> How to Use > ファイルロッカー > メール/ネット経由でドキュメントを安全に送信する方法

メール/ネット経由でドキュメントを安全に送信する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: ファイルロッカー | 2021年11月10日に更新

概要:

メール/ネット経由でドキュメントを安全に送信するにはどうしたらいいですか?本文では、Windows及びmacOSで安全にドキュメントを共有して送信する方法を皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

会社にとっても、個人にとって、データのセキュリティはいつも非常に重要なことです。だから、ネットやメールで他人に送信するドキュメントをも可能な限り保護する必要があります。ドキュメントを他人に共有する場合、安全な方法を使用してドキュメントをパスワードで保護すると、情報を堅く守ることもできると言われています。

それでは、ネットワーク、またはメールでドキュメントを安全に送信する方法は何ですか?ドキュメントを外付けHDDに入れて、直接に相手に渡すことしかありません。それ以外、ドキュメントを暗号化したり、パスワードで保護したりしてから、他人に共有するのも、非常に有効な対策です。

本文では、ドキュメントを安全に暗号化する方法を4つも皆さんに説明します。WindowsとMacパソコンでまず送信したいドキュメントをパスワードで保護してから、送信しましょう。

1.Microsoft Officeドキュメントをパスワードで保護して安全に送信する

Microsoft Officeの各ツールは、日常業務で一番良く使われているものです。Word、Excel、またはPPTファイルを他の人に送信したい場合は、USBフラッシュドライブを介して直接に渡すのは非常に万全な手段ですが、直接に渡せない場合は、ソフト内蔵の暗号化ツールを使って、ファイルを暗号化してから、メールで他人に送信するのは、ドキュメントのセキュリティを確保することができます。

Microsoft Officeの利用の注意事項:

ファイルを暗号化すると、ドキュメントを開くたびに、毎回もパスワードを入力する必要があります。
パスワードを忘れた場合、ファイルの暗号化解除ができなくなるので、パスワードを安全に保管する必要があります。

それでは、下記の詳細な操作手順を参照して、Word、Excel、またはPPTファイルをパスワードで暗号化しましょう。

ステップ1.Word、Excel、パワポファイルなどの重要なOfficeドキュメントファイルを開きます。(ここでは、例としてWordを説明します。)

ステップ2. [ファイル]> [情報][文書の保護]をクリックし ます。

 Officeドキュメントをパスワードで保護して安全に送信する1

ステップ4.パスワードを入力して確認し、[ OK ]をクリックします。

ステップ3.[文書の保護]> [パスワードを使用して暗号化]をクリックし ます。

 Officeドキュメントをパスワードで保護して安全に送信する2

2.Windowsの内蔵機能を使ってファイルを暗号化して送信する

Windows搭載のパソコンでファイル、フォルダーを暗号化するには、Windowsの内蔵機能の「プロパティ」を使うこともできます。このツールを使う場合、サードパーティーのプログラムをダウンロードしてインストールする必要がありません。

Windowsのプロパティの暗号化機能を使うヒント:

この機能は、Windows 10 Pro、Windows 8 Pro、またはWindows 8Enterpriseでのみ使用できます。Windows 10 Homeユーザーの場合、コンピューターにこの機能はありません。ただし、サードパーティのファイルロックツールを使用して、ファイルを簡単に暗号化できます。暗号化されたパスワードを紛失すると、暗号化されたファイルは永久に失われます。したがって、パスワードを安全に保管する必要があります。

それでは、下記の手順を参照して、フォルダー、ファイルのプロパティの暗号化機能を使いましょう。

ステップ1.ロックしたいファイルを右クリックして「プロパティ」を選択します。

Windowsの内蔵機能を使ってファイルを暗号化して送信する1

ステップ2.「一般」タブで「詳細設定」ボタンをクリックします。

Windowsの内蔵機能を使ってファイルを暗号化して送信する2

ステップ3.「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」をチェックして、「OK」ボタンをクリックします。

Windowsの内蔵機能を使ってファイルを暗号化して送信する3

3.ファイルロックソフトで全てのドキュメントをパスワードを保護して安全に送信する

EaseUS LockMyFileは、シンプルで強力なファイルロックツールとして、Windows 11/10のローカルディスクまたは外部(USB)ディスク上のフォルダー、ファイルを暗号化してパスワードで保護できます。また、Windowsセーフモードから起動しても、ファイルが見えないようにする強力なファイル/フォルダー非表示機能も搭載しています。

また、EaseUSLockMyFileは、高度なAES暗号化アルゴリズムを使用して、ファイルまたはフォルダーをパスワードで暗号化するので、フォルダまたはファイルをパスワードで保護した後は、パスワードなしでの変更、削除、または名前変更などの操作も行うことができなくなります。

それでは、このEaseUS LockMyFileをダウンロードして、今すぐドキュメントを保護して、メールもしくはネット経由で送信しましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.「easeus」を人力して、EaseUS LockMyFileを起動します。その登録メールやライセンスコードを人力します。

パスワード人力

ステップ2.左側に「一般」>「暗号化」>「ファイルを追加」または「フォルダを追加」を選択します。

ファイル暗号化手順2

ステップ3.パスワードを設定する必要があるファイルを選択して、「OK」をクリックします。

暗号化ファイルを選択

ステップ4.暗号化モードを選択します。  [  gflに暗号化] または [ exeに暗号化]を選択し、暗号化を開始します。

暗号化モード選択

ステップ5.ファイルの保存場所を参照し、暗号化されたファイルまたはフォルダーの名前を変更し、[保存 ]をクリックして暗号化されたファイル/フォルダーを保存します。

暗号化ファイルを保存
 

4.Macでディスクユーティリティでドキュメントを暗号化して安全に送信する

Macパソコンでドキュメントを暗号化したい場合は、下記のステップを参照しましょう。

ステップ1.暗号化したいファイルを全部1つのフォルダーに入れます。

ステップ2.launchpadをクリックして、「そのほか」フォルダーで「ディスクユーティリティ」を開きます。

ステップ3.右上のメニューから、「ファイル」「新規イメージ」「フォルダからイメージの作成」の順に選択します。

Macでディスクユーティリティでドキュメントを暗号化して安全に送信する3

ステップ4.ここで暗号化したいフォルダーを選択します。

ステップ5.暗号化のドロップダウンリストから「128ビットAES暗号化(推奨)」を選択します。

Macでディスクユーティリティでドキュメントを暗号化して安全に送信する2
ステップ6.ここでパスワードを入力して「選択」をクリックします。確認のため、ここでパスワードを2回連続入力する必要があります。

Macでディスクユーティリティでドキュメントを暗号化して安全に送信する3

ステップ7.最後に、「保存」ボタンをクリックして、フォルダーにパスワードを設定することができます。

そして、暗号化されたフォルダーをGoogleドライブ/iCloudドライブにアップロードするか、メールで他人に共有するとしても、このフォルダーのセキュリティが完全に保護されます。

ヒント:大切なドキュメントを送信する最も安全な方法

非常に大切なドキュメントを他人に共有する場合、そのファイルのセキュリティを確保するために、下記のヒントを参照することができます。

  • 電子メールまたはWiFi経由で機密文書を送信しないでください。
  • ウイルス対策ソフトウェアを使用してコンピューターを毎日スキャンします。
  • 送信するドキュメントをスキャンしてウイルスを消去します。
  • 事前に書類のバックアップを取ります。
  • オンラインドキュメント暗号化ツールの使用は避けます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>