> How to Use > PC引越し > アプリ/プログラムを削除せずにWindows 11を工場出荷時にリセットする方法 - EaseUS

アプリ/プログラムを削除せずにWindows 11を工場出荷時にリセットする方法 - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PC引越し | 2022年04月29日に更新

概要:

本記事ではアプリ/プログラムを削除せずにWindows 11を工場出荷時の設定にリセットする詳細手順をご紹介します。この方法は、パソコン知識があまり詳しくなくても、実行できます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

アプリ/プログラムを削除せずにWindows11を出場出荷時にリセットする方法を探しているなら、本記事の内容が役にたちます。工場出荷時の設定を使い続けるのはほとんどです。その理由はPCを新しいもののように機能させることです。しかし、パソコンを出場出荷時の状態に戻す時に、常に重要なデータを失うという問題を伴います。そこで、アプリ/プログラムを削除せずにWindows11を工場出荷時にリセットする方法はありませんか?もちろんありますよ。本記事で紹介しているデータ移行ツールを使って、アプリ/プログラムを削除せずにWindows 11を工場出荷時にリセットすることができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

プログラムを削除して、工場出荷時にリセットしますか?

工場出荷時状態に戻すのは、PCのパフォーマンスと速度を向上させるための素晴らしい方法の1つです。ただし、工場出荷時の設定でプログラムが削除する場合があります。工場出荷時の設定では、インストールしたプログラムやその他のファイルが削除されます。また、すべての設定がデフォルト状態に戻ります。したがって、工場出荷時のリセットを行うと、時間の経過とともにPCに対して行ったすべての新しい更新が削除されることに注意してください。

ただし、データはコンピューターから完全に削除されるわけではありません。データがソフトウェアから削除されても、データはハードウェアに残ります。それをクリアする必要がある場合は、2つのオプションしかありません。情報を新しい情報で上書きするか、破棄する必要があります。

工場出荷時の設定の主なメリットは、使いやすいことです。工場出荷時の設定はすぐにできることは誰もが知っています。また、データを消去するための許可も必要ありません。2番目のメリットは、特にITセキュリティを厳密に適用する場合に、リモートで実行できることです。また、PC上のマルウェアを駆除し、他の人に安全に販売または提供できるようにします。

私たちのほとんどは、数回クリックするだけのシンプルで明確なプロセスのため、常に工場出荷時の設定を使用しています。ただし、工場出荷時の設定を常に行うことはお勧めしません。工場出荷時の設定に行くのは悪い考えかもしれません。工場出荷時のリセットを実行する前に、このページのすべてのヒントに従って、すべてのファイルとプログラムを安全に保ってください。

アプリやプログラムを削除せずにWindows11を工場出荷時の状態に戻す

アプリやプログラムを削除せずにWindows11を工場出荷時の状態に戻すには、2つの方法があります。どちらの方法もシンプルでわかりやすいです。

1.アプリを他のローカルドライブに転送する

これは、簡単で安全な方法の1つです。すべての重要なデータを別のローカルドライブまたは外付けHDDに転送することにより、データを削除せずに工場出荷時の設定を行うことができます。EaseUSTodoPCTransを使うことで、すべての重要なデータを数クリックで転送することができます。ダウンロードして無料でご利用いただけます。すべての古いファイルを移行するだけでなく、壊れたパソコンからファイルやその他のプログラムを復活するのにも役立ちます。

このツールは、ファイル、設定、アプリケーション、およびユーザープロファイルを安全に転送するのに役立ちます。これは、MS Office、Adobe、Photoshop、AutoCAD、およびDropboxで最もよく使用されるすべてのアプリケーションをサポートします。すべてのファイルをすぐに自動的に転送します。その中で利用可能な3つの転送モードがあります。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUSTodoPCTransの機能紹介動画

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

アプリの転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます。左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

アプリ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

アプリ転送するステップ3

Step 3:ここでアプリカテゴリをチェックしてください。「編集」ボタンをクリックしてアプリを選択することが可能ですので、編集をクリックして移行したいアプリを選択しましょう。

アプリ転送するステップ5

Step 4: 移行したいアプリを選択して、「転送」ボタンをクリックして、アプリの移行を始めることが可能です。

アプリの転送するステップ6

2. Windows 11で工場出荷時の状態に戻す作業を実行する

PCの工場出荷時リセットを実行する前に、リカバリーメディアの挿入を求められることがありますが、これは紛失したファイルを見つけるために不可欠な一歩です。これはお使いのPCに次第です。PCを購入するとき、Windows 8.1またはWindows RT 8.1が既にインストールされている場合、ディスクまたはサムドライブを用意する必要があります。 これらをお持ちでない場合は、16GB以上のUSBメモリーを使用して簡単に作成することができます。

Windows 11の工場出荷時にリセットするのは、以下の手順で行います。

  • 「設定]タブで利用可能なすべてのオプションから[更新とセキュリティ]を選択します。
  • 左のメニューから[回復]タブを探し、その上にタブをクリックします。
  • ここで、「このPCをリセットする」オプションをクリックします。
  • 次に、2つオプションが表示されます。ファイルを残しておきたい場合は、「個人用ファイルを保持する」オプションをクリックします。この場合、アプリと設定を削除しますが、個人用ファイルは保持します。個人ファイルも含めてすべて削除したい場合は、「すべて削除する」をクリックします。今回はファイルを削除せずに工場出荷状態に戻すので、「ファイルを保持」をクリックします。

  • 次に、Windowsを再インストールするためのオプションを選択します。クラウドダウンロードかローカルかのどちらか一つを選択することができます。
  • ここで、何か設定を変更したい場合は、ポップアップページから設定を選択するオプションをクリックします。そして、「次へ」をタップします。ここで、リセットオプションをクリックして完成です。

システムをインストール中、電源を中断しないようにしてください。その作業を完了すると、パスワードを使用してシステムにログインすることができます。工場出荷時に戻す作業の完了後、以前に削除されたすべてのアプリケーションを一覧表示するポップアップファイルが表示されます。必要であれば、再インストールしても構わません。すべてのプロセスが完了したら、Windows 10に戻り、選択したすべてのデータがデバイスから削除されたことを確認することができます。

Windows 11をリセットした後、消えたデータを復元する方法

Windows 11の出場出荷の状態に戻す作業が完了した後、データが消えたら、EaseUS Data Recovery Wizard を使うことで、データを簡単に復元することができます。また、このデータ復元ソフトは最大2GBの無料復元容量がありますので、データを無料復元することができます。

まとめ

以上、アプリやプログラムを削除せずにWindows 11を出場出荷の状態に戻す方法についてご紹介しました。シンプルで使いやすい方法でしょう。Windows 11のは、Windows 10と比較して、初期化の設定がより簡単にできるようになりました。また、データ復元フリーソフトを利用すれば、消えたデータやプログラムを簡単に復元することができます

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>