> How to Use > ファイル修復 > ランダムコードで開いたWord文書の回復と修復

ランダムコードで開いたWord文書の回復と修復

さわこ
更新者:さわこ 2024/02/07
   
Shawty
執筆者:Shawty
   

概要:

この記事では、Word 文書がランダムなコードや意味不明なコードで開くのを回復および修復する方法について 2 つの部分を紹介します。重要な Word 文書を紛失した場合、またはランダム コードで開いている Word ファイルを紛失した場合は、この記事に従って紛失した Word ファイルを復元し、破損した Word を今すぐ修復してください。Word 2017/2016/2010/2007など全て対応。

 ダウンロード

Trustpilot評価 4.7

 ダウンロード

安全なダウンロード

 

Word ファイルが突然破損し、ランダムなコードで開かれたり、データがワイヤード シンボルや意味不明に変わったりしたことがありますか? 意味不明な Word ファイルを修復して復元することはできますか? 破損した Word ファイルが読み取り不能な記号に変わった場合の修正方法 Word 文書の記号への変更に直面しているが、トラブルシューティングの方法が見つからない場合は、この記事の解決策を試して問題を解決できます。

妙な記号で開くWord文書のクイックフィックス

破損した Word ファイルを修復して復元する前に、まず次の簡単なヒントを試して問題を解決してください。

  • Arial や Times Roman など、ほとんどのコンピューターで主に使用されているフォントを使用します。
  • 必要なフォントをコンピュータの 「ライブラリ」> 「フォント」にドラッグしてインストールします。
  • アプリケーション フォルダで Mac の Font Book を有効にします。
  • Word で互換性のある新しいフォントに置き換えます。

ファイル回復ツールで Word 文書を回復する

破損したWord文書を修正する効率的な方法は、プロのファイル修復ソフトウェアを使用することです。EaseUS Fixoドキュメントの修復を使用すると、最も簡単な方法で有線記号を使用して破損したWord文書を開くことを復元できます。

 ダウンロード

Trustpilot評価 4.7

 ダウンロード

安全なダウンロード

このファイル修復ツールは、読み取り不可能なコンテンツを含む破損したWordファイルを修正し、破損、アクセス不能、改ページ位置の自動修正などを修復するのに役立ちます。RAWテキストで完全なWord文書を修復します。次に、このソフトウェアをダウンロードして使用し、以下の手順に従って、ランダムなコードまたは読み取り不可能な記号で開いたWord文書を修復します。

Step 1.「ファイルの修復」で「ファイルの追加」を選択し、修復するドキュメントを追加します。

ファイル修復1

Step 2.追加されたら、「すべてを修復」を選択して修復処理を開始します。ファイルのサイズや損傷の程度によって、しばらく時間がかかります。

ファイル修復2

Step 3.復元完了後にプレビューやダウンロードが可能です。

ファイル修復2

Microsoft Officeで意味不明な破損したWordファイルを修復する

破損した Word 文書を修復して復元するには、Microsoft Office の 「開いて修復」ツールを使用できます。

ステップ1.Microsoft Office ボタンをクリックし、「開く」をクリックします。

ステップ2.「開く」ダイアログ ボックスで、Word 文書をクリックします。

ステップ3.「開く」ボタンの矢印をクリックし、「開いて修復」をクリックします。

ステップ4.ドキュメントを修復すると問題が修正され、異常な動作が発生しなくなったことを確認します。

ワイヤード シンボルで開いている Word ファイルを以前のバージョンから復元する

ステップ1.破損/破損した Word ファイルを右クリックし、「以前のバージョンを復元」を選択します。

ステップ2.破損または破損した Word ファイルの以前のバージョンを見つけて、「復元」をクリックします。

ステップ3.Word を実行し、復元された Word ファイルを再度開きます。フォントを含む一部のテキスト レイヤーが見つからないことを警告するメッセージが表示されたら、「OK」をクリックします。

ステップ4.すべてのレイヤーを確認し、失われた部分をレイヤーで注釈し、それらを新しい Word ファイルとして保存します。

Word文書が変な記号で開く

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>