> How to Use > PC引越し > 古いパソコンでのデータを新品PCへ移行する方法

古いパソコンでのデータを新品PCへ移行する方法

2016-12-19 Posted by Bak to PC引越し

概要:
パソコンの使用寿命は平均的に5年間と思われます。その期間を過ぎると、パソコンの性能が下がったり、稼動スピードが緩くなったりすることが現れます。その時は新品のパソコンを購入することが普通です。しかし新品パソコンでのアプリ再インストールがとても面倒なので、古いパソコンでのデータを直接に新品PCへ移行することが可能でしょうか?それについて皆さんに紹介します。

パソコン買い替え時のデータ移行

パソコンの平均的な使用寿命は5年間と言われます。それ以上続いて使ったら、老化による性能下がりが発生する可能性が高いです。そんな時はやはり新品のパソコンを買い換えるのは最善です。

しかし、古いパソコンでの写真、ビデオ、ドキュメントなどのファイルはともかく、アプリさえ新品パソコンで再インストールしなければなりません。何年間も使ってきたパソコンなら、アプリの数も必ず少なくはないでしょう。それを全部インストールするのは大変時間をかかりますし、とても面倒なことです。何か古いパソコンでのデータを直接に新品PCへ移行する方法はあるでしょうか?

お薦めのデータ移行ソフト

ここで皆さんに、EaseUS Todo PCTrans Proというデータ移行ソフトをお薦めします。再インストールせずに、古いパソコンでのアプリをそのまま新品パソコンに移行することができます。しかも操作方法はとても簡単で、わずかのステップですべての移行プロセスを済ませます。特にパソコンの買い替えをした方は、是非試してみてください。(一部のパソコン環境依存のソフトを移行することができません。詳細は移行可能なソフトリストまでご参照ください。)

データ移行の操作手順

1.移行操作を行う2台のパソコンを同じLANに接続し、両方でもEaseUS Todo PCTransをインストールして同時に実行します。初期画面で「ネットワーク接続経由」モードを選択します。

EaseUS Todo PCTransを実行し、「ネットワーク接続経由」を選択する

2.データの転送方向を指定します。

データの転送方向を指定する

ソフトでは選択したパソコンが検出されない場合、[+]アイコンをクリックし、パソコンのIPアドレスを入力し、2台のPCを繋がってください。

パソコンが検出されない場合、[+]アイコンをクリックする

3.編集ボタンをクリックし、移行したいアプリケーション、データを選択し、保存先を指定します。

編集ボタンをクリックし、移行したいアプリケーション、データ、保存先を選択する

4.「転送」ボタンをクリックして、データの移行を始めます。

「転送」ボタンをクリックして、データの移行を始める

EaseUSが選ばれる理由