> How to Use > ディスクコピー > 不良セクターのあるハードディスクをクローンする方法

不良セクターのあるハードディスクをクローンする方法

2018年08月20日に更新

筆者: Tioka

ディスクコピー
概要:
EaseUS Disk Copyは、不良セクターのあるハードディスクにとって最も使いやすいソフトです。セクターバイセクター方式のクローンを使ったら、不良セクターがあってもこのディスク上のすべてのデータをクローンすることが可能です。

最高の不良セクターのあるハードディスクをクーロンできるソフトはどちら?

ディスクをアップグレードする、またはディスクのデータを安全に保存していくためには、ディスククローンはいつも最も役に立つ手段です。ただし、ディスクに不良セクターがある場合、クローンプロセスは常に順調に進みません。こんな時にどうすればいいのでしょうか。次は、不良セクターのあるディスクをクローンする方法を書いてきますので、ぜひ見逃しないでください。

EaseUS Disk Copyで不良セクターのあるディスクをクローンする

不良セクターのあるハードディスクを完璧にクローンするには、EaseUS Disk Copyというクローンソフトが必要となります。セクターまで深くディスクをクローンするにはソフトの製品版をご購入いただいてから利用可能になる機能です。下記の購入ボタンをクリックすると、簡単にソフトを購入することは可能です。

 

EaseUS Disk Copy

最も使いやすいクローンソフトでディスクのクローンを始めよう!

 

今すぐ購入

¥2,390

 

下記のマニュアルを参照して不良セクターのあるハードディスクをクローンすることは可能です。

Step 1. 「ディスクモード」を選択してください。それから、ソースディスクを指定して「次へ」をクリックします。

ディスクモードを選択

注:セクターレベルのクーロンを望むなら、「セクターバイセクター方式コピー」をチェックしてください。

Step 2. ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。ターゲット上のデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

ソースディスクを選択

Step 3. ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。そこでプロセスが終わったら、ディスクのクローンが正確に実行されます。

クローンプロセスを実行

注:①ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。
②ソースディスクがシステムディスクの場合、ソースディスクを取り外してからクーロンディスクから起動することがおすすめです。