> How to Use > PDFの簡単編集 > PDFの内容を他言語に翻訳する方法【フルガイド】 - EaseUS

EaseUS PDF Editor

使いやすいオールインワンPDF編集ソフトで簡単にPDFを編集・変換する。

  • PDFファイルの合併、分割、挿入、抽出、ページ削除を簡単に実現可能
  • 簡単にPDFファイルを編集、圧縮、暗号化、サイン、OCR、注釈可能
  • PDFファイルをExcel、Word、Powerpoint、画像など様々なファイル形式に変換可能

pdf-editor

PDFの内容を他言語に翻訳する方法【フルガイド】 - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PDFの簡単編集 | 2021年09月06日に更新

概要:

外国語で書かれた学習教材をダウンロードした場合、知識を得るために最も便利な方法は、テキストをコピーし、Google翻訳で内容を翻訳するやり方です。しかし、そうした教材の多くはPDF形式で、中にはテキストのコピーができないものもあります。この場合、どうすればPDFの内容を翻訳できるのでしょうか?この記事では、PDFを翻訳する方法を3つご紹介します。このトピックに興味を持っている方は、ぜひ読んでみてください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

PDFの内容を他言語に翻訳する方法

PDFはPortable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)とも呼ばれ、このデジタル社会ではますます広く使われるようになっています。しかし、人々の仕事や生活に便利さをもたらす一方で、いくつかの課題も残っています。

例えば、あなたが研究をしており、その資料がすべて外国語で書かれていたとします。この場合どうするでしょうか?もちろん、資料からテキストをコピーして「Google翻訳」で翻訳するのは、シンプルで効率的な方法です。しかし、その資料がPDF形式の読み取り専用ファイルだった場合はどうでしょう?

様々な翻訳ツールや方法がありますが、どの翻訳方法が最も適しているのでしょうか?この記事を読めば、その答えがわかるでしょう。

Googleドキュメントを使用してPDFを翻訳する方法

Googleドキュメントは、文書を作成、編集、閲覧する人に人気が高まっていますが、その機能の中には、翻訳機能など、見落とされているものもあります。

Googleドキュメントは、doc、xls、ppt、pdfなど、さまざまなファイル形式に対応しています。お持ちのGoogleアカウントにログインし、翻訳したいPDFをGoogleドキュメントにアップロードすれば、数秒で翻訳が完了します。また、Googleの優秀な機械翻訳エンジンと統合されているため、メジャーな言語からマイナー言語まで、非常に多くの言語をサポートしています。

操作手順:

ステップ1. Googleドキュメントを開きます。ファイルをアップロードできるフォルダの形をしたアイコンが表示されます。

Googleドキュメントを使用してPDFを翻訳する手順1

ステップ2. アイコンをクリックします。ウィンドウが表示されるので、「アップロード」タブに移動し、「デバイスのファイルを選択」というボタンをクリックして、翻訳が必要なPDFをアップロードします。

Googleドキュメントを使用してPDFを翻訳する手順2

ステップ3. 取り込んだPDFはブラウザで直接開かれるので、「Googleドキュメントで開く」を選択してください。

ステップ4. Googleドキュメントの編集画面が表示されると、「ツール」タブの下に多くのオプションが表示されます。メニューから「ドキュメントの翻訳機能」を選択し、言語を設定します。そして、「翻訳」ボタンをクリックして、翻訳を開始します。

Googleドキュメントを使用してPDFを翻訳する手順3

多くのPDFはこの方法で翻訳することができますが、中にはうまくいかない場合もあります。例えば、PDFの中に画像やグラフィックがある場合、画像上の文字は翻訳されません。この問題を解決する最良のやり方は、PDFをOCRして手動で翻訳することです。

EaseUS PDF Editorを使用してPDFをOCR化&翻訳する方法

OCRとはOptical Character Recognitionの略で、画像上の文字を認識し編集可能にする技術として広く使われています。コード化された文字を簡単にコピーできるので、その文字をGoogle翻訳に貼り付けて、母国語などに翻訳することが可能です。

一般的に、OCR化機能が付いた優秀なPDFエディターがこの方法のキーポイントとなります。ここでは、例としてEaseUS PDF Editorというツールを取り上げ、効率的に外国語へ翻訳する方法をご紹介します。このツールは20種類以上の言語をサポートし、メジャーな言語はほぼ網羅しています。

画像上のテキストを編集可能な状態にした後、自由に文字を削除・置換したり、追加したりすることができます。他にも、PDFへの画像挿入や、回転、トリミング、抽出などの編集も可能です。Windows 10対応の優れたPDFリーダーが必要な場合は、ぜひEaseUS PDF Editorをダウンロードしてみてください。便利な「読み取りモード」が搭載されており、読み取り中にズームインやズームアウトを簡単に行うことができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

操作手順:

ステップ1.EaseUS PDF Editorを起動して、「ファイルを開く」をクリックして、編集したいファイルを導入します。

ファイルを開く

ステップ2.上部のツールバーで「OCR」ボタンをクリックします。「ORCエンジン」ウィンドウで「対応言語」を選択します。

PDFの内容を他言語に翻訳する手順2

ステップ3.上記の設定が完了すると、編集可能なPDFファイルができました。そのファイルから翻訳したいテキストをコピーすることができます。次は、「編集」ボタンをクリックして、PDFファイルを編集することができます。さらに、翻訳したいテキストを「Ctrl」+「C」を押してコピーします。

PDFの内容を他言語に翻訳する手順3

ステップ4.グーグル翻訳に貼り付けて、目標言語に編訳してください。

PDFの内容を他言語に翻訳する手順4

Microsoft Officeを使用してPDFを翻訳する方法

Word、Excel、OneNote、PowerPointなどのMicrosoft Officeソフトウェアに翻訳ツールが内蔵されていることはよく知られています。Wordは、大量のテキスト文書を処理するのに最も頻繁に使用されるプログラムであり、.doc、.docx、.xml、.odtなどのファイル形式があります。

PDFは上記のファイル形式の中に含まれませんが、それを変換してPDFの内容を翻訳することができます。実際、Wordには、PDFを編集可能なWord文書に変換するツールが用意されています。また、特に元のPDFに多くの画像がある場合、元のPDFと見た目が異なる可能性があることも変換前に通知されます。


EaseUS PDF Editorを使用してPDFをWordへ変換する方法

この記事では、PDFからWordへ変換する方法を詳しくご紹介します。気になる方はチェックしてみてください。

元のレイアウトや書式をできるだけ維持したい場合は、EaseUS PDF Editorのような優れたPDF変換ソフトが必要です。上記の記事では、PDFをDOCX形式に変換する方法をステップバイステップでご説明します。変換後は、WordでDOCXファイルを開き、手間をかけずに内容を翻訳することができます。

操作手順:

ステップ1. PDFをdocに変換した後、ファイルを右クリックして「プログラムから開く」「Word」と選択します

wordを開く手順

ステップ2. 「校閲」タブに移動し、「翻訳」を選択します。選択した部分を翻訳するか、ドキュメント全体を翻訳するかの2つのオプションがあります。その前に、「翻訳言語の選択」をクリックして、もとの言語と翻訳する言語を設定することを忘れないでください。

Microsoft Officeを使用してPDFを翻訳する手順

ステップ3. 翻訳サービスにデータを送信してもよいかどうかを確認するポップアップウィンドウが表示されます。よろしければ、「送信」ボタンをクリックして続けてください。

Microsoft Officeを使用してPDFを翻訳する手順2

最後に

この記事では、PDFを翻訳する3種類の方法を紹介しました。GoogleドキュメントとWordはどちらも一般的に使用されており、これらを選択するのも良いでしょう。しかし、欠点もいくつかあります。例えば、PDF画像上の文字を翻訳するのは至難の業です。

PDF編集ソフトであるEaseUS PDF Editorは、こうした欠点をカバーしてくれます。PDFのOCR化に対応しているので、画像上の文字を編集可能にし、簡単に翻訳することができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>