> How to Use > ファイル修復 > 拡張子が有効でないため、Excel でファイルを開くことができません

拡張子が有効でないため、Excel でファイルを開くことができません

WuYanG
更新者:WuYanG 2024/01/19
   

概要:

エラーメッセージが表示されますか?ファイル形式またはファイル拡張子が有効でないため、Excel では .xlsx ファイルを開けません。Microsoft Office 2007、2010、2013、または2016でこのエラーを修正するために、クイックフィックスと高度なソリューションが提供されています。また、Excelファイルを紛失した場合、EaseUSデータ復元ソフトをダウンロードして、さらなる助けを得ることができます。

 ダウンロード

Trustpilot評価 4.7

 ダウンロード

安全なダウンロード

 

エクセルのワークシートのファイル形式は.xlsxまたは.xlsです。ユーザーが何らかのファイルを開くときは、常に同じ拡張子で開かれます。しかし、一部のユーザーは、Office 2003、2007、2010、2013、2016、2019、365でExcelファイルを開いたり編集しようとすると、エラーに遭遇することがあります。表示されるエラーメッセージには、ファイル形式またはファイル拡張子が正しくありません」とあります。

この記事では、ファイル形式またはファイル拡張子が正しくありません」エラーを解決するための包括的なソリューションを提供します。ファイル拡張子を変更する、Office修復ユーティリティを使用する、またはExcelファイルを修復するための最高のファイル修復ソフトウェアを使用することができます。

Excelでファイル(.xlxs)が開けない問題の概要

Microsoft Office 2003、2007、2010、2013、2016、2019、365でExcelファイルを開いたり編集しようとすると、次のような問題が発生することがあります:

「ファイル形式またはファイル拡張子が有効でないため、Excel でファイル 'filename.xlsx' を開くことができません。ファイルが破損していないか、ファイル拡張子がファイルの形式と一致しているかを確認してください。」

これは通常、ファイルが破損または損傷したExcelのバージョンと互換性がないことを示しています。ここでは、考えられるすべての解決策を紹介しますので、問題が解決するまで試してみてください。解決策を実行する前に、Excelが正常に動作しているかどうかを確認してください。

ステップ1. Windows+Rキーを押し、excel.exe /safe と入力し、「OK」をクリックします。テンプレートやアドインなしでエクセルをロードすることで、プログラムが正常に動作するか、破損しているかを確認することができます。

ステップ2.Excelが正常に開いたら、Excelで問題を引き起こしているアドインがないか確認します。アドインを無効にして「OK」ボタンをクリックします。その後、Excelを再起動して問題が解決したかどうかを確認します。直っていない場合は、以下の修正に進んでください。

エクセル・アプリケーションをチェックする

拡張子が有効でないため、Excelでファイルを開くことができません。はじめに、トラブルシューティングのビデオチュートリアルをご覧ください。このビデオで重要な場面は次のとおりです:

Windows 10/8/7でExcelの拡張子が有効でないためファイルが開けない場合の対処法

ここでは、Excelでファイルが開けない問題を解決するための便利な方法を3つご紹介します。

修正1.EaseUS ファイル修復ツールを使用します

「拡張子が有効でないため、Excelでファイルを開くことができない」問題が、ファイルの互換性ではなく、ファイルの破損が原因である場合、問題を解決するために専門的なファイル修復プログラムが必要です。

EaseUS Fixoは、破損したファイルを簡単かつ効率的に修復できるオールインワンツールです。

EaseUS Fixo - エクセル修復ツール

  • XLSX/XLS形式の破損したExcelファイルを修復します
  • 数量制限なしで単一または複数のExcelファイルを修復します
  • MS Excel 2019、2016、2013、2010、2007、2003、XP、2000、97、95バージョンをサポートします
  • WordやPDFのような他のドキュメントの修復をサポートします

 ダウンロード

Trustpilot評価 4.7

 ダウンロード

安全なダウンロード

EaseUS Fixo ドキュメント修復ツールをダウンロードし、以下のステップバイステップのガイドに従って、3つのステップで破損したExcelファイルを修復してください:

Step 1.「ファイルの修復」で「ファイルの追加」を選択し、修復するドキュメントを追加します。

ファイル修復1

Step 2.追加されたら、「すべてを修復」を選択して修復処理を開始します。ファイルのサイズや損傷の程度によって、しばらく時間がかかります。

ファイル修復2

Step 3.復元完了後にプレビューやダウンロードが可能です。

ファイル修復2

修正2.Excelのファイル拡張子を変更して、Excelでファイルが開けないのを直します

多くの場合、このエラーはExcelファイルの拡張子に互換性がないために発生します。MS ExcelはデフォルトでExcelワークブックをXLSXまたはXLSファイルとして保存します。Excel 2003およびそれ以前のバージョンはXLSとしてファイルを保存しますが、Excel 2007およびExcel 2010、Excel 2013、Excel 2016、2019などのそれ以降のバージョンはXLSXファイル形式でファイルを保存します。対応するExcelバージョンのデフォルトファイル形式を、MS Excelがサポートする他のファイル形式に変更することができます。

ステップ1.Microsoft Excelを開き、「ファイル」タブを開きます。

ステップ2.「エクスポート」 をクリックし、「ファイルの種類の変更」を選択します。

ステップ3.ファイル拡張子をMS Excelがサポートする他のファイル形式に変更し、「名前を付けて保存 」をクリックします(Excelが変更を保存しない場合は、クイックヒントがここにあります)。その後、エクセルがファイルを開けるかどうか確認してください。

エクセルの拡張子が有効でないため、ファイルを開くことができません。

修正3.Excelファイルを開いて修復する機能を使って開きます

「開いて修復」は、「ファイル形式またはファイル拡張子が有効でないため、Excelでファイルを開くことができません」というエラーを修正できる、使いやすいMS Excel内蔵ユーティリティです。

ステップ1.Office Excelを起動します。「ファイル」ボタンで「開く」をクリックします。

ステップ2.「開く」ダイアログボックスで、アクセスできないExcelファイルをクリックして選択します。

ステップ3.「開く」ボタンの下矢印をクリックし、「開いて修復」をクリックします。Microsoft OfficeがExcel文書のチェックを開始し、見つかった問題や破損を修復します。

エクセルがこのファイルを開けません」エラーを「開いて修復」機能で修正。

Macでファイル形式またはファイル拡張子が有効でないためExcelでファイルが開けない場合の対処方法

一部のユーザーから、MacでExcelファイルを開けないという報告がありました。ファイル形式またはファイル拡張子が有効でないため、Excelでファイルを開くことができません。このエラーに直面した場合、Excelファイルを表示または編集することができません。以下の解決策に従って、Officeの問題を解決してください。

修正1.MacでExcelを再起動します

ステップ1.Excelアプリケーションを終了します。

ステップ2.MacでExcelファイルをもう一度開いてみてください。

MacでExcelを再起動

修正2.Macを再起動します

アップルメニュー > 再起動」と進みます。

リスタートマック

修正3.MacでExcelのファイル形式を変更します

ステップ1.メニューバーから「ファイル」をクリックします。

ステップ2.エクスポート先」ポップアウトメニューで「Excel」を選びます。

ステップ3.XLSXとXLSの間のファイル形式を調整するには、「詳細オプション」をクリックして、必要なものを選択します。

Macでファイル形式を変更する

ファイル形式またはファイル拡張子が有効でない場合にExcelファイルを復元する方法

ファイル形式やファイル拡張子が有効でないため、保存されていないExcelファイルが開けない場合、どのように保存されていないExcelファイルを復元しますか? この場合、以下の2つの方法をお試しください。

1.以前のバージョンから未保存のExcelワードブックを復元します

この方法は、失われたファイルを以前のバージョンに復元するだけです。つまり、ドキュメントに加えた変更を失う可能性があります。

ステップ1.アクセスできないExcelファイルを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ2.「以前のバージョン」タブを開き、過去に保存されたすべてのバージョンのExcelファイルをリストアップします。

ステップ3.最新バージョンを選択し、「復元 」をクリックしてスプレッドシートを取り出します。

以前のバージョンから保存されていないエクセルを復元

2.自動復元を使って保存されていないExcelファイルを復元します

この方法は、Microsoft Excelの自動保存機能をオンにしている場合にのみ有効です。この機能は、保存されていないWord文書を復元する場合にも役立ちます。

ステップ1.Office Excelを開き、「ファイル」タブで「情報」をクリックします。

ステップ2.ブックの管理で、 、自動保存されたファイルのすべてのバージョンが表示されます。

ステップ3.Excelでファイルを開き、「復元」をクリックします。

ステップ4.ファイルを新しいファイル名で保存し、拡張子を.xlsxに設定します。

重要なヒントエクセルファイルの紛失を防ぐ方法

データ損失を防ぐ方法はたくさんあります。誤って削除してしまったり、ハードドライブをフォーマットしてしまったり、ウイルスに感染してしまったりして、大切なExcelファイルを失ってしまった場合、EaseUS Data Recovery Wizardツールを使えば、失われたデータを取り戻すことができます。データ損失を防ぐもう一つの重要なポイントは、Excelファイルを定期的にバックアップすることです。

1.ファイル復元ソフトウェアで削除または紛失したExcelファイルを復元します

保存時にExcelがクラッシュしたり、その他の理由で保存されていないExcelを復元するだけでなく、誤って削除したり、OSがクラッシュしたり、ハードドライブが損傷/破損したり、パーティションが失われたりして失われたExcelスプレッドシートを復元したいユーザーも多いでしょう。このような場合、専門的なファイル復元ツールに頼るしかありません。そして、EaseUS ファイル復元ソフトは試してみる価値があります。数回のクリックで、削除されたDOC/DOCX、XLS/XLSX、PPT/PPTX、PDF、CWK、HTML/HTM、INDD、EPSなどを復元することができます。

失われたエクセルをすぐに取り戻すために、ぜひお試しください:

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で復元したいファイルの元場所(例えC:)を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

ファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終わったら、画面の上部メニューで「フィルター」あるいは「種類」をクリックしてください。そして、展開されたリストでファイルのフィルターまたは種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

ファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「復元」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存しなければなりませんので注意してください。

ファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

2.Excelファイルを自動的にバックアップ

ワークシートを頻繁に修正・変更する場合は、自動保存機能をオンにすることをお勧めします。また、万が一の事故に備えて、手動でファイルをコピーし、別の安全な場所にバックアップすることもできます。

エクセルの自動保存機能をオンにする

まとめ

「ファイル拡張子のファイル形式が有効でないため、Excelはファイル'(ファイル名)' .xlsxを開くことができません」は、Excelファイルを開く際に直面する可能性のある通常のエラーです。上記の方法を使えば、データを失うことなく、このエラーを簡単に解決することができます。

Excelが開けない問題がファイルの破損によるものであれば、EaseUS Fixoを使えば、数クリックでExcelファイルを素早く修復・復元することができます。EaseUS Fixoは、ハードドライブ、SDカード、メモリーカード、その他の記憶媒体にある写真、ビデオ、ドキュメント、その他のファイルの修復を得意としています。紛失していても、デバイス上に存在していても、関係ありません。試す価値はあります。

 ダウンロード

Trustpilot評価 4.7

 ダウンロード

安全なダウンロード

よくある質問

1.ファイル形式またはファイル拡張子が正しくありません。

ファイル拡張子を変更することで、「ファイル形式またはファイル拡張子が有効でないため、Excelでファイルを開けません」エラーを修正することができます:

ステップ1.エクセルファイルを開きます。タスクバーで「ファイル」を選択し、」オプション」>」エクスポート」>「ファイルの種類の変更」を選択します。

ステップ2.インストールされているエクセルのバージョンによって、ファイルの拡張子を直接変更することができます。 名前を付けて保存」をクリックします。その後、「Excelがファイルを開けません」というエラーが解決されたかどうかを確認してください。

2.有効でないExcelファイル形式やファイル拡張子を復元するにはどうすればよいですか?

Excelの ファイル形式を復元することができます。または、ファイル拡張子が以前のバージョンから有効ではありません。

破損したファイルを選択します。ファイルを右クリックし、「プロパティ」>「以前のバージョン」をクリックします。以前のバージョンのリストが表示されるので、興味のあるオプションを選択し、「復元」をクリックして復元します。以前のバージョンは、ファイル履歴または復元ポイントから取得します。

3.ファイル拡張子が有効でないとはどういう意味ですか?

「ファイル拡張子の ファイル形式が 有効でないため、Excelでファイル 「(ファイル名)」 .xlsxを開くことができません」は、多くのユーザーが.xlsxファイルを開くときに遭遇する可能性のある一般的なエラーです。この問題の原因としては、次のようなものが考えられます:

  • エクセルファイルが破損しています。
  • エクセルファイルは、お使いのMSエクセルのバージョンと互換性がありません。

4.XLSXファイルが開けません。

Excelファイルが破損している場合、Excelのバージョンと互換性がない場合、ウイルスに感染している場合、または電子メールで受信した場合、これらは「ファイル形式またはファイル拡張子が有効でないため、Excelでファイルを開けません」という問題の一般的な原因です。これらの問題のいずれかが表示された場合、XLSXファイルを開くことはできません。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>