> How to Use > PDFの簡単編集 > 無料PDFオプティマイザーベスト7【2021年版】 - EaseUS

EaseUS PDF Editor

使いやすいオールインワンPDF編集ソフトで簡単にPDFを編集・変換する。

  • PDFファイルの合併、分割、挿入、抽出、ページ削除を簡単に実現可能
  • 簡単にPDFファイルを編集、圧縮、暗号化、サイン、OCR、注釈可能
  • PDFファイルをExcel、Word、Powerpoint、画像など様々なファイル形式に変換可能

pdf-editor

無料PDFオプティマイザーベスト7【2021年版】 - EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PDFの簡単編集 | 2021年09月06日に更新

概要:

高いパフォーマンスでPDFを最適化し、最小のファイルサイズに圧縮したいと考えている方へ。この記事では、PDFを最適化してファイルサイズを小さくしたり、ファイルサイズや画像に関するエラーを最小限に抑えたりするための7つの優秀なPDFオプティマイザーを紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

無料PDFオプティマイザーベスト7【2021年版】

PDFのサイズを縮小することは一般的ではありますが、ファイルを圧縮する際に品質が心配になるでしょう。PDFエディターには、そうした懸念を解決するPDF最適化機能が備わっています。その機能を使えば、もとの文書を維持したまま画像の解像度を下げることができます。一方、バッチの詳細設定では、より細かく編集することもできます。

1.EaseUS PDF Editor

対応: Windows 7/8/8.1/10

EaseUS PDF Editorは、PDF文書の最適化や圧縮など、有用な編集機能を高性能で提供する、信頼性の高いPDFエディターの一つです。このツールでは、オプティマイザー機能を使用して、対象のドキュメントを最適化することができます。このオプティマイザーは任意の圧縮機能として、ファイルサイズの縮小、余分な情報の削除、画質を落とさずに画像を圧縮するといった、最適化を行えます。

主な特徴

ダイアログボックスの詳細オプションを使用して、ファイルのサイズを小さくすることができます。

EaseUS PDF Editorのオプション

オプティマイザーでは、以下のような機能があり、PDFを扱う際に役立つでしょう。

1.画像

忠実度を維持しながら画像の解像度を下げることができます。Imagesパネルには、モノクロ画像の圧縮、画像のダウンサンプリングなどのオプションも用意されています。

2.フォント

フォントの埋め込みと非埋め込みを行います。もとのドキュメントと完全に一致させるためには、ドキュメントで使用されているすべてのフォントを埋め込むことが望ましいです。

3. オブジェクトを破棄する

PDFから削除するオブジェクトを指定できます。このエディタで作成したオブジェクトを破棄することができます。たとえば、すべてのフォーム送信、インポートおよびリセットアクション、フォームフィールドのフラット化などを破棄できます。

4. 個人情報を破棄する

他の人と共有される可能性のある個人情報を削除します。すべてのコメント、プライベートデータ、ドキュメント情報、添付ファイルを破棄できます。

5. クーリンアップ

ドキュメントから余分な項目を削除できます。ファイルに不要な要素を選択します。例えば、無効なリンクやブックマークなどを破棄できます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

オプティマイザーでは、圧縮されたPDFの要素を完全にコントロールすることができます。どのようにファイルを圧縮するかに基づいて、異なるオプションを設定することができます。それではPDFを最適化する手順を見てみましょう。

操作手順:

ステップ1.EaseUS PDF Editorを起動して、「ファイルを開く」をクリックして、編集したいファイルを導入します。

ファイルを開く

ステップ2.「圧縮」「現在の文章を最適化」をクリックします。

 PDF を 最適化する手順2

ステップ3.左側「設定」のところで「画像」、「フォント」、「オブジェクトを放棄」などのボックスにチェック入れます。設定すると、「OK」をクリックします。

 PDF を最適化する手順3
 

2. Adobe Acrobat DC Pro

対応: Windows、Mac

AdobeはもともとはPDFを作成する便利ツールです。AdobeのPDFオプティマイザー機能は、ファイルサイズを小さくする上での高度な設定を数多く提供しており、非常に便利です。既定の設定もしくはカスタムの設定を選ぶことができ、ユーザーはニーズに応じて効率的にファイルを最適化することができます。

唯一のデメリットは、購入価格が安くないことです。ただ、高度な機能を求めるのであれば、ドキュメントを細かくコントロールできるAdobeがおすすめです。

Adobe Acrobat DC Pro
メリット

  • 高い顧客満足度
  • PDFファイルを正確に変換
  • PDFの作成、記入、署名が簡単に行える

デメリット

  • 購入価格が高い
  • 一部の機能が煩雑

3. Nitro PDF

対応: Windows

Nitro Proは、効率的にファイルサイズを縮小することができます。無駄なオブジェクトの破棄、無効なリンクの削除、画像の圧縮など、PDFを最適化する際に便利なオプションが搭載されています。「Optimize」をクリックするだけで、自由にカスタムしてファイルを圧縮することが可能です。また、バッチ処理機能により、他の人との共有も簡単です。

Nitro PDF

メリット

  • 無料PDF圧縮ツール
  • テキストや画像の追加・削除・修正
  • 記入可能なフォームスクラッチの作成
  • PDFの共有リンク作成

デメリット

  • フル機能版は有料

4. PDF Online

対応: オンライン

このオンラインツールは、インストール不要で、圧縮に関する高度な設定を行うことができます。画像、フォント、構造の設定することで、理想の品質を維持しながらファイルサイズを縮小します。ファイルをページにドラッグ&ドロップするだけで、ドキュメントを迅速に最適化できます。また、オンラインのテキスト抽出ツールを使えば、テキスト、画像、ブックマーク、注釈など、PDF内のアイテムを抽出することも可能です。

PDF Online

メリット

  • PDF文書の暗号化
  • バッチ変換
  • ブラウザでのPDFの表示と編集

デメリット

  • すべての機能を利用する場合は有料
  • ユーザー登録が必要

5. PDF2Go

対応: オンライン

PDF2Goは、ウェブ上でPDFを最適化できる無料オンラインエディターです。ファイルをこのツールにドロップするだけで最適化を行え、ウェブ共有、ストリーミング、web高速表示に役立つでしょう。

また、このツールを使えば、PDFの大部分を編集することができます。テキストや文中の注釈等の追加や削除といった編集機能があります。

PDF2Go

メリット

  • PDFのページサイズの変更
  • PDFの編集、結合、分割、回転
  • PDFの保護とロック解除

デメリット

  • 最適化の追加設定はない
  • ツールを無制限に利用できるのは有料版のみ

6. AvePDF

対応: オンライン

このエディターを使用してPDFを最適化すれば、Webでの表示を高速化できるでしょう。ファイルをWebサイトにドロップまたはアップロードするだけで、オンラインオプティマイザーが自動的にファイルを最適化してくれます。その後、ウェブ用に最適化されたPDFファイルをローカルにダウンロードしたり、クラウドストレージサービスに保存します。

さらに、最適化だけではなく、PDFの変換、編集、保護などの機能も備わっています。

 AvePDF

メリット

  • 豊富な機能と手頃な価格
  • 高い顧客満足度

デメリット

  • 一部の機能が複雑
  • 設定オプションに制限あり

7. PDF Resizer

対応: オンライン

このツールでも、PDFファイルの最適化、サイズ圧縮が可能です。例えば、容量制限を超えずに添付ファイルを共有したい場合に便利でしょう。品質を保証しながら、同時に最大50個のファイルをアップロードして最適化することができます。

 PDF Resizer

メリット

  • インストール不要
  • PDFローテーターツール
  • PDFのマージ、分割、サイズ変更

デメリット

  • 複合ファイルの最大サイズはわずか60MB
  • 設定数に制限あり

最後に

PDFエディターの最適化機能を使えば、効率的にファイルサイズを小さくすることができます。オプティマイザーの高度な設定により、ファイルを自由に圧縮することができます。その中でもEaseUS PDF Editorは、PDFを最適化するための効率的なPDF編集ソフトとしておすすめです。オールインワンの編集ソフトで、PDFを効果的に編集することが可能です。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>