> How to Use > PC引越し > 古いパソコンでのデータを新品PCへ移行する方法

古いパソコンでのデータを新品PCへ移行する方法

Bak | カテゴリ: PC引越し | 2020年06月23日に更新

概要:

パソコンの使用寿命は平均的に5年間といわれています。その期間を過ぎると、パソコンの性能が下がったり、稼動スピードが緩くなったりといった不具合が生じてくることがよくあります。そのような場合、多くのユーザーが新品のパソコンを購入すると思いますが、新品パソコンでのアプリ再インストールがとても面倒なので、古いパソコンでのデータを直接に新品PCへ簡単に移行する方法がありますでしょうか?それについて皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼
 

パソコン買い替え時のデータ移行

パソコンの平均的な使用寿命は5年間だと言われています。それ以上続いて使い続けると、老化による性能低下が発生する可能性が高いです。不具合が多くみられるようになると、パソコンを買い替えるユーザーが多いのではないでしょうか。

しかし、古いパソコンでの写真、ビデオ、ドキュメントなどのファイルはともかく、アプリまでも新品のパソコンで再インストールしなければなりません。何年間も使ってきたパソコンなら、アプリの数も必ず少なくはないでしょう。それを全部インストールするのは大変時間がかかりますし、とても面倒です。何か古いパソコンでのデータを直接に新品PCへ移行する方法はあるでしょうか?

旧PCから新PCへのデータ移行方法

データを古いパソコンから新しいパソコンへ移行する方法は、手動で行うものから、自動で作業完了してしまうものまで色々あります。例えば、「Windows転送ツール」で行う方法、USBやハードディスクを使い手動で行う方法、インターネット上のクラウドサービスを使う方法が挙げられますが、いくつかの方法では、アカウントの細かい設定まで移行できない場合や、手動で行うとなると時間がかなりかかることが多いです。ではここで、そんな難点を解決する、優秀なソフトのご紹介と、その操作方法を図付きでわかりやすくご説明します。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

お薦めのデータ移行ソフト

ここで皆さんに、EaseUS Todo PCTrans Proというデータ移行ソフトをお薦めします。再インストールせずに、古いパソコンでのアプリをそのまま新品パソコンに移行することができます。しかも操作方法はとても簡単で、わずかのステップですべての移行プロセスを済ませます。特にパソコンの買い替えをした方は、是非試してみてください。(一部のパソコン環境依存のソフトを移行することができません。詳細は移行可能なソフトリストまでご参照ください。)

データ移行の操作手順

Step 1:Todo PCTransを2台のPCに同時に実行し、「PCからPCへ」を選択します。(画面の右上にある「認証コード」をクリックすることで本PCの認証コードを確認することが可能)

データ転送するステップ1

Step 2:ここで移行可能なPCが自動的に検出され、左側に表示されます左側から目標PCを選択して「接続する」ことができます。目標PCがない場合は、「PCを追加」ボタンをクリックしてipアドレスで追加することができます。

データ転送するステップ2

ご案内:認証コード」をクリックして認証コードでPCを追加することも可能です。

データ転送するステップ3

Step 3:転送したいファイル、アプリ、またはアカウントを選択します。「編集」ボタンをクリックして転送したいデータを自由に選択します。

データ転送するステップ5

Step 4: 転送したいデータを全て決定した後、「転送」ボタンをクリックして、移行を始めてください。

データ転送するステップ6

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>