> How to Use > PDFの簡単編集 > PDFリーダーベスト10【Windows/Mac/iOS/Android】- EaseUS

EaseUS PDF Editor

使いやすいオールインワンPDF編集ソフトで簡単にPDFを編集・変換する。

  • PDFファイルの合併、分割、挿入、抽出、ページ削除を簡単に実現可能
  • 簡単にPDFファイルを編集、圧縮、暗号化、サイン、OCR、注釈可能
  • PDFファイルをExcel、Word、Powerpoint、画像など様々なファイル形式に変換可能

pdf-editor

PDFリーダーベスト10【Windows/Mac/iOS/Android】- EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PDFの簡単編集 | 2021年07月12日に更新

概要:

PDFリーダーは、PDFを表示、印刷、編集する際に用いるソフトウェアです。この記事では、すぐにPDFファイルを閲覧でき、複数のプラットフォーム間で使用可能なPDFリーダーをご紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

PDFというファイル形式は30年以上前に開発されたものですが、その使用頻度はいまだに増え続けています。モバイル機器やクラウドコンピューティングの普及により、文書を印刷する時代はほとんど終わったと言っても過言ではありません。

PDFは、デバイス間でのドキュメントの閲覧、編集、共有を容易にします。そのため、コンピューター、タブレット、スマートフォンにはPDFリーダーの搭載が不可欠です。

最良のPDFリーダーは一体どれでしょうか?答えは、使用目的によって異なります。この記事では、様々なプラットフォームで使えるPDFリーダーのトップ10をご紹介します。

1. Adobe Acrobat Reader DC

対応: Windows、macOS、iOS、Android

Adobe Acrobatは、世界的に最も普及しているPDFリーダーで、皆さんも一度は使ったことがあるのではないでしょうか。デスクトップでもモバイルでも無料で利用でき、PDFの閲覧、作成、共有をサポートします。

どのPDFリーダーでも作業はできますが、複数のPDFファイルを開き、並べて比較する必要がある場合は、Adobe Acrobat Reader DCがマストです。Adobe Acrobat Reader DCをお使いになる場合は、Adobeにサインアップしていただくと、より多くの機能(特に共有機能)をご利用いただけます。

Adobe Acrobat

メリット:

  • Word/PPT/JPGをPDFへ変換し、ファイルサイズを縮小できる
  • あらゆるPDFフォームへ記入や署名を行える
  • スタンプの追加、文書への電子署名が可能
  • オブジェクトの測定ツールが搭載

デメリット:

  • 大量に使用する場合にのみ役立つ
  • 高度な機能のほとんどが有料

リンク: https://acrobat.adobe.com/jp/ja/acrobat.html

2. EaseUS PDF Editor

対応: Windows 10/8.1/7

この多機能なWindows向けPDFリーダーには、編集機能と変換機能も含まれています。パソコンでPDFを読む際に必要なツールはほぼすべて備わっています。

例えば、読む過程でメモを取ったり、アイデアを書き留めたりしたい場合があるかと思いますが、このエディターを使えば、PDFに注釈を簡単に追加することができます。PDFの文脈を理解するために、線、矢印、長方形などの図形を追加することもできます。

また、読むのを中断したいときは、しおりを追加することで、次回から手間をかけずに読み進めることができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

3. Microsoft Edge (Windows)

対応: Windows、macOS、iOS、Android

Windows 10の新しいデフォルトWebブラウザーであるMicrosoft Edgeも、PDFファイルをサポートしています。ダウンロードしたPDFをすぐに見る必要がある場合は、EdgeはWindows 10搭載のPDFリーダーの中で最も適しているでしょう。

また、ファイルの一部をマークするための注釈機能が付属しており、その注釈を付けてファイルを保存することができます。また、複数ページの印刷にも対応しています。

 Microsoft Edge

メリット:

  • カラーアノテーションでPDFの一部を強調表示できる
  • アノテーションツールの太さを設定できる
  • PDFファイルを回転できる
  • ズームイン/ズームアウトが可能

デメリット:

  • ファイルのテキスト部分を編集することはできない
  • 他の文書をPDFファイルへ変換できない

リンク: https://www.microsoft.com/ja-jp/edge

4. Skim

対応: macOS X

Skimはメモを取ることもできる、MacBook向け軽量PDFリーダーです。また、PDFに注釈をつけることもできます。読む際は、ワンスワイプモードでテキストをハイライトしたり、ページにメモをとったり、搭載のトランジションを使ってプレゼンテーションに利用したりすることができます。

また、LaTeX、SyncTeX、PDFSyncとの連携や、BibDeskなどのサードパーティ製アプリとの統合もサポートしています。

Skim

メリット:

  • メモとハイライトを使いながら全画面で読める
  • リーディングバー、ズームモード、スマートクロッピングなどのツール搭載
  • ブックマークへの追加やKeychainでのPDFパスワードの保存が可能
  • メモをテキストとしてエクスポートできる

デメリット:

  • リモートでのPDFのダウンロードに問題が生じる場合がある
  • bill-deskのような一部の機能は、人によっては役に立たない

リンク: https://skim-app.sourceforge.io/

5. Foxit Reader

対応: Windows、macOS、Linux

Foxit ReaderはWindows、macOS、Linuxに対応した、高機能なPDF編集ソフトです。Microsoft Officeと似たリボンメニューが備わっており、目的のものをすぐに見つけることができるでしょう。Adobe Acrobatの代替品として、フル機能のPDFソリューションを提供しています。

肥大化したソフトウェアや隠れたコストは一切ありません。画像やマルチメディアを満載した重いPDFを開く際にも、他のソフトに比べて優れたパフォーマンスを発揮します。

Foxit Reader

メリット:

  • フォーム入力機能
  • アクセシビリティ機能
  • 署名を行える
  • テキストを強調するアノテーションを付けられる

デメリット:

  • コメントのレイアウトがあまり良くない
  • PDFを開く際のエラーがランダムで多く報告されている

リンク: https://www.foxit.com/pdf-reader/

6. Documents by Readle

対応: iOS

あらゆるファイル、特にPDFをまとめるハブ的なものをお探しなら、このツールはぴったりでしょう。PDFだけでなく、ドキュメントやブックの管理にも対応しています。

また、iCloud、Dropbox、Google Driveなどの外部サービスと接続し、ファイルを取り込んで管理することもできます。さらに、安全なVPNも提供しているので、ファイルをダウンロードしている間も匿名でいられます。

Documents by Readle

メリット:

  • 本を読んだり、PDFに注釈をつけることが可能
  • PDFのテキストや画像を修正できる
  • PDFのページ管理が可能
  • あらゆるものをPDFへ変換可能

デメリット:

  • 音楽プレーヤーや検索オプションなどの機能はあまり役に立たない
  • ファイルをダウンロードする際に広告が表示される

リンク: https://apps.apple.com/jp/app/documents-by-readdle/id364901807

7. Google Play Books

対応: Android、iOS

電子書籍を楽しむために作られたアプリである一方、PDFリーダーとしても活躍します。また、PDFファイルやEPUBファイルを取り込んで、一元管理することもできます。

複数のAndroidデバイスを持っている場合は、ファイルの同期も可能です。Play BooksでPDFを開くには、ファイルを共有する必要があります。一度インポートすれば、すぐに表示することができます。

Google Play Books

メリット:

  • PDFファイルを素早く開ける
  • 辞書機能がある
  • ナイトライト設定が可能
  • オーディオブックに対応

デメリット:

  • 注釈やハイライトに対応していない
  • PDFファイルをパスワードでロックできない

リンク: https://play.google.com/store/books

8. Apple Books

対応: iOS

iPhoneやiPadに入っているすべてのPDFを管理できるApple製アプリを求めているのなら、Apple Booksに勝るものはないでしょう。Apple Booksは、すべてのPDFや電子書籍を管理し、魅力的な読書体験を提供する内蔵アプリです。

Apple Booksは、アプリストアで販売されている書籍の一部もあり、統合されているため、多くのおすすめの書籍も紹介されます。

Apple Books

メリット:

  • テキストを読みやすくする自動ナイト&デイモード機能がある
  • メールに添付されたPDFを瞬時に開くことが可能
  • 複数のデバイスでPDFを同期できる
  • Air PrintでPDFを印刷できる

デメリット:

  • PDFリーダーとしての機能があれば十分という方はもて余す
  • リフロー型電子書籍ではない

リンク: https://apps.apple.com/jp/app/apple-books/id364709193

9. Xodo PDF Reader

対応: Android、iOS、PC

Xodo PDF Readerは、動作が最速で、スマートフォン向けに最適化されたPDFリーダーです。PDFの規格で作成されたあらゆるPDFファイルを開くことができ、読み取りや注釈、PDFとしての保存にも対応しています。

また、他のアプリを開きたくないという方は、Officeドキュメントを開くのにも使用できます。このアプリは、Dropbox、Google Drive、OneDriveと同期しながらのPDF編集も可能です。

Xodo PDF Reader

メリット:

  • スムーズなナビゲーションによる高速PDF閲覧エンジンを搭載
  • テキストサイズの変更、画像のトリミング、PDFの印刷に対応
  • リアルタイムコラボレーションでPDFファイルに注釈を付けることができる
  • 複数のファイル管理ができるタブビューを搭載

デメリット

  • パスワード保護機能がない
  • メニューを探しにくい
  • OCRモードではPDFファイルを作成できない

リンク: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.xodo.pdf.reader

10. Google PDF Viewer

対応: ブラウザ拡張機能、Android

余分な機能は必要なく、シンプルなPDFリーダーが欲しいという方には、 Google PDF Viewerが最適です。このアプリを使えば、外出先でもテキストを読んだり、印刷したり、コピーしたりすることができます。また、PDFの文字をシャープに表示させることにも自信があります。

このツールを使用するメリットは、そのシンプルさにあります。外出先でPDFリーダーが必要な場合、これがあれば満足でしょう。

Google PDF Viewer

メリット:

  • Google Docsとの連携
  • 写真をPDFに変換できる

デメリット:

  • 最後に読んだページは記憶されない
  • 他のファイル形式には未対応

リンク: https://google-pdf-viewer.jp.uptodown.com/android

最後に

PDFリーダーは不可欠なツールではあるが、その中でも重要なのは、テキストのハイライト、PDF内の検索、署名の追加、そして何よりも迅速にロードされるといった特徴が備わっていることです。

ここでご紹介したPDFリーダーは、それぞれのプラットフォームの中で最高のものであり、複数のプラットフォームで利用できるものもあります。初心者の方には、使いやすい編集機能があり、より便利に読める「EaseUS PDF Editor」をおすすめします。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>