> How to Use > 動画作成・編集 > 2020最新版|ロゴがない無料動画編集ソフトおススメ

2020最新版|ロゴがない無料動画編集ソフトおススメ

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: 動画作成・編集 | 2021年02月25日に更新

概要:

本文では、ユーザーに高評価されている無料の動画編集ソフトを皆さんに紹介します。これらのソフトを使って作成した動画にロゴが付いていません。ウォーターマークがない無料動画編集ソフトを探している場合は、本文を見逃しないでください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

商品の販売促進のため、PV動画を使ったり、編集したりする必要があります。また、教育の場においても、学生さんの理解を深めるため、動画を使っているチャンスはどんどん増えています。

上記のように、今の生活では、動画はどこでも見られますので、動画編集も学ぶ必要がある技能となっています。動画を編集するため、多くのユーザーは動画編集ソフトを使っています。確かに、使いやすい動画編集ソフトを使ったら、あまり動画編集の経験がないユーザーでも、動画編集をカンタンにできます。しかし、動画編集ソフトを使って作成した動画は、大抵ロゴ、またはウォーターマークが付いています。

自分でどうにか編集を遂げた動画にウォーターマークが付いているのは、多くのユーザーにとって非常に嫌なことなので、ゴロがない無料な動画編集ソフトは存在していませんか?本文では、全世界のユーザーに高評価されている「ロゴがない」無料動画編集ソフトをまとめて皆さんにおススメしたいと思います。

2020年|無料動画編集ソフトおススメ(ロゴなし、ウォーターマークなし)

ウォーターマーク、またはロゴが付いていない動画編集ソフトはどちらでしょうか?動画編集の初心者であれ、専門者であれ、Windowsユーザーであれ、Macユーザーであれ、本文では適切なソフトを見つけることができます。

1.Windowsムービーメーカー

windwosムービーメーカーは、Windowsに内蔵している純正の動画編集ツールです。もちろん、Windowsだけで利用することができます。このツールを使って動画編集を行うと、ロゴ/ウォーターマークが付いていません。ただし、windwosムービーメーカーが備えているのは、非常に基本な動画編集機能です。例えば、動画のカット、トリミング、分割など。動画をちょっとだけ調整したい方は、windwosムービーメーカーを使ってもいいですが、それ以上に動画を編集したい場合は、windwosムービーメーカーが向いていないかもしれません。

windows movie maker

メリット:

  • 無料で使える
  • Microsoft製なので信頼性高い
  • Windows内蔵ツールなので、別途でインストールの必要なし

デメリット:

  • エフェクトが少ない
  • 高度な動画編集機能がない
  • Windows 10で利用不可能

2.iMovie

Microsoftが開発したWindowsムービーメーカーと同じように、AppleもMacのユーザーに無料な動画編集ツールを提供しています。それは、「iMovie」です。iMovieは非常に高評価されている動画編集ソフトです。動画編集の専門家の中でも、専門のユーチューバーの中でも非常に評判がいいです。macOSでもiOSでもiPadOSでも使える動画編集ソフトなので、いつでも、どこでも動画編集を続けられます。それに、使い方も比較的に簡単で、あまり複雑でない操作によって、様々な動画編集操作が実現されます。

imovie

メリット:

  • インタフェイスデザインは直感的で使いやすい
  • 無料で使える
  • 4Kビデオにも対応

デメリット;

  • APPLEの製品でのみ利用可能

3.AviUtl

AviUtlは、個人開発者のKENくんによって開発されている動画編集ソフトです。現在、AviUtlは全世界で数多くのユーザーに愛用されています。日本でもAviUtlが非常に良いです。一番大きな特徴は、完全無料で使える動画編集ソフトなのに、様々な高度編集機能が実現されることも可能です。十分な知識を持っている場合、このソフトを使って3Dエフェクトを自分で作ることも可能で、やや不思議に思いませんか?

aviutl

メリット:

  • 完全無料で使える
  • ロゴなし
  • 非常に高機能

デメリット:

  • 初心者には不向き
  • 豊かな動画編集・作成についての知識が求められます。
  • 使いにくい

4. Blender

動作環境: Windows, Mac OS, Linux
公式サイト: https://www.blender.org/

blender

Blenderは一番互換性のいい動画編集ソフトともいわれています。Blenderは、オープンソースの統合型3DCGソフトウェアの一つであり、3Dモデル作成、レイアウト、アニメーション、シミュレーション、レンダリング、デジタル合成 (コンポジット)などの機能を備えています。Microsoft Visual C ++、VC2008、VC2020、VC2013のインストレーションが要求されています。初心者にとって、とても難しいソフトです。

5. EaseUS Video Editor

EaseUS Video Editorは非常に高機能の動画編集ソフトとして、動画のトリミング、カット、早送り、文字入れ、音楽入れなどを含む基本編集操作、またはフィルター付け、切替エフェクト追加などの高度編集機能も含まれています。Windows 10/ 8.1/ 8/ 7にも互換するので、Windowsのユーザーにとって、非常に優れている動画編集の選択だと思われています。それに、UIデザインも良いので、どんなに高度な編集操作でも非常に簡単なステップによって実現されます。だから、動画編集の経験をあまり持っていないユーザーにも、専門家にもこのソフトをおすすめしたいと思います。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Video Editorで動画を編集する方法

次は、超使いやすい動画編集ソフトのEaseUS Video Editorを使って動画を編集する方法を皆さんに紹介していきたいと思います。

ステップ1.EaseUS Video Editorを立ち上げる

EaseUS Video Editorを開きますと、アスペクト比を選択することができます。編集する動画を基づいて、最適なアスペクト比を選択しましょう。

動画編集ステップ1

ステップ2.ビデオを導入する

上部のメニューの「ファイル」>「インポート」>「ファイルをインポート」から、動画を導入することができます。(編集したい動画ファイルを直接にソフト内にドラッグ&ドロップすることでも導入可能)

動画編集ステップ2

ステップ3.ビデオをトラックに追加する

導入したビデオを下記の編集用トラックにドラッグ&ドロップすることで、ビデオをトラックに追加します。また、トラックに追加したいビデオを右クリックして「トラックに追加」をクリックすることでもいいです。

動画編集ステップ3

ステップ4.動画を編集する

トラックで動画を右クリックして「編集」を選択します。

動画編集ステップ4-1

ここで動画のスプリット、トリミング、画面の回転、スピード調整、ウォーターマークの添削などが実現されます。

動画編集ステップ4-2

ステップ5.プロジェクトをエクスポート

メニューで「出力」ボタンをクリックすることで、編集済みのプロジェクトを保存することができます。

動画編集ステップ5

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

初心者に最適な動画編集ソフト

動画の編集はこれだけで十分!トリミング・カット・分割・合併・回転・逆再生・再生スピードの加速/減速などの機能は簡単に実現可能

  •  

    トリミング

  •  

    分割

  •  

    画面の回転

  •  

    音声追加

  •  

    モザイクをかける

  •  

    ズーム

  •  

    音声文字変換

  •  

    スタイルを変更

  •  

    そのほか

無料体験