> How to Use > PC引越し > 完全解説:PC間ファイルを簡単に転送する方法

完全解説:PC間ファイルを簡単に転送する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

kiki | カテゴリ: PC引越し | 2022年09月21日に更新

概要:

パソコンを買い換えたとき、ファイルや写真、プログラムなどのデータはどのようにPC間に転送すればよいのでしょうか?パソコンに大量のファイルがあるので、データの引っ越しが面倒で時間がかかると感じる方も多いでしょう。この記事では、PC間のファイル転送方法を五つご紹介しますので、参考にしてください。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

ファイル転送とは?なぜ必要なのか?

最近、ファイルの共有や転送がどこにでもあります。日常生活の中でファイルを転送及び共有する方法は様々あります。例えば、携帯電話付近での共有、WiFi転送、オンラインファイル共有、クラウド、あるいはケーブルファイル転送などです。

PC 間ファイルやデータを転送

なぜ私たちの生活の中でファイル転送がそれほど必要なのですか?以下の状況を想像してみてください。
パソコンを買い換えたとき、ファイルや写真、プログラムなどのデータは新しいパソコンに転送したい場合、緊急ファイルをオフィスの同僚に送信する必要がある場合、必要な論文ファイルを学校の教師やクラスと共有しなければならない場合、公共の場で初めて会った人とファイルを共有するように頼まれた場合、または、機密データをクライアントとリモートで共有する必要がある場合。

このような状況に陥ったとき、あなたはどうしますか?Windows OSでは、PCからPCへのファイル転送はどのように行うのでしょうか?

パソコン間にファイルやデータを転送する方法は?

今回は、2022年にPC間のファイル転送、またはデータ移行に関してよく使われる方法を皆さんにご紹介します。

1.パソコン間データとファイルの引っ越しのソフトを利用する

ここでパソコンの初心者にEaseUS Todo PCTransという専門なPC引っ越しとデータ転送ソフトをおすすめします。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

データ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

データ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

データ転送するステップ3

Step 3:転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

データ転送するステップ5

Step 4: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

データ転送するステップ6

このEaseUS Todo PCTransは大量のファイルやデータを素早く別のパソコンに転送することができます。たった4つの簡単なステップで、パソコン丸ごとデータ移行が完成できます。このソフトは、ネットワーク経由でのファイル転送を可能にするだけでなく、ネット接続なしでPC間データ/ファイルをお互いに転送することもできます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

2.USB/LANケーブルを利用する

まずはUSBケーブルを利用してPC引っ越しの方法を紹介します。

ステップ1. 両方のパソコンを起動し、USBケーブルで接続します。

ステップ2 インストールウィザードを実行する → "USB Hyperlink Adapter "を選択する → 次のステップ。

ステップ3. 「デバイスマネージャ」→「システムドライバを展開」→USBケーブルが「Hi-Speed USB Bridge Cable」と表示されていることを確認する。

ステップ4. USBケーブルに同梱されているインストールディスクをCD/DVD-ROMドライブに挿入してください。

ステップ5. 両方のパソコンの両面ウィンドウを参照→目的の場所にデータをドラッグアンドドロップします。

USBケーブル

次はLANケーブルを使ってパソコン間にファイルを転送する方法を紹介します。

ステップ1. 2台のパソコンをLANケーブルで接続します。

ステップ2. 両方のPCでネットワーク共有を有効にします。

「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」→「詳細設定の変更」を開きます。

「すべてのネットワーク」→「パスワードで保護された共有機能をオフにする」を選択します。

ステップ3. 両方のパソコンに固定IPを設定します。

「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」を開き、「Ethernet」をクリックします。

Ethernet StatusウィンドウでPropertiesをクリック→ 「Internet Protocol version 4 (TCP/IPv4) 」を選択→プロパティをクリックします。

「以下のIPアドレスを使用する」をクリックし、PC1とPC2にこれらの値を設定します。

PC 1

IP Address: 192.168.1.1

Subnet mask: 225.225.225.0

Default gateway: 192.168.1.2

PC 2

IP address: 192.168.1.2

Subnet mask: 225.225.225.0

Default gateway: 192.168.1.1

ステップ4. フォルダーを共有します。

フォルダを右クリック→アクセス権を与える → 特定の人 ......。→ 対象者を選択 → 「共有」をクリックします。

LANケーブル

3.外付けハードディスク/USBフラッシュドライブ

ステップ1. 外付けハードディスクを古いパソコンに接続します。

ステップ2. ファイルマネージャーを開き、新しいデバイスを見つけます。

ステップ3. 必要なファイルをドラッグまたはコピーします。

ステップ4. 外付けドライブを新しいコンピュータに接続します。 ファイルを貼り付けます。

4.WiFi

ステップ1. 両方のパソコンを同じWiFiルーターに接続します。

ステップ2. 両方のPCでファイルとプリンターの共有を有効にします。

コントロールパネル→ネットワークとインターネット→ネットワークと共有センター→「共有の詳細設定]を選択します。

「ファイルとプリンターの共有」で「ファイルとプリンターの共有を有効にする」をクリックします。

ファイルとプリンターの共有を有効にする

ステップ3.  いずれかのパソコンから利用可能なネットワークコンピューターを表示します。 (「ファイルエクスプローラー」を開き、左側のパネルで「ネットワーク」をクリックし、「使用可能なPCを表示」をクリックします)次に、転送するデータをコピーして貼り付けます。

5.クラウドを使う:OneDriveとGoogleDrive

まずはOneDriveを説明します。

古いパソコンで:OneDriveのサイトで、OneDriveにサインイン → アップロードを選択 → アップロードするファイルを選択します。

新しいパソコンで:ファイルをダウンロードしてください。

OneDriveでファイルやデータを転送する

次はGoogleDriveです。

古いパソコンで:Google Driveにログイン → 新規作成をクリック → ファイルのアップロード、またはフォルダのアップロードを選択 → ファイルを選択 

新しいパソコンで:ファイルやフォルダーをダウンロードします。

まとめ

Windows初心者の方は、方法1のファイル転送ソフトEaseUS Todo PCTrans、または方法3の外付けハードディスク/USBフラッシュドライブをお試しください。経験者であれば、PC間のファイル転送にOneDriveとGoogleDriveを利用することができます。また、プロフェッショナルの場合は、USB/LANケーブルとWiFiを利用してPCファイルやデータなどを転送、及び共有することができます。

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>