> How to Use > PC引越し > [トップ5] Windows 11でCドライブをクリーンアップするツール

[トップ5] Windows 11でCドライブをクリーンアップするツール

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年04月27日に更新

概要:

ここで、Windows 11でCドライブをクリーンアップするツールのトップ5を紹介します。すべてのツールはそれぞれの特徴や機能があります。詳細については以下をお読みください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Cドライブをクリーンアップすると、どうなる? 

Cドライブは、ほとんどのコンピューターのコアです。オペレーティングシステムだけでなく、他のすべての重要なファイルがここに保存されています。だが、Windows Update、ダウンロードされたファイル、一時ファイルなどが原因で、Cドライブの空き容量がますます不足し、PCが遅くて重くなったりします。したがって、Cドライブを定期的にクリーンアップするほうがいいと思われます。

Windows 11でCドライブをクリーンアップする方法は?見逃せない!

Cドライブをクリーンアップするには、いろいろな方法が利用できます。ここで紹介したいのはその中のトップ5です。

ツール1.EaseUS Todo PCTrans 

ツール2.ディスククリーンアップ 

ツール3.ストレージセンサー 

ツール4.アプリと機能

ツール5.OneDrive 

最も完全なソリューションをお探しの場合、EaseUS Todo PCTransを試してみることをお勧めします。その他のツールと比べたら、より多く機能を備えているからです。

ツール1.EaseUS Todo PCTrans 

Cドライブをクリーンアップするために、オールインワンソフトウェアであるEaseUS Todo PCTransは次のような機能があります。

1.システムクリーンアップ

システム、ブラウザ、Windows組み込みアプリケーション、およびその他のアプリからのジャンクファイルのクリーンアップに役立ちます。ディスクスペースを節約するだけでなく、システムのパフォーマンスも向上します。 

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

操作手順:

ステップ1.パソコンでEaseUS Todo PCTransを開きます。ソフトの初期画面で[システムクリーンアップ]を選択し、[スキャン]をクリックします。

システムクリーンアップ1

ステップ2.スキャンのプロセスが完了したら、ジャンクファイルが全て表示されます。ここで削除したいファイルを確認します。

システムクリーンアップ2

ステップ3.[クリーンアップ]ボタンをクリックすることで操作を実行します。

システムクリーンアップ3

2.大容量ファイルクリーンアップ

不要なファイルが多すぎるか、巨大なサイズのファイルがあると、ハードディスクドライブの容量が不足し、システムの速度が低下します。 その場合、ファイルの削除を行う必要があります。

EaseUs Todo PCTransには、Cドライブ上の最大のファイルを見つけるための機能が用意されています。

2つのオプション:

  • 大容量ファイルを移動または削除:選択されたドライブから大容量ファイルを移動または削除します。
  • デフォルトフォルダの移行:個人用フォルダ(デスクトップ、ダウンロード、ドキュメントなど)を他の場所に移行して、ディスク容量を確保します。

注:プログラムのインストールディレクトリからファイルを削除しないでください。削除すると、プログラムを使用できなくなる可能性があります。 

3.アプリケーション管理-破損したアプリを修復し、不要なアプリをアンインストールします。

4.アプリの移行-Cドライブにインストールされているプログラムとソフトウェアを別のドライブに転送します。

関連記事:Windows10/8/7でディスク領域がなくなってしまう?

ツール2.ディスククリーンアップ 

CドライブをクリーンアップするためのWindows組み込みツールです。シンプルなユーザーインターフェイスを備えていて、不要なファイルを見つけて削除できます。

ディスククリーンアップツールを使用すると、Cドライブから次のようなファイルを簡単に削除できます。

1.システムファイル

2.Windows Update

3.ダウンロードされたプログラムファイル

4.インターネット一時ファイル

5.ごみ箱

6.一時ファイル

7.縮小表示

8.ユーザーファイル履歴など。

ディスククリーンアップを実行するには:

ステップ1.検索ボックスに「ディスククリーンアップ」と入力してクリックして、Cドライブを選択します。

ステップ2.削除するファイルの横にあるボックスにチェックを入れます。

ステップ3.より多くのスペースを解放するには、システムファイルのクリーンアップを選択します。 

ステップ4.削除するファイルを選択したら、[OK] > [ファイルの削除]をクリックして、クリーンアッププロセスを開始します。 

ヒント: 

  • システムドライブを圧縮してディスク領域を空けることもできます。このオプションを選択すると、Windowsがインストールされているドライブが圧縮されますが、Cドライブ上のコンテンツは削除されません。また、圧縮されたデバイスからファイルを開いて保存する際に問題が発生することはありません。 
  • アップデートをインストールすると、いつでも圧縮されたCドライブを手動で解凍できます。そうするには、エクスプローラーでCドライブを右クリックして、[プロパティ]を選択します。次に、[このドライブを圧縮してディスク領域を空ける]チェックボックスをオフにし、[適用] > [OK]を選択します。

ツール3.ストレージセンサー 

ディスク使用状況を確認し、ディスクをクリーンアップするためのツールです。

ストレージセンサーは、ディスククリーンアップタスクを自動化するWindows内蔵ユーティリティです。コンピュータのストレージスペースを監視し、容量不足になると実行されます。 

下記のように、Cドライブをクリーンアップできます。

1.一時ファイルを削除

2.ごみ箱と一時ファイルを自動的にクリーンアップ

3.OneDriveをオンラインでのみ構成

4.スペースを解放

注:ストレージセンサーはCドライブでのみ機能します。他のドライブのスペースをクリーンアップする場合は、[その他のストレージ設定] > [他のドライブの記憶域利用状況を表示する]に移動します。

ストレージセンサーを使用する手順:

  • [スタート] > [設定] > [システム] > [記憶域]に移動して、ストレージセンサーをオンにします。
  • [ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する]をクリックします。
  • 必要に応じて、ストレージセンサー設定を構成します。

ツール4.アプリと機能 

不要なアプリケーションをアンインストールするユーティリティです。このツールによって、次のことができます。

1.アプリのサイズを表示

2.不要なアプリや容量の大きいアプリをアンインストール

3.インストール済みのアプリを別の場所に移動(一部のみ)

Windows 11のアプリと機能を使用してCドライブをクリーンアップするには:

  • [設定] > [アプリ] > [アプリと機能]に移動します。
  • [並べ替え]セクションで[サイズ]を選択して、サイズの大きいアプリを特定します。 
  • 削除するものを選択して、[アンインストール]をクリックします。

Windows 11のアプリと機能を使用してCドライブをクリーンアップする

上記のプロセスを繰り返すことで、不要なアプリやゲームを1つずつ削除します。 

ツール5.OneDrive 

Microsoft OneDriveファイルオンデマンド機能を使用すると、OneDrive上のすべてのクラウドストレージにアクセスできます。Windows 11でファイルをダウンロードしてストレージスペースを占める必要はありません。 

OneDriveの機能:

1.ファイルをオンラインのみにする

2.エクスプローラーファイルをオンラインのみにする

OneDriveファイルオンデマンド機能を使用するには:

  • タスクバーのOneDriveアイコンをクリックして、設定ボタンを選択します。

OneDriveファイルオンデマンド機能を使用する1

  • [設定]タブの[ファイルオンデマンド]で、チェックを入れて、[容量を節約し、ファイルを使用するときにダウンロード]機能を有効にします。

OneDriveファイルオンデマンド機能を使用する2

  • [OK]をクリックします。 

結論

Windows 11のCドライブをクリーンアップするためのツールはたくさんありますが、オールインワンソフトウェアであるEaseUS Todo PCTransは、Cドライブをクリーンアップして空き容量を増やす最も包括的な方法を提供しています。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>