> How to Use > プロダクトキー確認 > 4つの方法でWindows Server 2019のプロダクトキーを回復する

4つの方法でWindows Server 2019のプロダクトキーを回復する

モンディー | カテゴリ: プロダクトキー確認 | 2022年01月28日に更新

概要:

Windows Server 2019のプロダクトキーが見つからない場合は、次の4つの方法に従ってください。 PowerShell、コマンドプロンプト、さらにはレジストリエディターを使用して確認できます。ただし、最も簡単な方法として、EaseUS Key Finderを優先的にお勧めします。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

まず最初に、Windows Serverのプロダクトキーとは何か、どれほど重要なのかを知っておく必要があります。プロダクトキーは通常、ソフトウェアのインストール中に必要とされる特定のコードで、そのソフトウェア(Windows Server)は正規に購入したかどうかを判断するためのパスワードのようなものです。

Windows Serverなどのプロダクトキーがなければ、すべての機能を利用するのはうまくできません。一部のプログラムは正しく機能せず、完全な利用はできなくなります。しかし、Windows Serverユーザーにとって、プロダクトキーを見つけるのが難しいかもしれません。そのため、ここでは、Windows Server 2019のプロダクトキーを確認する方法を紹介します。まず、紛失したプロダクトキーを見つけるためのクイックフィックスを見てみましょう。

クイックフィックス:Windows Server 2019のプロダクトキーを見つける

時々、それほど深刻な問題ではないかもしれませんから、本題に入る前に、まずいくつかのクイックフィックスを試してみましょうか。

1.Windows Server 2019の製品パッケージをチェック:パッケージ製品のWindows Server 2019を購入した場合は、プロダクトキーがボックス内のラベルまたはカードに記載されています。

2.Windowsアカウントで確認:Windows Server 2019をオンラインで購入した場合、確認メールにプロダクトキーが記載されます。また、WindowsはMicrosoftアカウントにリンクされた可能性もあります。「設定」>「更新とセキュリティ」>「ライセンス認証」を選択することで、リンクされたかどうかを確認できます。

3.Windowsサポートチームに連絡:注文IDを使用してWindows Serverサポートチームに連絡します。正規のWindows Server 2019のデジタルライセンスを購入した限り、この方法はプロダクトキーの確認に役立ちます。

上記のクイックフィックスを実行しても、Windows Server 2019のプロダクトキーが見つからない場合は、次の部分に入りましょう。まだ4つの対策法があります。

Windows Server 2019のプロダクトキーを探すためのユーティリテ

この部分で提供されたのは、先のクイックフィックスで失敗した場合に備えての究極の方法です。Windows PowerShell、コマンドプロンプトまたはレジストリによって、プロダクトキーを見つけることができますが、コマンドラインの入力が必要ですし、時間がかかるかもしれません。そのため、もっと使いやすくて、ワンクリックのWindows Serverのプロダクトキー確認ツールであるEaseUS Key Finderをお勧めします。

1.EaseUS Key FinderでWindows Server 2019プロダクトキーを解析

Windows Server 2019のプロダクトキーを見つけるのに困っているかもしれません。その対策として、EaseUS Key FinderというWindows Serverのプロダクトキー確認ツールをお勧めします。プロダクトキーの抽出のために設計された新機能を利用しましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ソフトウェアをダウンロードした後、EaseUS Key Finderを実行し、左側のパネルで「キー」オプションを選択します。「スキャン」をワンクリックするだけで、Windows、Office、およびAdobeのプロダクトキーを確認できます。これらのプロダクトキーをバックアップすることもできます。したがって、ここで製品版のEaseUS Key Finderは一番優先的な推奨になります。

手順1.「キー」の下にある「Windows」タブをクリックします。

Windowsのプロダクトキーの確認1

手順2.右側のWindowsプロダクトキーを確認します。「コピー」をクリックして貼り付けます。または、他の2つのオプションがあります。

Windowsのプロダクトキーの確認2

「保存」-PDFファイルとしてローカルに保存します。

「プリント」-クリックしてファイルをプリントします。

関連記事:紛失したWindowsプロダクトキーを探す    Windows 11のプロダクトキーを確認

2.CMDでWindows Server 2019のプロダクトキーを探す

  • 検索ボックスに「cmd」と入力します。
  • 「コマンドプロンプト」を右クリックして、管理者として実行します。
  • コマンドウィンドウが開いたら、次のように入力します:

wmic path softwarelicensingservice get OA3xOriginalProductKey

  • 「Enter」キーを押します。これで、プロダクトキーが表示されます。

CMDでWindows Server 2019のプロダクトキーを探す

3.PowerShellを使用してプロダクトキーを確認 

  • 「スタート」ボタンを右クリックします。
  • 「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。 
  • PowerShellウィンドウが開いたら、次のように入力します:

powershell "(Get-WmiObject -query ‘select * from SoftwareLicensingService’).OA3xOriginalProductKey"

  • 「Enter」キーを押すと、Windowsのプロダクトキーが表示されます。

PowerShellを使用してプロダクトキーを確認 

4.レジストリでWindows Serverのプロダクトキーを抽出

レジストリを使用して、Windows Server 2019のプロダクトキーを見つけることもできます。

  • 検索ボックスに「Regedit」と入力します。
  • 「レジストリエディター」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。
  • 次のパスに従って移動します: 

コンピューター>HKEY_LOCAL_MACHINE>SOFTWARE>Microsoft>Windows NT>CurrentVersion>DigitalProductId

  • 「DigitalProductId」を選択します。
  • 「DigitalProductId」のデータを確認します。

レジストリでWindows Serverのプロダクトキーを抽出

最後の言葉

この記事では、Windows Server 2019で紛失したプロダクトキーを見つける方法について説明しました。EaseUS Key Finderソフトウェア以外、他のすべての方法は、初心者のユーザーには向いていません。

このEaseUS Key Finderによって、ワンクリックでプロダクトキーを見つけることができるだけでなく、起動できないシステムドライブからWindowsおよびソフトウェアのプロダクトキーを回復することさえできます。このツールを適用して、ワンクリックでWindows Server資格情報のユーザー名とパスワードを見つけることもできます。

この記事がお役に立てば幸いです。正規のOSを購入した場合は、前述の方法を実行することで、Windows Server 2019のプロダクトキーを取得できます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>