> How to Use > 動画作成・編集 > 無料|CCTV編集ソフトTOP12【Windows/Mac/オンライン】 - EaseUS

無料|CCTV編集ソフトTOP12【Windows/Mac/オンライン】 - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: 動画作成・編集 | 2021年10月25日に更新

概要:

CCTVを編集するツールが必要であれば、素晴らしいCCTV編集ソフトがいくつかございます。様々なデバイスで使用することができますが、ここではその中でも特に優れたものをご紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

CCTVの映像の編集は不要だと考える人も多い中、さまざまな理由で編集しなければならないこともあるかと思います。例えば、不明瞭なCCTVの映像の音声を改善する場合です。もしくは、テキストを追加して、動画の内容を視聴者に説明したい場合もあるでしょう。CCTVの映像を編集するには、動画編集ソフトが必要です。CCTVの編集に適したツールをまだお探しでない方は、ぜひ以下をご覧ください。当社が厳選した最高のソフトウェアばかりです。これらのツールは、Windows、Mac、オンラインなど様々なOSに対応しています。それでは、各ツールについて説明していきますので、ツール選びにお役に立てればと思います。

TOP1. EaseUS Video Editor(Windows)

一番におすすめするのは、EaseUS Video Editorというソフトウェアです。徹底的にクオリティを追求した開発者の功績でしょう。CCTVなどの動画をコンピュータ上で編集するための機能が備わっています。動画の分割・結合や、アイテムの追加、さまざまなフォーマットでの保存が可能です。CCTVの生映像がちょっと変わったフォーマットであれば、それを別のフォーマットへ変換することもできます。このソフトが提供する主な機能は以下の通りです。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

機能:

  • CCTVの分割
  • CCTVの結合
  • カラーレベルの調整
  • CCTVのフォーマットを別のフォーマットへ変換
  • CCTVのスローダウン
  • 動画のトリミング
  • 動画にアフレコの追加
  • 動画のズームイン
  • 動画にフリーズフレームの追加

このソフトは、コンピューターのリソースに負担をかけることはありません。リソースやプロセスの使用量は少ないですが、それでも素晴らしい結果を出せるでしょう。

EaseUS Video Editorを使用したCCTVの編集方法:

このソフトを使った編集方法に興味がある方もいるでしょう。以下で簡単な手順をご紹介します。

ステップ1.編集したい動画を導入

EaseUS Video Editorを立ち上げ、動画のアスペクト比を選択した後、動画の編集画面に入ります。上部のメニューの「ファイル」>「インポート」>「ファイルをインポート」から、動画を導入することができます。(編集したい動画ファイルを直接にソフト内にドラッグ&ドロップすることでも導入可能)

EaseUS Video Editorで動画を編集するステップ1

ステップ2.導入した動画を編集

導入した動画を下部の動画編集バーにドラッグして編集が可能になります。ここで、動画をトリミング、合併、逆再生、早送りなどの基本操作が実現されますし、字幕、様々なエフェクト、フィルターを追加することもできます。

EaseUS Video Editorで動画を編集するステップ2

ステップ3.編集済みの動画を保存・出力

編集が終わったばあい、編集済みの動画を保存する必要があります。分割ボタンのあるメニュー欄の一番右に「出力」ボタンがあります。そのボタンをクリックして、動画をビデオ形式(mp4、avi、wmv、mkv、mov、gif)/オーディオ形式(mp3、aac)に保存することができます。もちろん、直接にFacebook、YouTubeなどの動画共有サイトにアップロードすることもできます。

EaseUS Video Editorで動画を編集するステップ3

TOP2. ビデオエディター(Windows)

動画に多くの装飾を加える必要のない方は、Windows 10内蔵の「ビデオエディター」アプリをおすすめします。このアプリでは、CCTVの基本的な編集作業を行うことができます。ほとんどのユーザーのニーズはカバーしています。

動画にテキストの追加や、クリップの並び替え、動画のマージ・分割などを行えます。あらかじめインストールされているので、追加で何かをダウンロードしたりインストールしたりする必要もありません。

 ビデオエディター(Windows)

機能:

  • 基本的な動画編集ツール
  • マージ
  • 分割
  • 3Dエフェクトの追加
  • 速度変更

メリット:

  • とても使いやすい
  • すっきりしたインターフェイス
  • インストール不要

デメリット:

  • プロレベルの編集は不可
  • すべての動画フォーマットに対応していない可能性がある
  • オーディオ編集はあまり優秀ではない

TOP3. HitFilm Express(Windows)

シンプルで期待以上のツールをお探しであれば、HitFilm Express以上のものはないでしょう。HitFilm Expressは、CCTVの編集が行える最高のツールの一つです。動画編集に必要な機能はすべて搭載されており、アディショナルな機能もいくつかあります。このソフトがあれば、プロのように動画を編集したり、何百種類ものエフェクトを追加したり、無制限のトラックで作業したりすることができます。

HitFilm Express

機能:

  • 410種類以上のエフェクト
  • ビデオチュートリアルの提供
  • 無制限のトラックとトランジション
  • VFXエフェクト

メリット:

  • シンプルかつパワフル
  • ほとんどのコンピューターで完璧に動作する
  • わかりやすいインターフェイスで初心者向き

デメリット:

  • 一部機能が有料
  • エフェクトを駆使した動画に特化しているため、基本的な動画編集には向かない
  • プログラムがメイン画面で固まることがある

TOP4. Davinci Resolve(Windows)

Davinci Resolveには、動画編集に必要なあらゆる機能がパッケージされています。ソフトウェアをインストールした瞬間から、動画編集を始めるまで、このプログラムがいかに簡単で直感的であるかを実感するでしょう。すべての機能が、すっきりとしたインターフェースに配置されています。使用するツールをシームレスに選択し編集することができます。ツールの操作はとても簡単で、経験がなくてもできます。

Davinci Resolve

特徴:

  • 通常の無料アプリにはない大容量の機能を搭載
  • CCTVの8K動画編集
  • カラーレベルを調整してCCTVを改善
  • サウンド設定の管理

メリット:

  • このアプリ1本であらゆる編集ができる
  • 音楽の管理ができる
  • ハイエンドな編集ツール

デメリット:

  • 高性能のパソコンが必要
  • ショートカットの使い勝手が悪い
  • ノイズリダクションが有料

TOP5. iMovie(Mac)

Macには優秀な無料動画編集アプリが内蔵されています。iMovieはAppleによって開発・販売されている完全無料のアプリです。公式App Storeから入手でき、CCTVのあらゆる編集で利用できます。iMovieは、動画の不要な部分を削除したり、スピードを調整したり、オーディオを管理したり等、CCTVをより良くするのに役立ちます。ほとんどの動画編集作業に対応した完全なパッケージです。

 iMovie(Mac)

特徴:

  • 4K CCTVなどの映像に対応
  • iOS/Macデバイス専用
  • 使いやすいオプション
  • CCTV動画のフォーマット変換

メリット:

  • macOS内蔵
  • iTunesや他のフォルダからファイルを簡単にインポートできる
  • ドラッグ&ドロップに対応

デメリット:

  • プロレベルの編集機能は揃っていない
  • 精度の高い編集はあまりできない
  • 小さな画面ではインターフェイスがうまく表示されない

ダウンロードリンク:https://apps.apple.com/jp/app/imovie/id408981434?mt=12

TOP6. Avidemux(Mac)

CCTVの編集ソフトを探す理由が、カット、トリミングなどの基本的な作業を行うためであれば、Avidemuxが最適です。Avidemuxはベーシックレベルのツールですが、素晴らしい機能を備えています。動画のカットからフィルタリングまで、ビデオエディターに必要なすべての機能が備わっています。また、これらすべてのメニューは、洗練されたインターフェイス上に配置されています。

 Avidemux(Mac)

機能:

  • 多くのファイル形式に対応
  • スクリプトを使用してタスクを実行
  • すべての基本的機能を搭載

メリット:

  • 初心者に優しい
  • すっきりしたインターフェース
  • タスクの自動化

デメリット:

  • 定期的なソフトウェアアップデートがない
  • フィルターのプレビューに問題がある
  • いくつかのエフェクトをプレビューする際にアプリがクラッシュする

TOP7. Blender(Mac)

Blenderは3Dアニメの制作に開発されたものだと思うユーザーも多いですが、実際には動画編集の機能も充実しています。3Dアニメの制作だけでなく、CCTVの編集にも役立ちます。このソフトには、たくさんのオプションが搭載されています。読み込まれたCCTV映像は、完全に品質が向上された状態でエクスポートできます。インターフェイスのカスタマイズも可能です。

Blender(Mac)

機能:

  • 3Dアニメの制作
  • CCTVの編集
  • インターフェースを自由自在にカスタマイズ

メリット:

  • 3Dメーカーとビデオエディターを1つのパッケージで提供
  • Pythonでインターフェースを変更
  • 動画にペイントできる

デメリット:

  • 動画編集のみ必要な方は、機能に圧倒される
  • 煩雑なインターフェイス
  • 使いこなすのに時間がかかる

TOP8. Lightworks(Mac)

Lightworksは、パソコンで動画編集するすべての方に適した完全なパッケージです。CCTVの品質を向上したい場合でも、コンテンツを追加したい場合でも、Lightworksを使えば、コンピュータ上で簡単に行うことができます。動画のトリミング、VFXの使用、ワイドフレームビデオの追加、さまざまな動画フォーマットでのエクスポートなど、多くの機能が搭載されています。大量の無料コンテンツも付いています。

 Lightworks(Mac)

特徴:

  • ベーシックなUI
  • 非常に簡単なタイムライン操作
  • CCTVに多くのロイヤリティフリーアイテムを使用可能

メリット:

  • 様々なビデオフォーマットにエクスポート
  • ヒストグラムツール
  • CCTVをあらゆるプラットフォームに対応させることができる

デメリット:

  • 無料版の機能は限定されている
  • コンテンツアナライザーが搭載されていない
  • プロジェクトの共有オプションがない

TOP9. Clideo Video Adjuster(オンラインツール)

編集するCCTVがあまり多くない場合は、オンライン動画編集ツールを使用するのが良いでしょう。Clideo Video Adjusterはそのようなオンラインツールの一つで、何かをダウンロードしたりインストールしたりすることなく、CCTVのクオリティを向上させることができます。Clideo Video Adjusterのサイトにアクセスして、動画をアップロードするだけで、多くの機能を使って編集を始めることができます。明るさや彩度など、動画のさまざまなレベルを調整可能です。
 Clideo Video Adjuster

機能:

  • 完全WebベースのCCTV編集ツール
  • クリーンでユーザーフレンドリーなインターフェース
  • CCTVの変換に対応

メリット:

  • すべてのビデオフォーマットに対応
  • 様々なエフェクト機能
  • 高速かつ安全

デメリット:

  • 大容量のCCTVには適さない
  • 編集した動画のダウンロードに時間がかかる
  • プライバシー上の問題

TOP10. Adobe Spark(オンラインツール)

クリエイティブな世界で人気の高いAdobe社は、ブラウザ上でコンテンツを編集できる「Adobe Spark」というオンラインツールを提供しています。このツールにはビデオエディターが内蔵されており、CCTV含むあらゆる種類の動画を編集することができます。堅牢なAdobeのインフラを使用しているので、すべてのツールがすぐにロードされ、CCTVの映像品質の向上を支えています。トリミングやリサイズなど、すべてのメジャーな機能が含まれています。

Adobe Spark

機能:

  • 読み込みが速いオンラインビデオエディター
  • 動画に音楽の追加
  • CCTVにテキストやナレーションの追加

メリット:

  • どのウェブブラウザからでも操作可能
  • ツール内でビデオを共有
  • プロ仕様のレイアウト

デメリット:

  • 動画のアップロードやダウンロードに時間がかかることがある
  • 動画にウォーターマークが追加される
  • インターフェイスがバグることがある

TOP11. Panzoid Video Editor(オンラインツール)

Panzoid Video Editorは、他のオンラインビデオエディターとは異なり、Photoshopのようなアプローチで、Webブラウザ上で動画を追加・編集することができます。スマートに設計されたインターフェイスには多くの機能が備わり、メイン画面からこれらの機能に簡単にアクセスできます。動画に加えた変更をプレビューできるライブプレビューオプションもあります。また、マルチトラックのタイムラインでは、複数のファイルを整理していつでも作業することができます。
panzoid-video-editor.png

特徴:

  • 整然としたインターフェース
  • 複数の編集トラック
  • コンピューターとクラウドで動画をレンダリング

メリット:

  • 無料でプロレベルの編集が可能
  • 広告が少ない
  • 豊富なエフェクト

デメリット:

  • インターフェイスの読み込みに時間がかかることがある
  • インターフェースが時代遅れ
  • クラウドストレージからファイルを追加できない

TOP12. ClipChamp(オンラインツール)

ClipChampには、CCTV動画を編集するためのテンプレートが多数用意されています。どのようなスタイルでも、このツールではほとんどのレイアウトをカバーしているので、少なくともいくつかのオプションを見つけ、自分に合ったデザインを選ぶことができます。メイン画面が読み込まれると、画面の左側にツールセットが表示されます。ここでは、さまざまな機能を選択できます。タイムラインのようなデスクトップツールもあり、編集中のファイルをキープすることもできます。

 ClipChamp

機能:

  • CCTVの編集に適した豊富な機能
  • 数多くのスタイルを提供
  • 様々な解像度で動画をエクスポート

メリット:

  • エクスポート前にビデオを圧縮
  • 複数のアスペクト比に対応
  • CCTVに追加できる無料のストックフッテージ

デメリット:

  • 一部の機能が有料
  • 無料版では、動画にウォーターマークが付く
  • インターフェイスにはもう少し大きなアイコンが必要

最後に

CCTV編集ソフトの無料ダウンロードを探す方のために、この記事では優れたツールをいくつかご紹介しました。Windowsを主に使用している場合は、EaseUS Video EditorがCCTVの編集に最も適しているでしょう。他のプラットフォームを使用している方も、上記で紹介したツールからぜひ選択してみてください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

初心者に最適な動画編集ソフト

動画の編集はこれだけで十分!トリミング・カット・分割・合併・回転・逆再生・再生スピードの加速/減速などの機能は簡単に実現可能

  •  

    トリミング

  •  

    分割

  •  

    画面の回転

  •  

    音声追加

  •  

    モザイクをかける

  •  

    ズーム

  •  

    音声文字変換

  •  

    スタイルを変更

  •  

    そのほか

無料体験