> How to Use > 動画作成・編集 > 無料動画トリミングソフト TOP10[2021/全プラットフォーム向け] - EaseUS

無料動画トリミングソフト TOP10[2021/全プラットフォーム向け] - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: 動画作成・編集 | 2021年09月17日に更新

概要:

YouTuberやVloggerにとって、優れた動画トリミングソフトは必要不可欠です。また、生活の中で自分自身で動画を編集しなければならない機会もあるかと思います。そんな時も、優秀で無料の動画トリミングソフトが必要になるでしょう。Windows、Mac、オンラインで動画をトリミングする優良ソフトを知りたい場合、この記事をぜひチェックしてみてください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

動画が長すぎてトリミングが必要な場合や、動画の中に不要な部分があり、削除しなければならない場合があるかと思います。また、再生時間に制限のあるSNSにアップしたい場合も、動画をカットしたり、トリミングする必要があるでしょう。

動画トリミングソフトは多数ありますが、自分のニーズに合ったものはお分かりでしょうか?どれを選べば良いのか分からない方、この記事は必見です。ここでは、厳選されたおすすめの無料動画トリミングソフトをいくつかご紹介します。

#1. EaseUS Video Editor

対応:Windows 11/10/8/8.1/7

Windowsには数え切れないほどの動画トリミングソフトがありますが、EaseUS Video Editorは多くの理由から最高のツールであると評価します。他のアプリと違い、動画を読み込んでからカットするという複雑な手間を省いてくれます。シンプルな手順で、できるだけ簡単に動画をトリミングすることができます。

さらに、最も優秀なWindows 10向け動画エディタの一つとして、ベーシックなものからプロレベルのものまで、様々なツールを搭載しています。動画の不要部分を削除した後は手間をかけずに、特別なエフェクトの追加、逆再生、速度変更、ビデオクリップのミックスなどを行えます。また、EaseUS Video Editorは、多くの出力形式に対応しているため、今後の使用のために好きな形式で動画をエクスポートすることができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

#2. Windows 10 「フォト」アプリ

対応:Windows

Windowsには、写真や動画の編集に役立つデフォルトのエディターとして、アプリ「フォト」を無料で搭載されています。このエディターでは、すべてのツールを駆使して、動画を簡単にトリミングすることができます。

動画のトリミングだけでなく、エフェクト、タイトルカード、テキスト、モーション、3Dエフェクト、フォルダの追加も可能です。また、写真や動画に絵を描くことで、お気に入りのシーンに個性的なタッチを加えることもできます。

Windows 10 「フォト」アプリ

メリット:

  • 使いやすいインターフェース
  • 3Dのエフェクトとオブジェクトに対応
  • お好みで外部オーディオを追加できる
  • Bingの画像検索を使ってウェブから直接ストックイメージを追加できる
  • BGMやカスタムオーディオに対応

デメリット:

  • 編集作業は同じことの繰り返しが多い
  • ノンリニアタイムラインのため、ビデオを重ねることができない
  • 書き出しはMP4形式のみ

#3. Avidemux

対応:Windows/Mac

Avidemuxは、オープンソースの動画編集ソフトですが、UIはやや時代遅れです。Windowsの「フォト」アプリのようなモダンなソフトと比較し、より多くの機能が備わっています。

このツールがあれば、動画をアップし、開始点と終了点を設定し、クリップされたものをエクスポートすることで、ビデオをトリミングできます。最後にエクスポートする前に、出力動画の設定、音声の設定を確実に行い、必要に応じてフィルターを追加してください。

 Avidemux

メリット:

  • 多くの動画出力形式に対応
  • スクリプトによる自動ビデオ変換
  • 色、インターレース、字幕サポートなどのフィルタコントロールを使用できる
  • 動画内の音声の一部をミュートするオプションがある

デメリット:

  • 一度に1つの動画しか編集できない
  • キーボードショートカットがない
  • 初心者には分かりづらいインターフェース

#4. OpenShot

対応:Windows/Mac

OpenShotは、動画編集のためのパワフルな機能を備えた無料ソフトです。動画をタイムライン上にアップしたら、あとは右クリックだけで、すべての編集ツールが利用できます。動画をトリミングするには、スライス機能を使って、動画の左右を分割・削除する必要があります。

このソフトがユーザーに人気なのは、わかりやすい操作や、複数のビデオを一括して編集できるオプションがあるところでしょう。

OpenShot

メリット:

  • スローモーション、タイムエフェクト、タイトルエフェクト
  • 複数のプラットフォームに対応
  • 高度な動画編集タイムライン 

デメリット:

  • ハードウェアが必要
  • エフェクトを元に戻すのが面倒

#5. iMovie

対応:Mac

macOSであれば、iMovieは優れた動画トリミングソフトです。マーカーと一緒にマウスやキーボードのショートカットを使って、動画をすばやくトリミングできます。動画をタイムライン上に配置したら、不要なもの削除し、重ね合わせたり、マージしたりすることができます。

さらに、トレーラーやエフェクトの入ったビデオクリップを作成するテンプレートも用意されており、サポートされているフォーマットで書き出すことが可能です。

 iMovie

メリット:

  • トレーラーを作成できるテンプレートがある
  • 動画編集の学習は不要
  • 動画の安定化
  • クロマキー合成ができる

デメリット:

  • 他のエディターに比べ機能が少ない
  • 無料のオーディオクリップには著作権の問題がある

#6. QuickTime Player

対応:Mac

QuickTime Playerは、macOSのデフォルトのビデオプレーヤーで、動画の分割やトリミングが可能です。多機能な動画編集ソフトは不要で、動画の一部を削除するだけであれば、このツールで十分でしょう。

動画を開いたら、キーボードのCommand + Yで編集モードにします。動画の長さを調整したり、分割したりすることができます。トリミングした動画を最終出力の一部として保存するようにしてください。

QuickTime Player

メリット:

  • 処理時間が短い
  • YouTubeやFacebookなどで動画を直接共有できる
  • 1回のエクスポートで複数の動画編集やトリミングを行える
  • 4Kの高解像度での書き出しが可能

デメリット:

  • タイムラインがない
  • 大量の動画を編集する場合は面倒
  • macOSユーザーは無料だが、Windowsは有料

#7. Hitfilm Express

対応:Windows/Mac

Hitfilm Expressionは、プロフェッショナルな動画編集ソフトです。動画のカットに関しては、長さ変更や、ショートカットを使って動画の一部を削除するなど、専用のトリミングツールがあります。

さらにトランジションを滑らかにするモーションブラーエフェクトなども用意されています。このソフトウェアは、macOSとWindowsに対応しているため、編集中であれば、システム間をジャンプすることも可能です。

Hitfilm Express

メリット:

  • 豊富なエフェクト、プリセット、ツールを搭載(400種類以上)
  • 複数のビデオストリームを組み合わせたり、PIPモードを追加できる
  • 画期的なワークフロー
  • カラーコレクション&グレーディングツールが利用できる

デメリット:

  • 無料版は制限がある

#8. Video2Edit

対応:Windows/Mac(オンライン)

複雑なソフトウェアが苦手で、動画の一部を削除するだけで十分という人にとって、Video2Editは優れたオンラインツールです。

Google DriveやDropboxから動画をアップロードしたり、リンクを追加することができます。ファイルがアップロードされると、開始時間と終了時間を入力します。つまりあらかじめ、PC上で動画をプレビューし、タイミングをメモしておく必要があります。

Video2Edit

メリット:

  • 複数の動画編集ができる
  • 複数の出力フォーマットに対応
  • DropboxやGoogle Driveに動画を直接保存できる

デメリット:

  • 動画編集時のプレビューがない
  • 手動で時間を入力するのが面倒
  • タイムスタンプの異なる複数の動画を編集することはできない

#9. Online Video Cutter

対応:Windows/Mac(オンライン)

Online Video Cutterは、優秀なオンライン動画トリミングツールの一つで、優れたインターフェイスや豊富な機能を提供しています。動画をアップすると、タイムラインが表示され、プレイヘッドをドラッグしてトリミングします。また、動画の向きを変更する機能もあります。

Online Video Cutter

メリット:

  • トリミング、分割、回転、クロップができる
  • 画質や解像度の変更
  • カスタムまたは定義済みのアスペクト比に対応
  • すべてのビデオフォーマットに対応

デメリット:

  • 複数の動画をトリミングする方法はない
  • エクスポートはMP4形式のみ
  • サイズは500MBに制限されている

#10. Kapwing

対応:Windows/Mac(オンライン)

Kapwingも、専用のトリミング機能を搭載した優れた無料オンライン編集ツールです。このツールでは、複数箇所を削除した動画を1つに統合することができます。また、プレイヘッドと範囲選択機能もあります。完了したら、「Add Cut」をクリックして、リストに追加します。

Kapwing

メリット:

  • 動画の複数パートを1つにマージできる
  • テキスト、画像、字幕、図形などのエフェクトを追加できる
  • オンライン動画のリンクに対応

デメリット:

  • 複数の動画のトリミングはできない
  • MP4形式でしか書き出せない

最後に

上記でご紹介した動画編集ソフトはどれも優れた機能を持ち、無料で動画をトリミングするのに適しています。しかし、隈なく動画を編集したい場合は、オンラインではなく、デスクトップツールを使用する方が良いでしょう。

WindowsのPCを使用している場合は、EaseUS Video Editorを強くおすすめします。このソフトは、映画のような動画を作成できる機能豊富なビデオエディターです。これを使えば、分割、トリミング、エフェクトの追加、さらにはH.264やHEVCなどのコーデックを使ってビデオを圧縮することができます。ぜひダウンロードしてみてください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

初心者に最適な動画編集ソフト

動画の編集はこれだけで十分!トリミング・カット・分割・合併・回転・逆再生・再生スピードの加速/減速などの機能は簡単に実現可能

  •  

    トリミング

  •  

    分割

  •  

    画面の回転

  •  

    音声追加

  •  

    モザイクをかける

  •  

    ズーム

  •  

    音声文字変換

  •  

    スタイルを変更

  •  

    そのほか

無料体験