> How to Use > PDFの簡単編集 > 2021年版 PDF変換ツールBEST10【Windows/Mac/オンラインツール】- EaseUS

EaseUS PDF Editor

使いやすいオールインワンPDF編集ソフトで簡単にPDFを編集・変換する。

  • PDFファイルの合併、分割、挿入、抽出、ページ削除を簡単に実現可能
  • 簡単にPDFファイルを編集、圧縮、暗号化、サイン、OCR、注釈可能
  • PDFファイルをExcel、Word、Powerpoint、画像など様々なファイル形式に変換可能

pdf-editor

2021年版 PDF変換ツールBEST10【Windows/Mac/オンラインツール】- EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PDFの簡単編集 | 2021年07月06日に更新

概要:

PDFからJPGやWord、Excelなどへ簡単に変換できる優良ツールをお探しの方必見です!この記事ではWindowsとMacユーザー向けに、2021年版ベスト変換ツールをご紹介します。それとともに、PDFから特定のフォーマットへ変換する方法を1つずつお伝えしていきます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

PDF変換ツールは、PDFをWordや画像(JPGなど)、Excel、電子書籍、PowerPointなどに変換したり、その逆もできる便利なツールです。

しかし、信頼できる変換ツールを探すのは困難に感じるかもしれません。そこで、みなさんにぴったりのツールを選んでいただけるよう、WindowsとMacそれぞれの優良ツール一覧をまとめてみました。

Windows向けPDF変換ツールベスト4

Windows向け変換ツールは数多くありますが、それぞれ独自の特徴があります。ここでは、優良ツールベスト3を詳しくご紹介していきたいと思います。ぜひ必要性に応じで、ご自分に適したツールを選んでみてください。

1. Adobe Acrobat PDF Converter

Windows 10/7向けの変換ツールをお探しであれば、Adobe Acrobat PDF Converterを一番におすすめします。このソフトがあれば、簡単な操作でPDFをWordやExcelへ変換することができます。

Adobe Acrobat PDF Converterの優れた点は、スキャンや画像を変換した際は必ず、必要に応じ調整しつつも、元のフォーマットを維持したまま素早く変換してくれる点です。このツールはここで紹介しているものの中で最も安価にも関わらず、多くの優れた機能が付いています。

Adobe Acrobat PDF

メリット

  • 迅速で簡単にPDFの変換を行える
  • 変換後もPDFの編集が簡単に行える
  • PDFからJPG、Word、Excelなどへの変換に対応
  • 価格が手頃

デメリット

  • 初心者には画面操作が少し複雑で、困難に感じる可能性がある

2. EaseUS PDF Editor

続いて紹介するツールも、PDFの編集や変換の際に生じる多くの問題を解決してくれるでしょう。PDF編集ソフトのEaseUS PDF Editorは、JPG、PNG、HTMLのような頻繁に使用されることの多いフォーマットに対応しています。この優良ツールがあれば、PDFから画像への変換や、他フォーマットのドキュメントをPDF化することもできます。

例えば、このツールでWord文書をPDF化すれば、書いてある内容を誰かに変えられてしまうことへの心配はなくなります。また、ExcelやPPTも変換元に設定できます。PDF化することで、パスワードで保護されたPDFのように、ファイルデータの編集が難しくなります。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

3. Soda PDF

Soda PDFも独自の機能があり、Windows 7/10対応であればどんなデバイスでも利用できます。またAdobe Acrobatとも似ており、そのローコスト版と言っても良いでしょう。どんなファイルからも簡単にPDFを作成できますし、さらにそのPDFをExcelやWordなどへ再変換することもできます。

また、256ビットのAES暗号鍵でセキュリティ情報を保護しながらPDFを迅速に変換してくれます。

Soda PDF

メリット

  • 法的拘束力のある電子署名を集めて送ることが可能
  • PDFからExcel、Wordなどへの変換に対応
  • ページをめくってPDFが読める機能が無料
  • セキュリティ情報を保護してくれる

デメリット

  • 変換を実行するのに非常に時間がかかる

リンク:https://www.sodapdf.com/partners/join/join22.aspx?ref=sodapdf.com/partners&wid=3856&uid=1015079&cmp=AST

4. Foxit PhantomPDF Standard

Windows 7/10対応のPDF変換ツールで、次にご紹介するのはFoxit PhantomPDF Standardです。大変優れたツールで、PDFからWordやHTML、画像ファイルなどへの変換が簡単に行えます。また、空白のファイルやODFのポートフォリオ、PowerPointなどからPDFを作成することも可能です。

高度な機能もたくさんあり、注釈の追加や編集、共有、コメントなどが行えます。

 Foxit PhantomPDF Standard

デメリット

  • PDFをJPG、PNG、Word、PowerPointなどへ変換可能
  • PDFをマージする機能がある
  • 画像ファイルのスキャンが簡単に行える
  • ユーザーフレンドリーな操作画面

デメリット

  • トライアル版では機能が制限されている

リンク:https://www.foxitsoftware.com/pdf-editor

Mac向けPDF変換ツールベスト3

優良なMac向け変換ツールも数多くあり、その中でも特に優れたツールを3つご紹介していきたいと思います。

1. プレビュー

プレビューはMacに内蔵されているアプリで、PDFからJPGへの変換を簡単に行えます。

また、PDFだけでなく画像ファイルの閲覧や編集も可能です。基本的な機能しかないように見えますが、実は独自の機能も備わっています。たとえば、PDF内での電子署名の作成やハイパーリンクの編集もプレビューで行うことができます。

Macに内蔵されているアプリ

メリット

  • 複数の署名をシームレスに保存できる
  • webカメラを用いて署名を作成できる
  • PDFから画像ファイルへの変換が簡単に行える

デメリット

  • ExcelやWordへの変換には対応していない

リンク:macOSに元からインストールされています

2. Foxit Phantom PDF Converter

多言語に対応した変換ツールをお探しであれば、Foxit Phantom PDF Converterは必見です。このツールでは、注釈の追加や編集、PDFから多様なフォーマットへの変換が可能です。

画面も見やすく、ユーザーは簡単に使用できるでしょう。多言語機能なこともあり、国際的に評価された優良PDF変換ツールです。

Foxit Phantom PDF Converter

メリット

  • 多言語対応
  • PDFから様々なフォーマットへ変換可能
  • 多機能パレットで編集できる
  • 簡単な操作で、複数のPDFを1つにまとめられ、ページの順序も編集できる

デメリット

  • レスポンスに非常に時間がかかる

リンク:https://www.foxitsoftware.com/pdf-editor-mac

3. Nuance PDF Converter for Mac

続いてご紹介するのが、Nuance PDF Converter for Macというツールで、PDFから Excelなどへ変換ができます。またツール内で、PDFの閲覧、作成、編集を直接行えます。

編集機能が優れており、テキストのハイライトやアンダーラインなどの機能があります。30日間の無料トライアルがあるので、ぜひ購入前に試用してみてください。

Nuance PDF Converter for Mac

メリット

  • PDFからWord、Excel、JPGなどへの変換に対応
  • ファイルのマージができる
  • 編集機能が豊富

デメリット

  • 一定期間を過ぎると有料になる

リンク:https://nuance-pdf-converter.en.softonic.com/mac

オンラインPDF変換ツールベスト3

オンライン変換ツールはわざわざ何かをダウンロードしたりインストールしたりする必要がないため、WindowsユーザーにとってもMacユーザーにとっても、便利に感じるでしょう。このパートでは、トップ3のオンラインツールをご紹介していきたいと思います。

1. Adobe Acrobat

Adobe Acrobatにはオンライン版もあり、PDFからWordやExcel、JPGなどへの変換ができます。変換作業はあっという間で、他のフォーマットからPDFへ変換することも可能です。

さらにドキュメントの書式が維持されたまま変換も行えます。Adobe Acrobatは優良変換ツールの1つに違いありません。

Adobe Acrobat

メリット

  • PDFから様々なフォーマットへ変換できる。その逆も可能
  • 操作が簡単で安全
  • 多言語対応

デメリット

  • ユーザー登録をしなければ、変換したファイルをダウンロード、シェアができない

リンク:https://www.adobe.com/in/acrobat/online/pdf-to-word.html?promoid=XB5KHN6W&mv=other

2. Smallpdf

2013年にリリースされたSmallpdfには、使いやすい19種類以上の機能があります。機能はすべて普段使い向けで、基本的ニーズをカバーしています。

PDFからExcelやWord含むOffice文書などへ変換は、ドラッグ&ドロップするだけで行えます。Google DriveやDropboxとも連携しているため、クラウドで保存されたファイルも扱えます。

Smallpdf

メリット

  • ブラウザから直接利用可能
  • オンラインでファイルのシェアができる
  • すべてのプラットフォームに対応
  • 操作が直感的で簡単

デメリット

  • ファイルのアップロードやシェアがオンライン上で行われるため、セキュリティのリスクがある

リンク:https://smallpdf.com

3. EasePDF

EasePDFは基礎がしっかりしていて操作も簡単な上、無料で使用可能です。30種類以上の変換機能があるため、PDF関連の問題はすぐに解決されるでしょう。

また変換したファイルは入手後、サーバーから自動で消去されます。

EasePDF

メリット

  • ファイルは暗号化されるので安全
  • 便利な変換ツールが多数ある
  • ファイルは自動で削除される

デメリット

  • 初心者が戸惑うほどの多機能

リンク:https://jp.easeus.com/pdf-editor/index.html

最後に

WindowsユーザーであろうがMacユーザーであろうが、上記で紹介したツールのどれかを使用すれば、そのツールが提供する最高の機能を必ず堪能できるでしょう。

自分のニーズに合ったツールを選んでしまえば、あとは簡単に変換作業を行えます。EaseUS PDF Editorは操作も簡単で、一般的なファイルフォーマットの変換にほぼ対応しているため、ぜひ検討してもらいたいです!

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>