> How to Use > ディスクコピー > CFDデータ移行:現在使用中のHDDをCFD SSDに完全クローン

CFDデータ移行:現在使用中のHDDをCFD SSDに完全クローン

Tioka | カテゴリ: ディスクコピー | 2020年10月16日に更新

概要:

最近、性能に優れているCFD SSDが流行っています。それでは、CFD SSDを購入して現在使用中のHDDを交換したい場合、どうすればいいのでしょうか。この記事では、現在使用中のHDDをCFD SSDに完全クローンする方法を紹介します。この記事で紹介する方法に従って、CFD SSDをパソコンに置き換え、パソコンのスピードを上げましょう。

 

CFDのSSDのクローンについて

最近、価格はほかのブランドと比べて安いが、性能は負けないCFDのSSDが結構売れています。流行っている原因といえば、やぱりコスパが高いということですね。で、CFD SSDを購入して現在使用中のHDD、または小容量SSDを交換したいユーザーは少なくありません。それでは、どうやってデータ損失なく交換を済ませますか。使いやすいクローンソフトを使えば、元のディスクにあるすべての内容(OS、個人データなど)をCFD SSDにクローン・移行することが可能ですので、SSDの交換作業をやすくしています。

CFD SSD データ移行やクローンに最適なクローンソフト

ここでCFD SSD交換する場合、最も適切なクローンソフト - EaseUS Disk Copyを皆さんに紹介します。EaseUS Disk Copyはディスククローン・コピー専門のソフトとして、もちろんクローン機能が強いです。CFDのSSDを含む数多くのSSD・HDDを完璧に互換し、完全にクローンすることが可能です。また、操作もとても簡単なわずかな3ステップだけで、現在使用中のHDDをCFD SSDに完全クローンできます。

EaseUS Disk CopyでHDDをCFD SSDにクローンする方法

それでは、EaseUS Disk Copyを使って現在使用中のHDDをCFD SSDにクローンする方法を紹介します。まずは、CFD SSDをパソコンに接続して下記のステップに従ってください。

注:CFD SSDが新品の場合、クローン操作を始める前にSSDをフォーマットする必要があります。

Step 1. EaseUS Disk Copyを立ち上げ、「ディスクモード」を選択してください。それから、クローン先(CFD SSD)を指定して「次へ」をクリックします。

ディスクモードを選択

注:セクターレベルのクーロンとは、クローン元をクローン先に完全一緒にするため、ソフトはセクタずつにディスクをクローンする方式です。この方式を望むなら、「セクターバイセクター方式コピー」をチェックしてください。

Step 2. クローン先のディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。(このステップで、ディスク先のSSDの容量は現在使用中のディスクの使い済み容量より大きいことを確認してください。)「ターゲット上のデータが全て消去されます」という警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。

クローン先をCFD SSDと指定

Step 3. ディスクの構成(パーティションのサイズ)を編集して「実行」をクリックすることで継続します。そこでプロセスが終わったら、ディスクのクローンが正確に実行されます。

クローンプロセスを実行

注:
①クローン先がSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。
②クローン先がシステムディスクの場合、ソースディスクを取り外してからクーロンディスクから起動することがおすすめです。

また、SSDだけではく、EaseUS Disk Copyという高機能のクローンソフトは、HDDのクローンにも対応します。SSD、HDDなどおよそ全てのディスクをクローンしたい場合、このソフトは役に立ちます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>