> How to Use > PC引越し > AWS Backup:Windows ServerをAmazon S3またはローカルサーバーにバックアップする方法

AWS Backup:Windows ServerをAmazon S3またはローカルサーバーにバックアップする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: PC引越し | 2022年05月11日に更新

概要:

Windows ServerをAmazon S3にバックアップする予定がありますか?AWS Backupとは何ですか?AWS BackupによるWindows Serverバックアップの詳細については、この記事をご参照ください。また、その他の使いやすいバックアップソフトウェアも紹介します。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows Server 2019/2016/2012 R2上のファイル、設定、アプリケーション、プロファイルをバックアップする予定がありますか?AWS(アマゾンウェブサービス)は、Amazonからサポートされている強力なストレージサービスです。これにより、大量のデータを保存、最適化、および整理できます。クラウドのバックアップサーバーを利用したい場合、この記事がきっとお役に立ちます。さらに、クラウドバックアップだけでなく、異なるWindows Serverコンピューターへのバックアップと復元というもう1つのバックアップオプションも説明します。

AWS BackupによるWindows Serverのバックアップ:仕組み

プリケーションの実行、重要なファイルのバックアップ、および顧客へのサービスの提供には、大量のストレージが必要です。これらのデータをすべて保存および管理することは、企業にとっては大きな課題となり、費用がかなりかかるかもしれません。データのセキュリティのために、専門家のチームに助けを求める必要さえあります。

AWS Backupとは

バックアップは、データ保護を容易にする管理関連のサービスです。バックアップを作成すると、どこからでもAWSにログインして、データをバックアップし、監視できます。

一元化されたエンドツーエンドのソリューションをお探しの場合は、AWS Backupをお勧めします。

AWSの特徴:

AWSには、低コスト、耐久性、セキュリティ、管理性、柔軟なモニタリングなどのメリットがあります。ファイルをアップロードした後、バケットポリシー、ライフサイクル管理、データ保護などをカスタマイズできます。 

Amazon S3の料金:

クラウドサービスはストレージスペースの料金を請求します。必要なスペースが多いほど、コストは高くなります。S3標準の料金一覧は次の通りです。

  • 最初の50 TB/月-0.025USD/GB
  • 次の450 TB/月-0.024USD/GB
  • 500 TB/月以上-0.023USD/GB

料金情報の詳細については、Amazon S3の料金ページをご参照ください。

詳細なチュートリアル-Amazon S3の使い方:

Step 1.Amazon S3にログインします。

Step 2.[ストレージ]セクションに移動し、[S3]を選択します。

Step 3.次に、[バケットを作成する]をクリックしてバックアップを作成します。

詳細なチュートリアル-Amazon S3の使い方

Step 4.バケット名、リージョン、プロパティ、権限を設定してから、[バケットを作成]をクリックします。

Step 5.作成したバケットを選択します。 

Step 6.[アップロード]をクリックして、追加するファイルを選択します。 

Step 7.その後、いつでもデータを確認できます。

追加のバックアップオプション-EaseUS Todo PCTrans Technician

AWS Backupのほかに、もう1つのWindows ServerバックアップソフトウェアであるEaseUS Todo PCTransが利用可能です。これにより、Windows Serverのバックアップを作成し、データを圧縮してスペースを節約できます。 

EaseUS Todo PCTransをダウンロード:

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Windows Serverでデータをバックアップおよび復元するには:

手順1.転送したいファイルのバックアップを作成します。

  • 元のPCでEaseUS Todo PCTransを起動します。[バックアップと復元]をクリックし、[スタート]をクリックして続行します。

古PCでバックアップ 新PCで復元1

  • [データバックアップ]を選択し、[次へ]をクリックします。バックアップファイルに名前を付け、外部ストレージデバイスのUSBドライブをバックアップ場所として設定します。

古PCでバックアップ 新PCで復元2

  • [アプリ]や[ファイル]セクションの[編集]ボタンをクリックすることで、バックアップするアプリケーションやファイルを選択できます。次に、[バックアップする]をクリックして、プロセスが完了するのを待ちます。

古PCでバックアップ 新PCで復元3

作成が完了したら、[OK]をクリックします。USBドライブを安全に取り出し、ターゲットPCに接続します。

手順2.ネットワークなしでバックアップファイルを復元して新しいPCに転送します。

  • ターゲットPCで、EaseUS Todo PCTransを立ち上げ、[バックアップと復元] > [スタート]>[データの復元]>[次へ]をクリックします。

古PCでバックアップ 新PCで復元4

  • [参照]をクリックして、USBドライブ内のイメージファイルを確認することができます。次に、正しいバックアップファイルを選択し、[復元]をクリックして続行します。

古PCでバックアップ 新PCで復元5

  • アプリ、ファイル、またはアカウントなどのセクション特定のファイルを選択し、[復元]をクリックします。 

古PCでバックアップ 新PCで復元6

EaseUS Todo PCTrans Technianのその他の機能:

  • サーバー間ですべてのファイル、アプリケーション、設定を転送(例:MySQLのデータベースを他のサーバーに移動 )
  • 24時間年中無休の技術サポート、最小コスト
  • 大きなファイルやアプリケーションを他のドライブにすばやく移行

効率的かつ安全なバックアップオプション

Windows Serverデータをバックアップするにはどうすればいいでしょうか?この記事では、Windows ServerデータをAmazon S3にバックアップすることについて、説明しました。クラウドにバックアップすることは安全で省スペースです。

また、エンタープライズユーザーに利用できるデータのバックアップ&転送ソフトウェアも紹介しました。ファイルを別のデバイスにバックアップしたり、2台以上のコンピューター間でファイル、プログラム、設定をリアルタイムで転送したりする場合は、このEaseUS Todo PCTransソフトウェアをお勧めします。何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>