> How to Use > プロダクトキー確認 > Windows11のプロダクトキーを確認する方法

Windows11のプロダクトキーを確認する方法

モンディー | カテゴリ: プロダクトキー確認 | 2022年01月21日に更新

概要:

Windows11のプロダクトキーを探す方はこちらへ!この記事では、Windowsのプロダクトキーを見つける方法を紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

古いWindowsバージョンをWindows 11にアップグレードする場合でも、OSを新しいPCに再インストールする場合でも、Windowsのプロダクトキーが必要です。しかし、紛失したプロダクトキーをどうすれば再び取得できますか。一緒に学びましょう。

1.サードパーティソフトウェアでWindowsプロダクトキーを取得

Windows 11のプロダクトキーの確認については、手動な方法がいろいろあります。機能は機能できますが、3ステップ以上で時間もかかります。それで、ここで紹介したいのは、EaseUS Key Finderという、2ステップで済ませて、評判のいいソフトのことです。Windows、Adobe、Officeのライセンスキーをスキャンしてコピーできる顕著な機能が付いています。

ソフトウェアを無料でダウンロードし、Windows 11のプロダクトキーの確認を始めましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

手順1.「キー」の下にある「Windows」タブをクリックします。

Windowsのプロダクトキーの確認1

手順2.右側のWindowsプロダクトキーを確認します。「コピー」をクリックして貼り付けます。または、他の2つのオプションがあります。

Windowsのプロダクトキーの確認2

「保存」-PDFファイルとしてローカルに保存します。

「プリント」-クリックしてファイルをプリントします。

関連記事:紛失したプロダクトキーを回復する方法

2.Windowsプロダクトキー確認ツール-CMD

手順1.Windows 11では、「Windows + S」を押すことで検索ボックスを開きます。

手順2.検索ボックスに「CMD」と入力します。「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

手順3.次のコマンドラインを入力して、「Enter」キーを押します。

wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

これで、Windows 11のプロダクトキーが表示されます。

スクリーンショットを撮るか、プロダクトキーを簡単に見つけられる場所にコピーします。

Windowsプロダクトキー確認ツール-CMD

3.VBScriptを適用してWindows 11のプロダクトキーをバックアップ

Step 1.検索ボックスに「メモ帳」を入力します。

Step 2.メモ帳を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

Step 3.「ユーザーアカウント制御」が表示されたら、「はい」をクリックしてメモ帳を開きます。

Step 4.コードをコピーしてメモ帳に貼り付けます。

Option Explicit

 

Dim objshell,path,DigitalID, Result

Set objshell = CreateObject("WScript.Shell")

'Set registry key path

Path = "HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\"

'Registry key value

DigitalID = objshell.RegRead(Path & "DigitalProductId")

Dim ProductName,ProductID,ProductKey,ProductData

'Get ProductName, ProductID, ProductKey

ProductName = "Product Name: " & objshell.RegRead(Path & "ProductName")

ProductID = "Product ID: " & objshell.RegRead(Path & "ProductID")

ProductKey = "Installed Key: " & ConvertToKey(DigitalID)

ProductData = ProductName  & vbNewLine & ProductID  & vbNewLine & ProductKey

'Show messbox if save to a file

If vbYes = MsgBox(ProductData  & vblf & vblf & "Save to a file?", vbYesNo + vbQuestion, "BackUp Windows Key Information") then

   Save ProductData

End If

 

'Convert binary to chars

Function ConvertToKey(Key)

    Const KeyOffset = 52

    Dim isWin8, Maps, i, j, Current, KeyOutput, Last, keypart1, insert

    'Check if OS is Windows 8

    isWin8 = (Key(66) \ 6) And 1

    Key(66) = (Key(66) And &HF7) Or ((isWin8 And 2) * 4)

    i = 24

    Maps = "BCDFGHJKMPQRTVWXY2346789"

    Do

           Current= 0

        j = 14

        Do

           Current = Current* 256

           Current = Key(j + KeyOffset) + Current

           Key(j + KeyOffset) = (Current \ 24)

           Current=Current Mod 24

            j = j -1

        Loop While j >= 0

        i = i -1

        KeyOutput = Mid(Maps,Current+ 1, 1) & KeyOutput

        Last = Current

    Loop While i >= 0

    keypart1 = Mid(KeyOutput, 2, Last)

    insert = "N"

    KeyOutput = Replace(KeyOutput, keypart1, keypart1 & insert, 2, 1, 0)

    If Last = 0 Then KeyOutput = insert & KeyOutput

    ConvertToKey = Mid(KeyOutput, 1, 5) & "-" & Mid(KeyOutput, 6, 5) & "-" & Mid(KeyOutput, 11, 5) & "-" & Mid(KeyOutput, 16, 5) & "-" & Mid(KeyOutput, 21, 5)

End Function

'Save data to a file

Function Save(Data)

    Dim fso, fName, txt,objshell,UserName

    Set objshell = CreateObject("wscript.shell")

    'Get current user name

    UserName = objshell.ExpandEnvironmentStrings("%UserName%")

    'Create a text file on desktop

    fName = "C:\Users\" & UserName & "\Desktop\WindowsKeyInfo.txt"

    Set fso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")

    Set txt = fso.CreateTextFile(fName)

    txt.Writeline Data

    txt.Close

End Function

Step 5.「ファイル」タブをクリックし、「名前を付けて保存」を選択します。

Step 6.以下通りに設定したら、「保存」をクリックします。

  • ファイルの種類:すべてのファイル
  • 文字コード:ANSI
  • ファイル名:Non-OA3-ProductKey.vbs

VBScriptを適用してWindows 11のプロダクトキーをバックアップ1

注:簡単に見つけられるように、このファイルをデスクトップに保存することをお勧めします。

Step 7.デスクトップでこのVBSファイルをダブルクリックして開きます。

Step 8.次のウィンドウで、Windowsのプロダクトキーが表示されます。「はい」をクリックしてファイルとして保存します。

VBScriptを適用してWindows 11のプロダクトキーをバックアップ2

4.PowerShellを実行してプロダクトキーを見つける

ステップ1.検索ボックスに「PowerShell」と入力します。

ステップ2.Windows PowerShellが表示されたら、それを右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

ステップ3.「ユーザーアカウント制御」が表示されたら、「はい」をクリックしてPowerShellを実行します。

ステップ4.ウィンドウに次のコマンドを入力するか、コピーして貼り付けて、「Enter」キーを押します。

powershell "Get-WmiObject - query ‘select * from SoftwareLicensingService’).OA3xOriginalProductKey"

Windows 11のプロダクトキーが表示されます。

Windowsのプロダクトキーを確認するための追加オプション

#1.プレインストールされたWindows 11 PCのステッカー

プレインストールされたWindows 11コンピューターを購入した場合、ほとんどの場合、PCまたはラップトップのパッケージから情報を取得できます。

ラップトップ:デバイスの底面を確認します。

PC:ディスプレイの背面を確認します。

#2.メールまたは注文情報

WindowsをAmazonまたはMicrosoftストアから購入する場合、電子メールまたは注文情報が送信されます。それを確認することでプロダクトキーを取得できます。

まとめ

この記事では、スマートな機能が付いたEaseUS Key Finderと他の信頼できる手動な方法を紹介しました。お気に入りのものを1つ選択してください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>