> How to Use > PDFの簡単編集 > Windows向けKeynote代替ソフトTOP6【2021年版】 - EaseUS

EaseUS PDF Editor

使いやすいオールインワンPDF編集ソフトで簡単にPDFを編集・変換する。

  • PDFファイルの合併、分割、挿入、抽出、ページ削除を簡単に実現可能
  • 簡単にPDFファイルを編集、圧縮、暗号化、サイン、OCR、注釈可能
  • PDFファイルをExcel、Word、Powerpoint、画像など様々なファイル形式に変換可能

pdf-editor

Windows向けKeynote代替ソフトTOP6【2021年版】 - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PDFの簡単編集 | 2021年08月16日に更新

概要:

Keynoteは、プレゼン資料を作成するためのMac内蔵ソフトウェアです。しかし、受け取ったKeynoteファイルをWindowsで編集しようとしても、Windows向けKeynoteアプリはないため、編集は出来ないでしょう。ですが、Keynoteの代わりとして使えるものがあります。この記事では、そのような代替品をご紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

素晴らしいプレゼンテーションを目にして、圧倒されたとしましょう。後日、プレゼンテーターに、参考のためにそのプレゼン資料を送ってほしいと頼みました。オーナーは快く応じてくれて、資料を送ってくれました。しかし、いざWindowsのPCで開こうとすると、「これはKeynoteのファイルだから開けない」とがっかりしてしまうのです。

上記のケースは、Keynoteファイルの拡張子が問題となる残念なケースです。ただ幸いなことに、WindowsにはKeynoteの代替ソフトがあり、それがあれば、ファイルの閲覧や最適なファイル形式に変換することができます。ここではWindowsユーザー向けに、Keynoteの代替品をご紹介します。

Windows向けKeynote代替ソフトTOP6

ファイルを変換してKeynoteと同等の結果を得られる代替ソフトはたくさんあります。それでは早速ご紹介します!

1. LibreOffice Impress

LibreOffice Impressは、オープンソースのKeynote代替ソフトで、ユーザーはKeynoteファイルを開いたり、Windows対応のファイル形式へ変換したりすることができます。PPT、PPTX、DOCXなどのファイルに対応しています。必要なのは、適したファイルの種類を見つけるだけです。

変換以外にも、メインツールバーの最上部にある「Edit」「View」「Insert」機能を使って、ファイルを編集することもできます。

LibreOffice Impress

特徴:

  • 様々な編集レイアウトがあり、快適に使用できる
  • 多くの描画ツールとダイアグラムツールを提供
  • ユニークなスライドを提供
  • プレゼンテーションのためのショーモード機能がある

対応: Windows、Mac、Linux

2. Prezi

Preziは、Keynoteと似たオンラインサービスです。Preziオリジナルな点は、プレゼンテーションの編集方法です。スライドごとに編集するのではなく、1つの巨大なページでプレゼンテーションを編集し、セクションにコンテンツをインポートすることができます。プレゼンを行う時は、Preziは指定したセクションにズームインし、コンテンツを表示してくれます。他では見られない機能ですね!

Prezi

特徴:

  • 良いビジュアルのテンプレートを提供
  • ドラッグ&ドロップ機能がある
  • オンラインプレゼンテーションモードを提供

対応: オンライン

3. Canva

もしプレゼン資料の編集に不慣れで、Keynoteの簡単なインターフェースに頼りがちであれば、Canvaはおすすめです。Canvaはオンラインのグラフィックツールで、搭載のテンプレートを使って簡単かつ迅速に資料を作成することができます。編集が終わったら、ファイルをダウンロードして、他の人と簡単に共有することもできます。自分でレイアウトを作りたい方は、Canvaではそれも可能です。

Canva

特徴:

  • 様々な場面で使用できるテンプレートを提供
  • コラボレーションが可能
  • あらゆる種類のファイルに対応する機能が充実

対応: オンライン

4. Googleスライド

常に様々なデバイスを使用している人は、Keynoteの代わりにGoogleスライドを選んでみてはいかがでしょうか。Googleスライドを使えば、空白のスライドを開いてコンテンツを取り込むだけでOKです。また、Googleスライドは読み込みが簡単なので、新しいコンテンツをアップロードするたびに長い時間待つ必要はありません。ただし、インターネットの接続環境に依存します。

Googleスライド

特徴:

  • Googleアカウントさえあれば、どこからでもアクセスが可能
  • ユーザーフレンドリーなインターフェース
  • 複数のユーザーが同時にプレゼンテーションを編集できる

対応: オンライン

5. Powtoon

Powtoonも、WindowsユーザーにとってKeynoteの代替となるオンラインプレゼンテーションサイトです。前述の他のツール同様、Powtoonはプレゼンの素材として使用できる美しいテンプレートを提供しています。また、ユーザーのニーズに合わせてテンプレートを用意しているため、テンプレートが尽きる心配はありません。興味のある方は、カテゴリー欄をチェックしてみてください!

Powtoon

特徴:

  • 様々なカテゴリーのビデオテンプレートギャラリーを提供
  • クラウド共有によるコラボレーションが可能
  • 任意のフォーマットでプレゼン資料を保存できる

対応: オンライン

6. Piktochart

コンテンツのデータ量が多く、Keynoteに代わるソフトウェアをお探しの方、Piktochartを要チェックです。Piktochartは、テンプレートはもちろん、プレゼンテーションに関連する機能が備わったソフトウェアです。そのテンプレートは、人前で発表する際にデータを魅力的に見せ、理解しやすくすることを目的としています。そのため、ウェブサイトを開いたとき、カラフルなチラシやレポートのテンプレートが目に飛び込んできても驚かないでください!

Piktochart

特徴:

  • データを分かりやすく見せるテンプレートを提供
  • どのデバイスからでもアクセスできる
  • 初心者向けのビデオチュートリアルがある

対応: オンライン

WindowsからKeynoteファイルを閲覧する方法

どうしてもWindowsからKeynoteファイルを閲覧したいのであればEaseUS PDF Editorの使用をおすすめします。EaseUS PDF Editorは、本来はPDFエディターですが、他にも機能があります。このソフトはPDF以外にも、様々なファイルの閲覧方法を提供しています。画像、文書、プレゼンテーションなど、すべてこのWindows向けPDFエディターを使って見ることができます。Keynoteファイルの場合、PPTに変換すれば、このソフトで開くことができますのでご安心ください。その操作手順をご紹介します。

ステップ1. MacでKeynoteファイルを開きます。

ステップ2. 「ファイル」「書き出す」とご選択ください。次に、PowerPointのファイル拡張子を選びます(必要に応じてパスワードを追加することもできます)。

以上で完了です!Windows PCにインストールされた本ツールを介せば、変換されたファイルを表示できます。

また、ファイルを開けるだけでなく、PDFへ変換したり、より良く見せるために編集したりすることもできます。つまり、EaseUS PDF Editorを使えば、ファイルビューア、コンバータ、PDFエディターのすべてを1つのソフトウェアで実現することができるのです。以下でその素晴らしい機能をご紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

最後に

Keynoteは優れたソフトウェアですが、すべてのデバイスでそのファイルを簡単に開けるわけではありません。しかし、Windows向けのKeynoteの代替品はたくさんあります。以上、Keynoteの代替品のトップ6でした!

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>