> How to Use > ディスクコピー > [HDD換装]あなたのハードドライブは換装時点になったのか

[HDD換装]あなたのハードドライブは換装時点になったのか

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Harumoe | カテゴリ: ディスクコピー | 2022年05月27日に更新

概要:

コンピューターのHDDをいつ換装するのか。換装前の兆候は何でしょうか。HDDのデーターを他のHDDに転送するには、どうすればいいです本記事は、HDDについて詳しく説明して、換装しなければならない理由、そして、ディスククローンの方法を皆さんに紹介します。

 

HDDについて

ハードディスクドライブ(HDD)は、ハードドライブ(HD)と略されることもあり、コンピュータ用の不揮発性データ記憶媒体です。主にコンピュータに内蔵され、マザーボードのディスクコントローラに接続されています。

ハードディスクドライブの基本構造は、音楽レコードプレーヤーに類似しています。レコード盤に当たる円板がプラッタ(ディスク)、針に当たる物が磁気ヘッド、および磁気ヘッドを搭載するアームから成り立ちます。アームは円板上を1秒間に最高100回程度の速度で往復でき、これによって円板上のどの位置に記録されたデータへも瞬時にヘッドを移動して読み取り、書き込みが可能です。ハードディスクには、OS、個人ファイル、インストールされたソフトウェアなどの情報が保存されています。

hdd換装-1

HDDの歴史

世界初のハードディスクは1956年のIBM 305 RAMACの一部として登場し、IBM 350ディスク記憶装置です。サイズは大型冷蔵庫2台分程もあるが、約4.8MB(原稿用紙5000枚程度)の記憶容量しかなかったです。

1961年に、最初のフライングヘッドIBM 1301ディスク記憶装置が導入され、また1962年に、最初のリムーバブルディスク装置IBM 1311が導入されました。

1980年代にはウエスタンデジタルやマックストアなどがHDD市場に参入し、またパーソナル・コンピュータでもハードディスクドライブが徐々に普及しました。

2000年代に入り家庭電化製品のデジタル化が進み、音声映像等のデータをデジタルデータとして記録する用途が生じてきたことから一般の家電製品での利用も増え始めました、特にハードディスクレコーダーやデジタルオーディオプレーヤーといった用途での搭載が増加しているほか、カーナビゲーションにも搭載され、地図情報の保存などに利用されています。

2009年現在、上記の家電製品やパーソナルコンピュータ等での使用においては、筐体内に内蔵する方式が多いが、本体とは別の外付ユニットをUSBやIEEE 1394等の通信ケーブルで接続する方式も増設用途などで存在しますす。また、ネットワーク上で特定コンピュータ装置に従属しない独立した外部記憶装置として利用できるネットワークアタッチトストレージ (NAS) と呼ばれる製品も存在します。

ハードディスクドライブは半導体メモリと比較して読出・書込には時間が掛かります。そのためOSから見てハードディスクドライブと同様のオペレーションで、より高速なアクセスを実現するための工夫もされてきました。2020年現在では、主流である3.5インチサイズのHDDの記憶容量は、1台で最大20TBに達しました。また、2.5インチサイズでは、ノートパソコンでよく用いられている9.5mm厚サイズ以下で1台で最大2TB(1.86TiB程度)に、15mm厚では4TB(3.73Tib程度)に達しています。

hdd換装-2

HDDの寿命

HDDの寿命は、ブランド、タイプ、環境、サイズ、使用法などの多くの要因によって異なります。信頼できるハードウェアを製造するブランドのなら、そのハードドライブは長持ちする傾向があります。ディスク上で読み取り/書き込みを行うデータの量によっても、ディスクの損害を加速する可能性があります。また、ハードドライブの寿命は環境の清浄度にも関わるため、ほこりや電気の問題を注意しなければならないです。

また、個人向けと企業のサーバ用途向けでは設計時における耐久性に格差が存在し、個人向けは一日8時間使用で3年から5年・サーバ用途向けは24時間稼動で3年から5年を目安にHDD製造メーカーでは保証期間が設定されているが、実際の製品寿命を保証する物ではないです。

現在のパソコンにおけるHDDの普及状況

現在のパソコンでは、HDDはだんだん人気がってきってき。最近のコンピューターでは、HDDに代わってSSD(Solid State Drive)が主要な記憶装置として使われることが多くなっています。HDDはより大きな記憶容量を提供しますが、データの読み書きの際にSSDと比較して速度が遅くなります。

最近のコンピューターでは、HDDはセカンダリーディスクドライブとして搭載されるのが一般的です。例えば、プライマリSSDはインストールされたソフトウェアとオペレーティングシステムで構成され、セカンダリHDDは文書、オーディオまたはビデオファイル、およびダウンロードのためのストレージとして機能することがあります。

HDDを換装する時点は?

ハードディスクが故障し、換装が必要になる時、様々微妙な兆候が出てきます。例えば、3年、5年、10年といった寿命に達した場合、誤動作が始まった場合、システム・パフォーマンスに影響を与えた場合、ディスクの空き容量がなくなった場合など。

もしあなたのPCやノートパソコンは以下の症状が1つ以上ある場合、換装が必要

  • ハードドライブの故障: 奇妙な研削音やカチッという音がして過熱した、または頻繁にフリーズし、青い死の画面になることがあったら、ハードドライブに障害が発生していることを示しています。
  • ハードドライブの破損:ハードドライブ を開いたりアクセスしたりすると、破損したデータや不良セクタに関する警告が表示されます。または、マルウェアウイルスの影響を受け、ファイルが消え、クラッシュすることがよく出てきます。それはHDDが破壊されたと示しています。
  • ハードドライブの容量が不足:PCに様々な数え切れないものを保存したと、ラグ、プログラムのフリーズ、重要なドキュメントへのアクセスが困難になることがよくあります。これらは、HDDの容量が不足することを示しています。

Windowsを再インストールせずにHDDを交換する方法

Windowsを再インストールせずにHDDを換装するには、HDDをSSDに取り替えるするだけでいいです。この作業は、PCのHDDの中身をすべてSSDにクローンして、元のHDDを取り出し、SSDに交換するということです。

クローン作成を実行するには、デバイスにサードパーティのディスククローンソフトウェアをインストールする必要があります。EaseUS Disk Copyはデータを失うことなく、安全かつ効果的にクローンすることができ、使い方も簡単でわかりやすいです。そして、すべてのWindowsシステムと互換性があります。

次は、EaseUS Disk Copyの使い方を紹介いたします。

ステップ1:ソフトの初期画面で「ディスクモード」を選択してください。それから、ソースディスクを指定して「次へ」をクリックします。

ディスクコピーとHDDクローン-1

ご案内:セクターレベルのクーロンを望むなら、「セクターバイセクター方式コピー」をチェックしてください。それから、ソフトはディスクのセクターを1つずつコピーします。コピー操作は完了した後、クローン先とクローン元は完全一致となります。

ステップ2:ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。ターゲット上のデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

ディスクコピーとHDDクローン-2

ステップ3:ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。

ディスクコピーとHDDクローン-3

ご案内:ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。

ステップ4:コピーのプロセスが始まります。しばらく待つと、そのプロセスが完了することができます。

ディスクコピーとHDDクローン-4

結論

HDDは記憶容量が大きく、あらゆる情報の貯蔵庫として機能しています。しかし、時間とともに遅れが出て、情報の損失やシステムの不具合などを引き起こす可能性があります。そこで、HDDよりも高速で効率的な性能を持つSSDに交換するのがベストです。HDDをSDDに交換するために、クローンソフトとして安全かつ迅速なEaseUS Disk Copyをダウンロードして試みてみましょう。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>