
次に、Edgeでダウンロードしたアイテムを保存するための新しい場所を参照して選択します。
Internet ExplorerからEdgeに移行する10

#3.IEダウンロードフォルダを新しい場所に移動する

手順1.IEブラウザーを開き、[ダウンロード]>[設定]>[場所]に移動します。
手順2.IEブラウザのダウンロードの場所を表示します。
手順3.ダウンロードしたアイテムをコピーして、変更した新しい場所に貼り付けます。

IEが終了したが、Edgeまたは他のブラウザーに移動してデジタルライフを続けよう!

Internet Explorerのサポートは終了されましたが、デジタルライフは永遠に続きます。
この記事には、Internet Explorerのお気に入り、設定、パスワードなどを自分でEdgeに正常に移動するために最も効果的なガイドとソリューションがまとめられています。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>