> How to Use > PDFの簡単編集 > トップ8選|Mac/windows向け無料OCRツールおすすめ

EaseUS PDF Editor

使いやすいオールインワンPDF編集ソフトで簡単にPDFを編集・変換する。

  • PDFファイルの合併、分割、挿入、抽出、ページ削除を簡単に実現可能
  • 簡単にPDFファイルを編集、圧縮、暗号化、サイン、OCR、注釈可能
  • PDFファイルをExcel、Word、Powerpoint、画像など様々なファイル形式に変換可能

pdf-editor

トップ8選|Mac/windows向け無料OCRツールおすすめ

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: PDFの簡単編集 | 2021年08月10日に更新

概要:

無料で利用可能なOCRツールを探していますか?本文では、Windows及びMacで利用可能な無料OCRツールを皆さんに紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

スキャンしたPDFファイル、または写真からなっているPDFファイルを編集することが非常に難しい作業だと思いませんか?このようなPDFファイルからテキストを抽出するには、OCRという技術が必要になります。

それでは、そもそもOCRとは何ですか?OCRは、光学文字認識の略語として、写真中の文字を効率的に認識することができます。本文では、トップ8の無料OCRツールを皆さんに紹介するので、需要がある方は、本文を見逃しないでください。

1.EaseUS PDF Editor

EaseUS PDF Editorは、有名なPDF編集ソフトとして、信頼できると思います。

このソフトに備えている機能は非常に多く、様々なニーズを満たすことができます。このソフトを使ったら、PDFの写真から文字を抽出できるだけではなく、PDFファイルを自分の思い通りに変更することもできます。

また、このWindows向けPDF編集ソフトは、直感的なインターフェースを備えているので、専門知識が全くいらなくても、楽に使いこなすことが可能です。

メリット:

  • OCR機能が様々な言語に対応
  • 編集機能が非常に多い
  • 無料体験版あり

デメリット:

  • Windowsのみをサポート

それでは、下記のダウンロードボタンからこのソフトを無料で取得しましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

2.TalkHelper PDF Converter

TalkHelper PDF Converterは、PDFの形式変換ソフトとして皆さんに知られていますが、OCR機能をも搭載しています。

このソフトを使ったら、PDFの写真からテキストを抽出するだけではなく、抽出したテキストデータをエクセル/ワードなどの編集可能な形式に変換することもできます。また、このOCR機能は、46か国の言語に対応しており、各PDF編集ツールの中で対応言語が最も多い。

TalkHelper PDF Converter

メリット:

  • 使いやすさが抜群
  • ブックマーク機能あり
  • 出力のスピードが速い

デメリット:

  • 大容量ファイルのロード時間が長い

互換性:windows

3.Nuance Omnipage Ultimate

Nuance Omnipage Ultimateは、大中企業に最適なOCRソリューションだと思います。

他のツールと比べて、Nuance Omnipage UltimateのOCR機能は最大120ヵ国の言語にも対応可能です。それに、法人様向けのソリューションなので、一般の個人ソフトより、文字認識の精度も高くなっています。

Nuance Omnipage Ultimate

メリット:

  • スキャナーに統合
  • クラウド共有オプションあり
  • バッチ処理可能

デメリット

  • 初心者にとって複雑

互換性:Windows

4.Adobe Acrobat Pro DC

PDFというフォーマットの開発者のAdobe社が開発していたAdobe Acrobat Pro DCは、PDFファイルを取り扱っている定番ソフトになっています。もちろん、OCRという機能も欠けていません。

このソフトのOCR機能は、数秒だけでドキュメントの写真をテキストに変換することができます。しかも成功率は非常に高くなっています。しかし、このソフトはサブスクリプション購入でなければ利用できませんので、予算がそんなに高くないユーザーは、他のソフトを選択した方が良いのでしょう。

Adobe Acrobat Pro DC

メリット:

  • Microsoftのオフィスと連携
  • PDF編集機能が多い
  • 信頼性が高い

デメリット:

  • 価格が高い

互換性:windows、Mac

5.Readiris Pro

Readiris Proも非常に有能のOCRソフトウェアです。

Readiris ProのOCR機能で、PDFファイル、写真、または他のドキュメントを数回のクリックだけで、編集可能な状態/読み取り可能な状態にすることができます。しかも、Readiris ProのOCR機能は、138個言語にも対応していますので、どのような言語のドキュメントを取り扱っていても、このソフトは役に立ちます。

Readiris Pro

メリット:

  • 様々なフォーマットに対応
  • オリジナルのフォーマットを変更しない
  • クラウドで共有可能

デメリット:

  • 低品質のドキュメントとの互換性が悪い

互換性:Windows、Mac

6.Free Online OCR

時々、プログラムをダウンロードしてインストールする時間がありません。このようなときに心配しないでください。オンラインで利用可能なOCRツールがあります。

前通り、Free Online OCRは、オンラインで利用可能な無料OCRツールです。どのような端末でブラウザ経由で利用することができます。PDFファイルをこのサイトにアップロードすると、PDFファイル内の文字を効率的に認識することができます。

Free Online OCR

メリット:

  • ファイルのロードが早い
  • 簡単なインターフェース
  • どこからでもアクセス可能

デメリット:

  • 利用時間の制限あり
  • PDFファイルに背景がある場合、認識の精度が低い

互換性:Windows、Mac(オンライン)

7.Soda PDF Online

機能が豊富なオンラインPDF編集ツールを望ンでいる場合、Soda PDF Onlineは、とても適切なツールです。

このツールは、オンラインだけで利用可能ですが、非常に強力な編集機能が付いています。このツールを使って、PDFファイルを様々なファイルフォーマットに変換することもできますし、PDFファイルに写真がある場合は、写真中の文字を効率的に認識することができます。

Soda PDF Online

メリット:

  • PDF編集機能が豊富
  • 写真にテキストを入力可能
  • 電子サインを追加可能

デメリット:

  • サインアップが必要

互換性:Windows、Mac

8.OCR Space

簡単で利用可能なOCRツールが必要となっている場合、OCR Spaceというソフトを利用しましょう。その簡潔のインターフェースのように、このツールに備えているすべての機能を簡単で効率的に利用することができます。

このツールにPDFファイルをアップロードすると、認識の言語を選択すれば、文字の認識プロセスが簡単に始めることができます。

OCR Space

メリット:

  • 領収書などの文書をスキャン可能
  • 強力の出力機能あり
  • ユーザーの個人データを収集しない

デメリット:

  • 無料版では5mbのファイルサイズ制限があり
  • 編集機能なし

互換性:Windows、Mac

結論

OCRソフトウェアは、PDFファイル、または写真中の文字を認識して抽出することができます。OCR機能を使えば、ドキュメントを取り扱うことに必要な時間をかなり節約することができます。それでは、本文で紹介した優れているOCRソフトから、自分にとって一番適切なツールを選択して作業を進めましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>