> How to Use > ファイルロッカー > Windows 11/10でOneDriveのフォルダーをパスワードで保護する

Windows 11/10でOneDriveのフォルダーをパスワードで保護する

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ファイルロッカー | 2021年10月27日に更新

概要:

OneDriveでフォルダーをパスワードで保護するには、適用のツールを使う必要があります。本文では、Personal Vault及びもっと簡単なツールを使って、OneDrive上のフォルダーを簡単にパスワードで保護する方法を皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windowsのユーザーは、OneDriveというオンラインストレージサービスを知っているのでしょう。 ご存じのように、Google DriveとOneDriveは最も人気のクラウドストレージとして、多くのユーザーに利用されています。Google Driveに比較すると、OneDriveはWindowsオペレーティングシステムに内蔵しているので、Windows搭載のパソコンに完璧に互換しています。OneDriveを使うと、全てのフォーマットのファイルをクラウドドライブにアップロードしてバックアップすることができます。OneDrive上のフォルダーのセキュリティをより一層強化する場合は、Personal Vaultを使う必要があります。

OneDriveパスワード保護

OneDriveのPersonal Vaultとは?

Personal Vaultは、2019年以降、OneDriveに追加した新しいセキュリティ機能です。Personal Vaultを有効にすると、OneDrive上のファイルにアクセスするには、指紋、顔、PIN、Microsoft Authenticatorアプリ、コードなどによって本人確認を行う必要があります。つまり、Personal Vaultを有効にした場合、本人確認ができない場合は、OneDrive上のファイルにアクセスすることができません。

また、スマホ用のPersonal Vaultアプリは、ドキュメントをスキャンしたり、写真を撮ったり、ビデオを撮影したりして、それをPersonal Vaultに直接にアップロードすることができます。Windowsパソコン用のPersonal Vaultで、セキュリティを強化するには、それらのデータをbitlockerによってロックされたドライブに同期することもできます。

OneDriveもしくはMicrosoft 365のサブスクリプションを利用している場合、Personal Vaultを無料で利用することができます。そうでない場合は、1.99米ドル/月の価格で標準プランをサブスクリプション購入する必要があります。

Personal VaultでOneDriveのフォルダーをパスワードで保護する方法

次は、Personal Vaultを使ってOneDrive上のフォルダーをパスワードで保護する詳細方法を皆さんに紹介します。

ステップ1.Personal Vaultを初めて利用する場合、最初の認証を行う必要があります。通常、Windows 10/10のファイルエクスプローラーでOneDriveを開くと、Personal Vaultのショートカットがあります。それを開いて、ウィザードに従って、セットアップしましょう。

onedrive-personal-vaultでフォルダーをパスワードで保護するステップ1

ステップ2.「Personal Vault」を開くと、OneDriveアプリが開きます。そこで、Personal Vaultを再度選択します。パスコードが求められる場合、入力します。

onedrive-personal-vaultでフォルダーをパスワードで保護するステップ2

ステップ3.Personal Vaultを右クリックして、「アップロード」をクリックして、ファイル、またはフォルダーを選択します。

onedrive-personal-vaultでフォルダーをパスワードで保護するステップ3

ステップ4.アップロードするファイルを選択して、「開く」をクリックしてアップロードします。

OneDriveのフォルダーをパスワードで保護するもっと簡単な方法

Personal VaultでOneDriveのフォルダーをパスワードで保護する方法は非常にややこしいのです。それに、本人確認のプロセスも非常に手間や時間がかかります。また、OneDrive、またはMicrosoft 365をサブスクリプション購入していない場合、利用することもできません。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

実際には、OneDrive上のフォルダーをパスワードで保護する方法といえば、もっと便利なツールがあります。EaseUS LockMyFileは、非常に強力的なファイルロックソフトとして、内蔵ディスク、外付けHDD及びOneDriveなどのクラウドドライブ上のファイル、フォルダーをパスワードで保護することができます。

主な機能:

  • パスワードとパスワードバックアッププランを1回のみで設定可能
  • 個々の写真、ビデオ、ドキュメント、およびフォルダの保護に限らず、ディスクドライブ全体をパスワードで保護/ロック可能
  • 無料試用版でもファイルの数的な制限なし
  • より強力な保護のために、いつでもパスワードを変更可能
  • OneDriveフォルダー/ファイルをロック可能

それでは、次の簡単な操作手順を参照して、OneDrive上のフォルダーをパスワードで保護しましょう。

ステップ1.EaseUS LockMyFileを立ち上げ、ローカルHDDの下で「保護」→「フォルダを保護」の順にクリックします。外付けHDDのフォルダーをロックする場合は、「外付けメディア」で「保護」を選択します。

フォルダー保護ステップ1

ステップ2.フォルダの選択がポップアップされます。ここで保護したいフォルダーを選択します。

フォルダー保護ステップ2

ステップ3.選択したフォルダーがすぐ保護されるようになります。保護状態を解除するには、「保護を解除」ボタンをクリックします。

フォルダー保護ステップ3

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

結論

OneDriveファイルとフォルダーを保護するために、本文で紹介した方法のいずれかを使用して、行うことができます。OneDriveのPersonal Vaultはクラウドサービス内にあるため、初めてセットアップするのに多少の苦労する必要がありますが、わざわざダウンロードしてインストールする必要はありません。また、EaseUS LockMyFileのようなサードパーティのフォルダーロッカーを使うと、使い方はもっと簡単で、より安全にOneDriveを保護することができます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>