> How to Use > ファイルロッカー > 方法3選|Windowsでファイルをロックする方法

方法3選|Windowsでファイルをロックする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ファイルロッカー | 2021年08月13日に更新

概要:

他人に見せたくないファイルがある場合、それらのファイルをロックする必要があります。本文では、自分にとって重要なファイルや機密なファイルを簡単にロックする方法を皆さんに紹介します。複数の方法も紹介するので、自分の需要に応じて適切な方法を選択しましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

他人に見せたくないファイル、または、ビジネスパートナーに送信するドキュメントのセキュリティを保証するには、それらのファイルをロックするのは一番有効な対策だと思われています。

コンピューターでファイルをロックする方法とは

ビジネス関係のファイルをどうやって他人に共有していますか?オンラインで直接に送信するか、もしくはメールやクラウドサービスを利用して共有していますか?しかし、このような方法でファイルを共有すれば、とてもリスクがあります。ファイルがネットワーク上で転送される中に、ハッカーはそのプロセスを監視して、ファイルのセキュリティ問題がある可能性があります。だから、このような重要なファイルにパスワードを設定してロックする必要があります。

それでは、Windows 11/10/8/7で重要なファイルをロックするには、どうしたらいいですか?本文では、人気のファイル暗号化ツール、パスワード保護ソフトを使ってファイルを簡単にロックする方法を皆さんに紹介します。

次は、Windowsユーザーに対して、ファイルにパスワードを設定して、固く保護できる3つの方法を皆さんに紹介します。

Windowsでファイルをロックする方法3選

ここでは、Windowsのユーザーにファイルを簡単にロックする方法を3つまとめて皆さんに紹介します。

方法1.パスワード保護ソフトでファイルをロックする

必要時間:1-2分間

必要ツール:パスワード保護ソフトの EaseUS LockMyFile

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ここで一番先に EaseUS LockMyFileとのファイルロックソフトをお勧めする理由といえば、このソフトは、ファイルやフォルダーを完全に暗号化できるだけではなく、ファイルの固く保護することに関する様々な機能も実現されます。

  • 内蔵ディスク及びその中のフォルダー/ファイルを非表示
  • 内蔵ディスク及びその中のフォルダー/ファイルをロック
  • 内蔵ディスク及びその中のフォルダー/ファイルを保護
  • 外付けhddでファイルやフォルダーを非表示
  • 外付けhddでファイルやフォルダーをロック
  • LANでの共有フォルダーをロック
  • 不要なファイルやフォルダを完全抹消

ステップ1.EaseUS LockMyFileを立ち上げ、ローカルHDDの下で「ロック」→「ファイルをロック」の順にクリックします。外付けHDDのファイルをロックする場合は、「外付けメディア」で「ロック」を選択します。

ファイルをロックするステップ1

ステップ2.ここでロックするファイルを選択します。

ファイルをロックするステップ2

ステップ3.ここで選択したファイルはすぐロックされます。パソコンでこのファイルを開く時に、設定したパスワードが求められます。

ご案内:パスワードの設定は、ソフトを初めて立ち上げる時に行います。パスワードが忘れてしまった場合、メールアドレスで取り戻すこともできるので、とても安心です。

ファイルをロックするステップ3

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

方法2.内蔵ツールでファイルを暗号化する

必要時間:2-3分間

必要ツール:ファイルのプロパティの暗号化ツール

Windowsでは、ファイルのセキュリティを保証するには、ファイルのプロパティで暗号化ツールがあります。サードパーティーのプログラムを利用したくない場合、この内蔵ツールを使って、ファイルを暗号化してロックすることもできます。

ステップ1.ロックしたいファイルを右クリックして「プロパティ」を選択します。

プロパティでファイルをロックするステップ1

ステップ2.「一般」タブで「詳細設定」ボタンをクリックします。

プロパティでファイルをロックするステップ2

ステップ3.「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」をチェックして、「OK」ボタンをクリックします。

プロパティでファイルをロックするステップ3

3.圧縮ソフトでファイルをロックする

必要時間:2-5分間

ツール: WinRAR, 7 Zipなどの圧縮ソフト

暗号化された圧縮ファイルを作成することで、ファイルを簡単にロックすることもできます。例えば、ネットからダウンロードした圧縮ファイルを開くときに、パスワードが求められることがよく見られるのでしょう。だから、このように、保護したいファイルをまとめて圧縮ファイルを作成する場合、簡単にパスワードによってロックすることができます。

ここで7 Zipを例にとって、フォルダーをロックする方法を紹介します。

操作手順

ステップ1.ロックしたいファイルを右クリックして、「7-Zip」→「Add to archive」の順にクリックします。

圧縮ソフトでフォルダーをロックするステップ1

ステップ2.ここで圧縮ファイルの作成の設定ウィンドウが表示されます。「Encryption」のところで、圧縮ファイルのパスワードを設定することができます。

圧縮ソフトでフォルダーをロックするステップ2

ステップ3.パスワードを設定すると、「OK」ボタンをクリックして、パスワードによってロックされているファイルが自動的に生成されます。

ご案内:この方法を使用してファイルをロックする場合、元のオリジナルファイルがロックされないので、オリジナルファイルを完全に抹消する必要があります。

Windowsで今すぐファイルをロックしましょう

本文では、Windowsでファイルを簡単にロックできる対策を3つまとめて紹介しました。いずれかの対策も非常に役立つと思います。

各異なるシチュエーションによって、ここでアドバイスをしたいと思います。

  • 内蔵ディスク、外付けhdd、まったネットドライブでのファイルやフォルダーをロックしたい場合、EaseUS LockMyFileを選択しましょう。
  • Windowsコンピューターで保存されているドキュメントのセキュリティを保証したい場合は、内蔵のツールを使用したほうが良い。
  • 大容量ファイルを圧縮ファイルにしてパスワードを設定したい場合は、圧縮ソフトを使うとよいのです。

本文の内容を参照して、ファイルをロックするのは非常に簡単な作業になります。だから、もし機密情報と重要なファイルをまだロックしていない場合は、今すぐロックをかけてみましょう。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>