> How to Use > ディスクコピー > HDDとSSDクローン、OS移行ためのMacrium Reflectの完璧な代替ソフト

HDDとSSDクローン、OS移行ためのMacrium Reflectの完璧な代替ソフト

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Harumoe | カテゴリ: ディスクコピー | 2022年05月31日に更新

概要:

MacriumReflectは、バックアップやHDDとSSDクローン、OS移行などの機能を持って、ハードディスククローンソフトウェアのトップ 5 の 1 つです。しかしこのソフトは、時々エラーが出たことがありました。本記事はMacriumReflectクローンが失敗した原因を分析したうえで、その修正する方法と代替ソフトを紹介します。

 

Macrium Reflectの主なサービスはコンピュータのバックアップであり、バックアップイメージを作成することにより、コンピュータシステム、アプリケーション、データ、およびハードドライブを保護することを目的としています。さらに、これは、ユーザーが数回クリックするだけでハードディスク全体または選択したパーティションをコピー、クローン作成、および複製できるようにする、ハードドライブのクローン作成ソフトウェアのトップ5の1つでもあります。

Macrium Reflect-clonedisk

MariumReflectでハードドライブをクローンしている中、起こしていた一般的なエラーがいくつかあります。エラーの説明があるものとないものがあります。今まで、MariumReflectでクローンが失敗したエラーは下記のとおりです。

  • Macrium Reflect クローン失敗 ディスクが見つからない
  • Macrium Reflect クローン失敗 エラー 0 パーティションと一致しない
  • Macrium Reflect クローンの起動に失敗した
  • Macrium Reflect クローンのエラー 8 書き込み失敗 55
  • Macrium Reflect クローン失敗 エラー 9 循環冗長検査

MacriumReflectクローンが失敗した原因

一般的には、エラー0、6、8、または9がユーザー間のホット問題です。このような失敗原因は下記のようです。

  • 二つハードドライブが接続不良
  • ハードドライブに不良セクタが多すぎ
  • ウイルス対策ソフトウェアの妨害

MacriumReflectクローンのエラーを修正する方法

Macrium Reflect のライセンスユーザーであれば、カスタマーサポートにお問い合わせください。海賊版ソフトウェアではなく、正規の Macrium Reflect コピーを利用していることを確認します。そして、手動でトラブルシューティングに興味がある場合は、以下のことを試みてください。

[1] PCのウイルス対策サービスをすべて無効にする

[2] HDD接続ケーブルが緩んでいないか、USB ポートが正常に機能しているかを確認する、

[3] HDD上の不良セクタを確認および修復する

それでも、Macrium Reflectのクローン失敗エラーを修正する最も効率的な方法の1つは、代替ソフトEaseUS Disk Copyを利用することです。これにより、ユーザーにとって最もスムーズなクローン作成が保証されます。EaseUS Disk Copyは、製品名が示すように、ハードディスク、システム、ゲーム、アプリケーション、などのすべてをコピーできます。たくさん権威のあるITWebサイトやユーザーからの褒めを受けました。

代替ソフトEaseUS Disk Copyの利用方法

Macrium Reflectのクローン作成の問題を修正する以外に、以下のニーズがある場合も、EaseUS Disk Copyが最優先の選択です。

  • より大きなまたはより高速なSSDでHDDをアップグレードする
  • データを失うことなく、故障したHDDを交換します
  • クリーンインストールなしで、あるコンピューターから別のコンピューターにWindowsOSを移行する
  • バックアップためのHDDクローンを作成する

次はEaseUS Disk Copyの利用方法

手順1.[ディスクモード]でこのディスクをソースディスクとして選択し、[次へ]をクリックします。

ディスクコピー-ステップ1

注:ディスクをなんの変更もなく、そのままで完全にクローンすることを望むなら、「セクターバイセクター方式コピー」をチェックしてください。

手順2.ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。ターゲット上のデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

ディスクコピー-ステップ2

手順3.ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。そこでプロセスが終わったら、ディスクのクローンが正確に実行されます。

ディスクコピー-ステップ3

ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。

手順4. コピーのプロセスが始まります。しばらく待つと、そのプロセスが完了することができます。

ディスクコピー‐ステップ4

結論

ユーザーたちに最も褒められるMacrium Reflectは信頼できるディスククローン製品と言えます。しかし、初めてディスクコピーを作成しようとしたとき、具体的なナビゲーションがないため、経験豊かなユーザーなら問題はありませんが、初心者にとってちょっと難しいではないですか。ここで、EaseUS Disk Copyをお勧めします。このソフトは明確な手順が付いているので、簡単かつ迅速でディスクコピーの作成ができます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>