> How to Use > ファイルロッカー > 方法5選|Windows 11/10/8/7でフォルダーをロックする

方法5選|Windows 11/10/8/7でフォルダーをロックする

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ファイルロッカー | 2021年08月13日に更新

概要:

フォルダーに重要なファイルか、機密なファイルが含まれている場合は、そのフォルダーをロックして、他人にアクセスされないようにすることができます。それでは、Windows 11/10/8/7でフォルダーをロックするには、どうしたらいいですか?本文では、効率的な方法を5つまとめて皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

パソコンでは、ビジネスドキュメント、個人データなど重要なファイルが常に保存されています。これらのデータを漏洩することを防ぐため、そのフォルダーをパスワードでロックするのは、一番効率的な方法だと思われています。

それでは、フォルダーをロックするには、どうしたらいいですか?次は、効果的な対策を5つ紹介するので、本文の内容を読み続けてください。

パソコンでファイル/フォルダーをロックすることが可能?

パソコンでファイルやフォルダーをロックするには、ファイルロックソフトを使う必要があります。ネットワークで適切なツールを見つければ、作業を簡単に進めることができます。

ただし、作業を進める前に、ファイルロックとフォルダーロックとの相違点を知っておく必要があります。下記は、この2つを比較して皆さんに開設します。

ファイルロックとフォルダーロック、どちらがいい?

比較 フォルダーロック ファイルロック
メリット
  • 複数ファイルを一括にロック可能
  • 時間節約
  • 単一のファイルをいち早くロック可能
デメリット
  • 単一ファイルをロックできない
  • 複数ファイルのロックを処理不可能
  • 時間がかかる

上記の内容から、時間を節約し、複数のファイルを同時にロックして保護したい場合は、フォルダーロックが適切な対策です。もし、1つのドキュメントのみをロックしたい場合は、ファイルロックで単一ファイルをロックかかってみましょう。

2021最新対策:Windowsでフォルダーをロックする方法

Windowsパソコンでフォルダーをロックしてファイルを保護する場合は、まずは新しいフォルダーを新規作成して、重要なデータを全部それに入れることがおすすめです。そして、本文で紹介する効果的な対策を参照してそのフォルダーをロックします。

1.フォルダーパスワードソフトでフォルダーをロックする

必要時間:1-2分間

ツール:フォルダーパスワード保護ソフト-EaseUS LockMyFile

EaseUS LockMyFileは、EaseUSソフトウェアによって新規に開発されたデータセキュリティ対策ソフトとして、Windowsのパソコンでパスワードを設定して、フォルダー/ファイル/ドライブを保護することができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

このソフトは、フォルダーやファイルを保護できるだけではなく、下記の多数の機能にも対応しています。

  • 内蔵ディスク及びその中のフォルダー/ファイルを非表示
  • 内蔵ディスク及びその中のフォルダー/ファイルをロック
  • 内蔵ディスク及びその中のフォルダー/ファイルを保護
  • 外付けhddでファイルやフォルダーを非表示
  • 外付けhddでファイルやフォルダーをロック
  • LANでの共有フォルダーをロック
  • 不要なファイルやフォルダを完全抹消

ステップ1.EaseUS LockMyFileを立ち上げ、ローカルHDDの下で「ロック」→「フォルダーをロック」の順にクリックします。外付けHDDのフォルダーをロックする場合は、「外付けメディア」で「ロック」を選択します。

フォルダーをロックするステップ1

ステップ2.ここでロックするフォルダーを選択します。

フォルダーをロックするステップ2

ステップ3.フォルダーを選択すると、フォルダーはすぐロックされます。

ご案内:パスワードの設定は、ソフトを初めて立ち上げる時に行います。パスワードが忘れてしまった場合、メールアドレスで取り戻すこともできるので、とても安心です。

フォルダーをロックするステップ3

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

2.バッチファイルでフォルダーをロックする

必要時間:3-5分間

ツール:txtバッチファイル-手動でフォルダーをロックする方法

もしサードパーティーのプログラムを利用したくない場合、txtバッチファイルを作成して、それをターゲットフォルダーに保存することで、ロックすることも実現されます。

操作手順:

ステップ1.ロックしたいフォルダーで右クリックして「新規作成」→「テキストドキュメント」の順にクリックします。

batファイルでフォルダーをロックするステップ1

ステップ2.下記の内容をテキストファイルにコピーしてください:

cls

@ECHO OFF

title Folder Locker

Advertisement

if EXIST "Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}" goto UNLOCK

if NOT EXIST Locker goto MDLOCKER

:CONFIRM

echo Are you sure u want to Lock the folder(Y/N)

set/p "cho=>"

if %cho%==Y goto LOCK

if %cho%==y goto LOCK

if %cho%==n goto END

if %cho%==N goto END

echo Invalid choice.

goto CONFIRM

:LOCK

ren Locker "Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}"

attrib +h +s "Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}

echo Folder locked

goto End

:UNLOCK

echo Enter password to Unlock folder

set/p "pass=>"

if NOT %pass%==Your-Password-Here goto FAIL

attrib -h -s "Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}"

ren "Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}" Locker

echo Folder Unlocked successfully

goto End

:FAIL

echo Invalid password

goto end

:MDLOCKER

md Locker

echo Locker created successfully

goto End

:End

ステップ3.上記の内容でYour-Password-Hereを見つけて、それをパスワードに置き換えます。例えば、123456789をパスワードとして設定したい場合は、Your-Password-Hereを123456789に置き換える必要があります。

batファイルでフォルダーをロックするステップ3

ステップ4.メモ帳で「ファイル」→「名前を付けて保存」の順にクリックします。

ステップ5.ここでファイルの保存ウィンドウが表示され、ファイルの種類で「すべてのファイル」をクリックして、ファイル名を「FolderLocker.bat」に変更して、保存ボタンをクリックします。

batファイルでフォルダーをロックするステップ5

ステップ6.作成したFolderLocker.batファイルをクリックして、Lockerフォルダーが自動的に生成されます。

batファイルでフォルダーをロックするステップ6

ステップ7.パスワードでロックしたいファイルをLockerフォルダーに保存して、再びFolderLocker.batファイルをクリックします。ここでコマンドプロンプトのウィンドウが表示されます。ここでYを入力して、エンターキーを押します。

batファイルでフォルダーをロックするステップ7

ステップ8.ここでLockerフォルダーがロックされました。

フォルダーのロックを解除するには、FolderLocker.batファイルをクリックして、表示されるコマンドプロンプトのウィンドウで設定したパスワードを入力する必要があります。

batファイルでフォルダーをロックするステップ8

3.Windows内蔵ツール-フォルダーのプロパティを暗号化する

必要時間:1-3分間

ツール:Windows内蔵ツールのフォルダーのプロパティ

フォルダーのプロパティはWindowsの内蔵ツールとして、フォルダーの詳細情報や設定を確認し、変更することができます。このツールを使ったら、フォルダーを暗号化してロックすることもできます。

操作手順

ステップ1.ロックしたいフォルダーを右クリックして「プロパティ」を選択します。

プロパティでフォルダーをロックするステップ1

ステップ2.一般」タブで「詳細設定」ボタンをクリックします。

プロパティでフォルダーをロックするステップ2

ステップ3.内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」をチェックして、「OK」ボタンをクリックします。

プロパティでフォルダーをロックするステップ3

4.圧縮ソフトでフォルダーをロックする

必要時間:2-5分間

ツール: WinRAR, 7 Zipなどの圧縮ソフト

皆さんも圧縮ファイルを開くときに、パスワードが求められることを経験しましたね。実際には、ロックしたいフォルダーで圧縮ファイルを作成して、パスワードを設定してロックする方法も非常に簡単です。

ここで7 Zipを例にとって、フォルダーをロックする方法を紹介します。

操作手順

ステップ1.ロックしたいフォルダーを右クリックして、「7-Zip」→「Add to archive」の順にクリックします。

圧縮ソフトでフォルダーをロックするステップ1

ステップ2.ここで圧縮ファイルの作成の設定ウィンドウが表示されます。「Encryption」のところで、圧縮ファイルのパスワードを設定することができます。

圧縮ソフトでフォルダーをロックするステップ2

ステップ3.パスワードを設定すると、「OK」ボタンをクリックして、パスワードによってロックされているファイルが自動的に生成されます。

5.フォルダーを非表示する

必要時間:1-3分間

ツール:フォルダーのプロパティの非表示オプション

最後に、フォルダーをパソコンで非表示される方法を紹介します。

操作手順

ステップ1.フォルダーを右クリックして「プロパティ」をクリックします。

フォルダーを隠すステップ1

ステップ2.「一般」タブで「隠しファイル」をチェックして、「OK」ボタンをクリックします。

フォルダーを隠すステップ2

ステップ3.ここで選択のフォルダーがロックされました。

隠しフォルダーを再表示するには、ファイルエクスプローラーの上部のメニューバーから「表示」タブをクリックして、「隠しファイル」をチェックするだけでよいのです。

ファイルの隠し状態を解除

個人情報を安全に保護:フォルダーを今すぐロックしましょう!

本文では、各違うフォルダーロックソフトを比較しました。多くのユーザーにとって、パソコンでロックしたいファイルがたくさん保存されています。このような場合は、フォルダーをロックするのは一番効率的な方法になります。

フォルダーをロックするには、本文では5つの有効対策をまとめて皆さんに紹介しましたので、自分の需要に応じて、一番適切なツールを選択しましょう。

また、パソコンにそんなに詳しくないユーザー、また経験があまりないユーザーにとって、EaseUS LockMyFileは一番使いやすくて、簡単にフォルダーをロックする対策となると思います。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>