> How to Use > PDFの簡単編集 > PDF翻訳ツールベスト5- EaseUS

EaseUS PDF Editor

使いやすいオールインワンPDF編集ソフトで簡単にPDFを編集・変換する。

  • PDFファイルの合併、分割、挿入、抽出、ページ削除を簡単に実現可能
  • 簡単にPDFファイルを編集、圧縮、暗号化、サイン、OCR、注釈可能
  • PDFファイルをExcel、Word、Powerpoint、画像など様々なファイル形式に変換可能

pdf-editor

PDF翻訳ツールベスト5- EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PDFの簡単編集 | 2021年09月06日に更新

概要:

優秀なPDF翻訳ツールをお探しの方のために、この記事では5つのツールをご紹介します。データを失うことなく、PDFを変換できます。ぜひ最もニーズに適したものを選んでみてください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

外国語で書かれたPDFを読むのに苦労し、翻訳ツールを探している方もいらっしゃるのではないでしょうか。例えば、卒業研究に関連したスペイン語の文書を読みたい場合などです。docやtxtのような編集可能なファイル形式であれば、翻訳はあまり面倒な作業ではありません。しかし今回の場合、編集不可能なPDFからテキストをコピーするのは便利ではないため、より厄介になります。

ですが、心配する必要はありません。PDF翻訳ツールは非常にたくさんあるからです。その中には無料で使えるものもあり、データを失うことなくPDFを翻訳することができます。この記事では、オンラインとオフラインのPDF翻訳ツールをあわせて5つご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

Googleドキュメント

利用者の多いGoogleドキュメントですが、その翻訳機能についてはあまり認知されていないかと思います。Googleアカウントでサインアップすると、「ドキュメントを翻訳」というオプションがGoogleドキュメント内に用意されています。これは無料翻訳機能で、ユーザーはPDFファイルをさまざまな言語に翻訳することが可能です。

GoogleドキュメントはPDFのテキストを翻訳する際には適していますが、画像やグラフィックが含まれる場合、それらが失われる可能性があります。画像やグラフィックを含むPDFを扱う際は、Wordに変換して、他のツールで内容を翻訳するのが良いでしょう。

Googleドキュメント

Protranslate

Protranslateも他言語に翻訳可能なオンライントランスレーターです。ワンクリックの操作で、70以上の言語に翻訳してくれます。データ損失の心配も不要です。また、画像ファイルどけでなく、チラシの翻訳もこのツールで行えます。

スペイン語からフランス語、ヒンディー語まで、多くの言語に対応しています。ファイルやデータをオンライン上で保存することに不安を感じているかもしれませんが、心配は不要です。余計な情報を保存することなく、最高のサービスを提供します。

Protranslate
 

PROMT Translator

Googleドキュメントに代わるツールをお探しであれば、PROMT Translatorをおすすめします。ファイルの翻訳スピードも速く、WindowsとMac両方に対応しています。

このツールの一番の特徴は、ダウンロードオプションとオフラインモードです。特にネットワーク環境が弱い時は、インターネット接続に悩まされることなく、PDFの作業を行えるでしょう。また、ファイルを編集する際に使える文法セクションもあります。

PROMT Translator

DocTranslator

DocTranslatorも、ファイルの翻訳が可能な無料オンラインツールです。このツールは、ファイルを翻訳し、doc、xls、pptなどのフォーマットに変換することができます。また、50種類以上の言語に対応しています。

セキュリティも非常に安全で、1時間以内にサーバーからファイルを削除してくれます。しかし、オフラインモードには対応していないため、オフラインで作業したいユーザーには向いていないかもしれません。

DocTranslator
 

Multilizer PDF Translator

Multilizerは、ファイル内の画像に影響を及ぼすことなく、PDFを40言語に翻訳できる無料オンラインツールです。ファイル内に画像や表がある場合は、このツールを選択するのが良いでしょう。

インターフェースもシンプルなため、スムーズに翻訳を行うことができるでしょう。しかし、Windowsでしか対応していません。

おまけ: EaseUS PDF Editorを使用してPDFをOCR化し翻訳する方法

Windowsユーザー向けのベストPDFエディターの一つは、EaseUS PDF Editor(https://toolbox.easeus.com/pdf-editor/index.html)です。このソフトは、スキャンしたPDFからテキストを認識するOCR機能などを提供します。OCR機能は、フランス語やイタリア語からドイツ語まで、29種類以上の言語のテキストを正確に検出することができます。

また、多機能で、PDFリーダーとしても機能します。PDFを読んでいるときにメモを取りたい場合にも便利機能がたくさんあります。例えば、コメントの追加や、線、図形、矢印などの要素で注釈を付けることが可能です。また、ブックマーク機能を利用すれば、重要なページに素早く移動することができます。

注意:
このツールは、PDFを直接翻訳することはできません。OCR機能により、スキャンしたPDFを編集可能な状態にすることで、PDF内のテキストをコピーしたり翻訳したりできます。

主な特徴:

  • 無料OCRツール
  • PDFからWord、PowerPoint、Excelへの変換
  • パスワード保護機能によりPDFの閲覧、編集、印刷を防げる
  • ファイル管理を容易にするベイツ番号の追加
  • PDFの背景画像や色の変更

このツールを試してみたい方は、以下のボタンをクリックすれば、無料でダウンロードが行えます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

操作手順:

ステップ1.EaseUS PDF Editorを起動して、「ファイルを開く」をクリックして、編集したいファイルを導入します。

ファイルを開く

ステップ2.上部のツールバーで「OCR」ボタンをクリックします。「ORCエンジン」ウィンドウで「対応言語」を選択します。

PDFの内容を他言語に翻訳する手順2

ステップ3.上記の設定が完了すると、編集可能なPDFファイルができました。そのファイルから翻訳したいテキストをコピーすることができます。次は、「編集」ボタンをクリックして、PDFファイルを編集することができます。さらに、翻訳したいテキストを「Ctrl」+「C」を押してコピーします。

PDFの内容を他言語に翻訳する手順3

ステップ4.グーグル翻訳に貼り付けて、目標言語に編訳してください。

PDFの内容を他言語に翻訳する手順4

最後に

こうした翻訳ツールを使って、仕事関係のファイルを翻訳するのはとても便利だと思います。WindowsであろうがMacであろうが、ご自分にぴったりのツールがきっとあるはずです。

スキャンしたPDFからテキストをコピーし翻訳したい方には、EaseUS PDF Editorのような、OCR機能付きのエディターをおすすめします。それと同時に、自由にPDFにコメントや注釈を追加することもできます。使ってみたいと思ったら、ぜひEaseUS PDF Editorをダウンロードしてみてください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>