> How to Use > ファイルロッカー > 方法3選|パスワードでメモ帳のテキストファイルを保護する

方法3選|パスワードでメモ帳のテキストファイルを保護する

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ファイルロッカー | 2021年10月15日に更新

概要:

大切なメモ帳のテキストファイルをパスワードで保護することができますか?パソコンに大切なテキストファイルがある場合は、本文の内容を参照して、3つの異なる方法でメモ帳のtxtファイルをパスワードで保護することができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

次回では、ワード文書とエクセルファイルを暗号化する方法を説明しました。今回は、Windowsで広く使われているメモ帳のテキストファイルをパスワードで保護する方法を皆さんに紹介したいと思います。Windows 11、またはWindows 10では、メモ帳のファイルをパスワードで簡単に保護できる効果的な方法はありませんか?

ご存じのように、Microsoft Officeには、ドキュメントをパスワードで保護する機能があります。例えば、ワードでは、メニューから「ファイル」→「情報」→「ドキュメントの保護」→「パスワードで暗号化」の順にクリックすれば、ドキュメントを保護できます。こうすると、パスワードがないと、誰でもこのファイルを開いたり、編集したりすることができません。それでは、メモ帳の場合はどうですか?Windowsのメモ帳では、Officeのようなファイル保護オプションがありません。

それでは、メモ帳のファイルをパスワードで保護するには、どうしたらいいですか?ご心配なく、次は、メモ帳のファイルを簡単に暗号化できる対策を3つ紹介します。

方法1.Windowsのファイル暗号化ツールでメモ帳のファイルをパスワードで保護する

ここで、まずファイルのプロパティ中のファイル暗号化ツールを使用してメモ帳のファイルの暗号化を行う方法を皆さんに紹介します。このツールは、メモ帳のファイルだけではなく、全てのファイルを暗号化することができます。標準の暗号化キーを使って、ファイルの内容をアクセス不可にしたい場合は、この暗号化機能は十分だと思います。

それでは、下記のステップを参照して、メモ帳のファイルを内容が漏洩しないように保護しましょう。

ステップ1.txtファイルまたはフォルダーを右クリック (または長押し) して、[プロパティ] を選択します。

ステップ2.[詳細設定] ボタンを選択して、[内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する] チェック ボックスをオンにします。

内蔵のファイル暗号化ツールでテキストファイルを暗号化する

ステップ3.[OK] を選択して [属性の詳細] ウィンドウを閉じ、[適用]、[OK] の順に選択します。

方法2.WinRARでメモ帳のtxtファイルをパスワードで保護する

多くのユーザーは、WindowsパソコンでWinRARというツールを使って、データを圧縮しています。実際には、WinRARは、ES-256ビット暗号化テクノロジを使用して、データを暗号化することもできます。つまり、WinRARは、データを圧縮する時に、高度な暗号化アルゴリズムを使って、圧縮ファイルにパスワードを設定して保護することができます。

ステップ1.メモ帳のテキストファイルを右クリックして「書庫に圧縮」を選択します。

ステップ2.「圧縮方式」を「無圧縮」に指定して、右側の「パスワード」ボタンをクリックします。

winrarでテキストファイルを暗号化するステップ1

ステップ3.ここでパスワードを入力してから、確認のために再入力すると、「OK」ボタンをクリックします。

winrarでテキストファイルを暗号化するステップ2

方法3.EaseUSファイル暗号化ソフトでメモ帳のtxtファイルをパスワードで保護する

上記の2つの方法に加えて、ここでもっと簡単で直感的な方法を皆さんに紹介したいと思います。それは、EaseUSファイル暗号化ソフトEaseUS LockMyFileです。このソフトは、メモ帳のテキストファイルを含め、様々なファイルを簡単に暗号化したり、非表示したり、保護したりすることができます。ファイル以外、フォルダー、ドライブの保護を行うことをもサポートします。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
  • 非表示:PCからメモ帳ファイルを完全に非表示する
  • ロック:メモ帳ファイルにロックリストに追加して、開くことも変更することもできなくなる
  • 保護:メモ帳ファイルを表示できますが、変更することができまい
  • 暗号化:パスワードでメモ帳ファイルを保護する

それでは、次でEaseUS LockMyFileを使って、メモ帳のテキストファイルをパスワードで保護する詳細な操作手順を見てみましょう。

ステップ1.EaseUS LockMyFileを立ち上げ、ローカルHDDの下で「ロック」→「ファイルをロック」の順にクリックします。外付けHDDのファイルをロックする場合は、「外付けメディア」で「ロック」を選択します。

ファイルをロックするステップ1

ステップ2.ここでロックするファイルを選択します。

ファイルをロックするステップ2

ステップ3.ここで選択したファイルはすぐロックされます。パソコンでこのファイルを開く時に、設定したパスワードが求められます。

ご案内:パスワードの設定は、ソフトを初めて立ち上げる時に行います。パスワードが忘れてしまった場合、メールアドレスで取り戻すこともできるので、とても安心です。

ファイルをロックするステップ3

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

まとめ

本文では、Windowsでメモ帳フォルダをパスワードで保護する方法を3つ紹介しました。これらのいずれかの方法は、信頼性が高く、簡単な方法です。それに、メモ帳のファイルだけではなく、他の任意のフォーマットファイルをパスワードで保護する時にも適用されます。

Windows内蔵のファイル暗号化方式は、NTFSパーティションでのみ有効ですが、WinRARでメモ帳のテキストファイルを暗号化するには、ファイルを新しい圧縮ファイルに入れる必要があります。また、サードパーティのEaseUS LockMyFileは、ファイルを暗号化するための最も効率的で包括的なソリューションだと思われていますが、プログラムをダウンロードしてインストールすることが必要です。全ての方法は、それぞれのメリットとデメリットがありますので、自分にとって最も適切な方法を選択しましょう。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>