> How to Use > PC引越し > 超簡単:システムドライブにインストールしたソフトを別ドライブに移行する

超簡単:システムドライブにインストールしたソフトを別ドライブに移行する

Tioka | カテゴリ: PC引越し | 2020年04月16日に更新

概要:

Cドライブはシステムドライブとして、パソコンの性能に大きな影響を与えています。システムドライブの空き容量が少なくなると、パソコンの動作もどんどん重くなることも多く見えます。この記事では、システムドライブステムドライブ/Cドライブにインストールしたソフトを別のドライブに移行することでCドライブの引越しを実行する方法を皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼
 

Cドライブの引越しについて

Cドライブの引越し、実際にはCドライブに保存しているデータ、またはCドライブにインストールしているソフトを他の場所に移行することを指します。システムドライブの空き容量が少なくなってきた時、そこにインストールしたソフトを別のドライブに移行するのは、空き容量を増やせる最も有効な手段です。本文で紹介する対処法に従って、インストール済みのプログラムのインストール場所を変更すれば、システムドライブの容量を増やすこともできるし、ソフトをそのまま支障なく使うことができます。

Cドライブ引越し対策について

普段、パソコンを長く使い続ける、Cドライブ/システムドライブの空き容量はどんどん少なくなります。このような場合は、パソコンの正常の動作を保証するため、Cドライブの引越しを行う必要があります。Cドライブの引越しを実行するため、一番効率的な方法はCドライブにインストールしているソフトを別のドライブに移行することです。

Cドライブにインストールしたソフトを別のドライブに移行する

システムドライブにインストールしたプログラムをほかのドライブに移行することでシステムドライブの空き容量を増やせるということを多くのユーザーが知っています。が、そのプログラムのインストール場所に移動して、ソフトのフォルダーをまるごとほかのドライブに複製するのは、最も使われている方法です。そうすると、デスクトップ上のソフトのショットカートが使えなくなったり、ソフト使用中にキャッシュファイルが同じくシステムドライブに生成されたりして、ソフト利用の妨げになる一方、システムの空き容量を増やすことに対してもそんなに効果な方法だと言いにくいです。

それでは、どうやってシステムにインストールしたプログラムを完全に別のドライブを移行すればいいですか。ここで最も使いやすいデータ移行ツールで完全にインストール済みのプログラムを別のドライブに移行する方法を皆さんに紹介していきたいと思います。

システムドライブにインストールしたソフトを別のドライブに完全に移行する

それでは、Cドライブの容量が少なくなってきたときに、インストール済みプログラムを別のドライブに移行する手順を書いておきます。

Cドライブにインストールしたソフトを別のドライブに完全に移行するには、高機能のデータ移行ツールが必要となります。下記のダウンロードボタンをクリックしてEaseUS Todo PCTransをパソコンにインストールします。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

アプリ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

アプリ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

アプリ転送するステップ3

Step 3:アプリカテゴリで「編集」ボタンをクリックして転送したいアプリを自由に選択します。

アプリ転送するステップ5

Step 4: 「転送」ボタンをクリックして、アプリの移行を始めます。

アプリ転送するステップ6

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

以上で、簡単な3ステップだけでシステムドライブにインストールしたプログラムを他のドライブに移行することが可能です。必要がある方は是非この高機能なデータ移行ソフトを見逃しないでください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>