> How to Use > ディスクコピー > IDEのハードディスクをSATA HDD/SSDにクローンする方法

IDEのハードディスクをSATA HDD/SSDにクローンする方法

2018-05-30 14:48:48 Posted by Tioka to ディスクコピー

概要:
ハードディスクの発展に伴い、IDEの速度は比較的に重くなっています。それでは、IDEのハードディスクをSATA HDD/SSDにクローンすることを望むなら、この記事で、それについて最も簡単且つ効率的な方法を獲得することが可能です。

IDEのハードディスクをブートドライブとして使っています。しかし、最近コンピューターの動作がどんどん重くなっています、OSを含むIDEを全体的にSATA接続のSSDに移行したいと思います。それは可能ですが、Windowsを再インストールするのは本当に嫌です。

IDEのハードディスクをSATA HDD/SSDにクローンする理由

ハードディスク技術発展に伴い、データ処理性能が高いSSDなどがコンピューターの動作速度を大幅に上げることも可能です。それゆえ、SATA接続のハードディスクもだんだん主流になっています。

それでは、どうしたら、Windowsを再インストールせずに、IDEのハードディスクをSATA HDD/SSDにクローンしますか。クローン作業に移る前に、下記のことを確認する必要があります。

マザーボードがSATAに対応すること。マザーボードがSATAに対応していない場合は、IDE-to-SATAアダプターでSATAを接続する必要があります。

IDEのハードディスクをSATA HDD/SSDに完全にクローンする方法

起動問題を防ぐため、以下の2ステップが必要です。

1.SATA HDD/SSDを接続して、IDEモードに設定

  • ①SATAケーブルでHDD/SSDをパソコン/IDE-to-SATAアダプターに接続します。
  • ②SATAドライブをIDEモードに設定(設定方法が分からない場合は、「SATA IDEモード」とググってください。)

ステップ2.IDEのハードディスクをSATA HDD/SSDにクローンする操作手順

ここで高機能なクローンソフトがおススメです。このソフトだと、クローン時間を大幅に抑えることが可能です。

 

EaseUS Disk Copy

1クリックだけでIDEをSATAにクローンしよう!

 

今すぐ購入

¥2,390

 

注:ディスククローンを実行するには事前にソフトをアクティベートする必要があります。

Step 1. 「ディスクモード」を選択してください。それから、クローンしたいディスク(IDEディスク)を選択して「次へ」をクリックします。

ディスクモードを選択

注:ディスクをなんの変更もなく、そのままで完全にクローンすることを望むなら、「セクターバイセクター方式コピー」をチェックしてください。

Step 2. ターゲットディスク(SATAディスク)を新しいディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。ターゲット上のデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

ソースディスクを選択

Step 3. ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。そこでプロセスが終わったら、ディスクのクローンが正確に実行されました。

クローンプロセスを実行

注:ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。