> How to Use > PC引越し > Windows 11で新しいコンピュータにデータを転送する4つの確実な方法

Windows 11で新しいコンピュータにデータを転送する4つの確実な方法

さわこ
更新者:さわこ 2023/11/14
   

概要:

新しいコンピュータにデータを転送する方法 Windows 11?ここで4つの解決策を試してみてください!

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows 11の登場が目前に迫っており、最新のWindowsオペレーティングシステムで最高の体験を得たいと考えていることでしょう。Windows 10からのアップグレードの場合、ファイルやアプリケーションがより安全になり、その方がより簡単かもしれません。しかし、古いPCがWindows 11に対応していない場合や新しいPCへのアップグレードを考えている場合、PC間でのファイルやデータの転送には全面的なリニューアルとインストールが必要となります。そのような状況では、Windows 11を使用した新しいPCへのデータ転送の最善の方法を見つけることが必要です。

下の表から、この記事で説明する4つの方法について詳しく見てみよう:

比較      EaseUS Todo PCTrans USBケーブル      外部ストレージ 共有フォルダ

⏱️ 時間    

2~4分 5~10分以上 5~10分以上 5~10分以上

⚙️ 準備する

もの        

同じインタネット     USBケーブル 

SDカード/USBまたは外付けハードドライブ

同じインターネット  

共有フォルダからデータをエクスポート

📌難易度 簡単 普通 普通 難しい

EaseUS Todo PCTransが最も簡単で速い方法であることは明らかです。そして、このツールを使えば、転送プロセスのために他のデバイスを購入する必要はありません。では、その方法を見てみましょう。

方法1.データ転送無料ソフト - EaseUS Todo PCTrans

もし無料で簡単なデバイス間のデータ転送を探しているなら、EaseUS Todo PCTrans Free は、2台のPC間でデータ転送を完全にサポートする素晴らしい選択肢となるでしょう。データ、アプリケーション、アカウント、ゲーム、写真、動画などの転送に最適です。その上、全てのファイルを新しいWindows 11 PCに効率よく移行することが可能です。その明快なインターフェースは、データ転送プロセスをスムーズで安全かつ効率的に行うことを可能にします。ダウンロードして、以下のガイドに従ってみてください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.転送モードを選択する。

  • 両方のパソコンにEaseUS Todo PCTransをダウンロードし、インストールします。
  • 各PCでEaseUS Todo PCTransを起動し、「PCからPCへ」を選択します。(「PCからPCへ」機能は、ネットワーク接続に基づいてファイルを転送する機能です。PCが同じネットワーク上にない場合は、代わりに「バックアップと復元」を選択してください)
  • PCがネットワークベースの転送の要件を満たしていることを確認し、「スタート」をクリックします。

セレクト転送モード

ステップ2.2台のコンピュータを接続します。

  • 対象PCに接続し、対象PCのアカウントパスワードまたは認証コードを入力します。
  • 対象PCの「PCからPCへ」メイン画面の右上に表示される認証コードを確認します。
  • 転送方向を指定し、「接続する」をクリックします。

PCを接続する

ステップ3.転送したいファイルを選択します。

  • 「ファイル」オプションにカーソルを合わせ、「移行設定」をクリックします。
  • 転送したいファイルにチェックを入れる。
  • デフォルトのストレージパスを変更したい場合は、「移行設定」アイコンをクリックします。
  • その後、「転送」をクリックします。

転送するファイルを選択する

ステップ4.異なる2つのOS間でファイルを転送する。

  • ファイルを選択後、「転送」をクリックすると、転送処理が開始されます。
  • 完了したら、「OK」をクリックし、ターゲットPCのファイルを確認しに行きます。

ファイル転送

他の素晴らしい機能があります:

  • 全てを安全に移動できる - このソフトウェアは、データ、アプリケーション、アカウントなどの様々な情報を転送可能です。MS Office(Word、Excel、Outlookなど)、Photoshop、Adobeソフトウェア、AutoCAD、Dropboxなど、最も一般的なアプリケーションやサービスに対応しています。
  • 高速なファイル転送 - このツールはデータ転送の迅速な完了を保証します。数時間以内にWindows 11を搭載した新しいPCを使用開始できます。
  • 自動転送 - データやファイルを自動的に転送する設定が可能です。
  • 選択可能な複数の転送モード - EaseUS Todo PCTransでは3つの異なるファイル転送モードを提供します。ネットワーク接続やローカル接続を使ってファイルを転送することができます。また、画像ファイルを経由してファイルを転送することも可能です。

ユーザーたちが特に印象的で興味深いと感じた機能の一つに、データ復旧オプションがあります。これは、コンピュータやデバイスが起動を拒否するような状況で非常に便利です。この機能を使用すると、データを復元し、新しいデバイスに転送することが可能です。

もしWindows 10で新しいコンピュータにデータを転送する方法を手動で探している場合は、ぜひ以下をお読みください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

方法2.USB転送ケーブルを使用する

古いPCから新しいWindows 11 PCへのデータ転送にUSBケーブルを使用すると、外付けドライブを用いる方法と比べて少なくとも半分の時間で済むことができます。外付けドライブにコストを掛けたくない方や、手元にドライブがない場合には、この方法が最適と言えます。また、データを素早く転送し、新しいPCをすぐに使い始めたい場合にも良い選択となります。

Windows用の転送ケーブルは40ドル前後という手ごろな価格で手に入りますので、ファイル転送の最も安価な選択肢の一つとなります。また、Plugableなどのサービスから特別なケーブルを購入することも可能です。PlugableのUSBファイル転送ケーブルはソフトウェアが付属しており、ケーブルで2つのデバイスを接続するとすぐにファイル転送が始まります。

USB転送ケーブルを使用

2台のパソコンをUSBケーブルで接続すれば、新しいパソコンにファイルを転送することができます。

方法3.外部記憶装置を使用する

外付けハードディスクドライブを利用して古いPCから新しいWindows 11デバイスへデータを転送する方法は、手動で行う最良の選択肢の一つです。何か問題が起きた場合でも、データのバックアップにアクセスすることが可能なので安心です。

この方法では、まず古いPCに保存されている全てのデータを外付けハードドライブにバックアップします。データをハードドライブに転送する前に、ハードドライブをフォーマットする必要があるかもしれません。また、古いPCと新しいPCが共にサポートしている形式でドライブをフォーマットすることが重要です。

まず、外付けハードディスクドライブを古いPCに接続し、PC上の全てのファイルを外付けドライブにコピーまたは移動します。全てのファイルが外付けドライブにコピーされたら、新しいPCでその逆の作業を行います。ドライブを新しいPCに接続し、全てのデータを新しいデバイスに転送します。これはシンプルで簡単なオプションで、特別な専門知識はそれほど必要としません。

外部記憶装置によるファイル転送

ただし、この方法は非常に時間がかかります。古いPCからドライブへ、そしてそのドライブから新しいPCへとデータを移すのには、場合によっては1日を要することもあります。理想的には転送するデータの量により時間が変わるでしょう。

方法4.共有フォルダを作成する

Windowsの共有フォルダオプションは、2台のPC間でのデータ転送に便利です。

Windows 10と11では、両コンピュータが同一ネットワークに繋がっていれば、フォルダの共有が可能です。これは、Windowsのファイル共有機能を利用して実現します。

まず、古いPCでネットワーク検出とファイル共有の設定を有効にします。Windows 11では、以下の手順で行います。

  • スタートメニューから「共有の詳細設定」を検索します。
  • それぞれのネットワークプロファイルに対して、ネットワーク検出とファイル共有のオプションをオン・オフできます。

共有フォルダの作成

  • 現在のところ、Windows 11ではコントロールパネルやWindows検索を用いて詳細な共有設定にアクセスすることができます。しかし、Windowsの設定画面からは同様のオプションは利用できません。

Windows 10では、コントロールパネル、Windows検索、そして設定アプリからもアクセスが可能です。

次にフォルダを共有フォルダとして設定します。その方法は以下の通りです。

  • フォルダを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  • プロパティウィンドウで「共有」をクリックします。
  • 特定のアカウントやユーザーとフォルダを共有するには、画面の指示に従ってください。

フォルダを共有フォルダとして設定する

おわりに

以上が、Windows 11で新しいコンピュータへデータを転送する方法についてのご紹介です。有効に活用できる手段や方法はいくつか存在しますが、その効果は各々かなり異なります。

外付けドライブを使う方法は、時間がかかるかもしれませんが、良好なデータバックアップが得られます。USBケーブルも、データ転送速度が効率的な優れたケーブルが手に入れば、非常に良い選択肢となります。しかし、エラーや問題を全く生じさせず、非常に高速で信頼性の高いデータ転送を実現するためには、サードパーティのスタンドアロンソフトウェアを選択することを推奨します。EaseUS Todo PCTransは、エラーやトラブルのないデータ転送機能において、優れたサービス品質を提供する最適な選択肢の一つでしょう。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

よくある質問

このセクションでは、Windows 11で新しいコンピュータにデータを転送または移動する際のその他の疑問とその解答を提供します。詳細は下記の解答をご覧ください。

1.PCからPCへファイルを転送する際、どちらが速いですか?

PC間でファイルを転送する際には、USBケーブルや他の外部記憶装置を用いることができます。しかし、全てのファイルを移すためにはそのプロセスを何度も繰り返す必要があり、結果として時間がかかることがあります。よって、大量のファイルを転送する場合には、EaseUS Todo PCTransがより優れた選択肢となります。このツールを使えば、同一インターフェイス上で全てのファイルやプログラムを検索し、ワンクリックで転送が可能です。

2. 新しいWindows PCにファイルやプログラムを転送する簡単な方法はありますか?

はい、存在します。EaseUS Todo PCTransは、ファイルやプログラムを新しいWindows PCに効率良く転送するための無料のサードパーティツールです。その「PC to PC」機能を用いれば、両PCが同じインターネットを使用していれば、ファイルやプログラムを含む様々な種類のデータを新しいPCへ移すことが可能です。

3. Windows 10からWindows 11へデータを移行する方法は?

SDカード、USB、外付けハードドライブなどの外部記憶装置を利用すれば、より簡単に行うことができます。以下の手順に従って試してみてください:

ステップ1. 古いWindows 10のコンピュータにUSBを接続して、ファイルをコピーします。

ステップ2. USBをWindows 11のコンピュータに接続し、ファイルを新しいコンピュータにドラッグします。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>