> How to Use > ファイルロッカー > Windows 10で書き込み保護のファイルを削除する

Windows 10で書き込み保護のファイルを削除する

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ファイルロッカー | 2021年11月12日に更新

概要:

フォルダーのセキュリティを保護するために、フォルダーを完全に暗号化する必要が有ります。本文では、2021年間最高のフォルダーロッカーをみなさんにお勧めします。このツールを使って、フォルダーを完全にロックしたり、暗号化したりすることができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

書き込み保護状態のファイルであれば、閲覧以外に、なんの操作を行う事もできません。また、USBドライブ、sdカードが書き込み保護の状態になった場合、その中に保存されているを編集する事もできなくなりますし、それらのデバイスからデータを削除する事もできなくなります。また、新しいデータをデバイスに追加する事もできません。

ファイル、またはストレージデバイスが書き込み保護な状態になった原因はたくさんあります。例えば、ウィルスへの感染、不正確な設定、またはデバイス上のロックスイッチをインにすることなどもファイルやデバイスを書き込み保護にすることができます。

方法1.ロックスイッチをオフにする

USBメモリ、またはsdカードが書き込み保護な状態になった場合、一番先に確認できるのは、デバイスにロックスイッチがあることです。ロックスイッチがオンにしている場合は、それをオフの側にしてください。

ロックスイッチがついているUSB

方法2.ファイルエクスプローラーで書き込み保護のファイルを削除する

Windows搭載のパソコンで書き込み保護のファイルを削除したい場合は、ファイルエクスプローラーを使って実現できます。次は詳細な操作ガイドですので、ご参照ください。

ステップ1.書き込み保護のファイルを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

ステップ2.「全般」タブで「読み取り専用」のチェックを外し、「OK」をクリックします。

ファイルの読み取り専用のチェックを外す

ステップ⒊ここでファイルの書き込み保護を解除して、削除することができるようになります。

方法3.USBドライブとsdカードの書き込み保護状態を解除する

USBドライブ、またはsdカードにロックスイッチがなくても、書き込み保護状態になった場合、この方法を参照して、書き込み保護の状態を解除できます。

ステップ1.Windows + Rキーを同時に押して、「regedit」を入力することで、レジストリエディタを開きます。

ステップ2.次のパスに移動します。

  • Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\StorageDevicePolicies

StorageDevicePoliciesというフォルダーがない場合は、Controlフォルダーを右クリックして、「新規」→「キー」からStorageDevicePoliciesフォルダーを新規に作成できます。

ステップ3.「WriteProtect」という項目をダブルクリックして、その値のっデータを0から1に変更します。

StorageDevicePoliciesフォルダーが新規に作成された場合は、それを右クリックして、「新規」→「DWORD (32ビット)値」の順に、新しい値を作成します。そして、この値の名前をWriteProtectに変更します。

レジストリエディタで書き込み保護を解除

ステップ4.OKボタンをクリックして変更を保存します。それから、パソコンを再起動して、ファイルを変更できるかどうかを確認します。

方法4.全てのファイルとアプリを閉じる

もし上記の対策は全部役に立たない場合、この方法は最後の手段として試してみましょう。現在、バックグラウンドで開いている全てのプログラムとファイルを閉じて、パソコンを再起動します。パソコンが再起動すると、書き込み保護のファイルを編集できるかどうかを確認します。この方法は非常にシンプルですが、時々非常に有効です。

ヒント:ファイル名の変更を防止する方法

多くのユーザーはファイルの書き込み保護状態は1つの問題だと思っているにもかかわらず、ファイルを保護できます。例えば、ファイルを書き込み保護にすると、名前の変更や編集の誤操作を防ぐすることができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ここでファイルを読み取り専用にする最も簡単な対策をみなさんに紹介します。それは、EaseUS LockMyFileです。このツールを使うことで、たったの1クリックで、ファイル、フォルダー、ドライブを読み取り専用にすることができます。下記のダウンロードボタンから、このツールを無料で取得することができます。

手順 1.EaseUS LockMyFileを起動し、メールアドレスを入力して、登録するパスワードを設定します。

フォルダ保護1

手順2.ローカルHDDの下にある[保護]をクリックします。右側のパネルからファイル 、フォルダ、 またはドライブの保護を選択します。

フォルダ保護1

A.特定の場所からファイルまたはフォルダーを追加します。

フォルダ保護2

B. [ドライブの保護]をクリックして、保護するドライブを追加します。ドライブを選択し、[ OK ]をクリックします。

フォルダ保護4

手順3. 保護するファイル、フォルダ、およびドライブを確認してください。

フォルダ保護5

ノート:選択したファイル、フォルダ、またはドライブのパスワード保護を解除する場合は、ターゲットデータにチェックマークを付けて、[保護解除]ボタンをクリックします。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

豆知識:Windowsのファイルとフォルダーのアクセス許可の状態一覧

ファイルの書き込み保護問題のコアは、ファイルのアクセス許可が変更されたことにあります。次は、さまざまなアクセス許可の状態をみなさんに解説していきたいと思います。

  • 読み取り:コンテンツの表示とアクセスを許可します。
  • 書き込み:ファイルコンテンツの編集またはフォルダーへのファイルの追加を許可します。
  • 読み取りと実行:ファイルのコンテンツとフォルダーのファイルおよびサブフォルダーの表示とアクセスを許可します。
  • フォルダの内容の一覧表示:ファイルとサブフォルダの表示と一覧表示、およびファイルの実行を許可します。
  • 変更:コンテンツの読み取りと書き込みを許可します。ファイルとフォルダの削除を許可します。
  • フルコントロール:ファイル、フォルダー、およびサブフォルダーの読み取り、書き込み、変更、および削除を許可します。

結論

本文では、ファイルの書き込み保護状態について様々な内容を紹介しました。もしファイルやストレージデバイスが書き込み保護状態になった場合、ロックスイッチを確認したり、ファイルエクスプローラーでファイルの状態を変更したり、レジストリエディターで値のデータを変更したりすることで、その状態を簡単に解除できます。

また、ファイルやフォルダーを保護、ロック、または非表示にする場合は、EaseUS LockMyFileをダウンロードして試してみてください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>