> How to Use > PDFの簡単編集 > [2021] Windows / Mac / Onlineで使える無料PDFライターベスト10

EaseUS PDF Editor

使いやすいオールインワンPDF編集ソフトで簡単にPDFを編集・変換する。

  • PDFファイルの合併、分割、挿入、抽出、ページ削除を簡単に実現可能
  • 簡単にPDFファイルを編集、圧縮、暗号化、サイン、OCR、注釈可能
  • PDFファイルをExcel、Word、Powerpoint、画像など様々なファイル形式に変換可能

pdf-editor

[2021] Windows / Mac / Onlineで使える無料PDFライターベスト10

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: PDFの簡単編集 | 2021年06月01日に更新

概要:

本文では、最も使やすいPDFライターをまとめて皆さんに紹介します。本文で紹介するいずれかのPDFライターを使って、効率的にPDFファイルを作成することもできます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

PDFは職場で非常に人気なファイル形式として、他人にドキュメントを共有する時に、PDFファイルはいつも推奨されたファイルです。PDFを作成したり、編集したりする必要がある場合、PDFライターが必要となります。だから、本文では、各オペレーティングシステムで使える最も使やすいPDFライターを10個もまとめて、皆さんに紹介していきたいと思います。

トップ1. EaseUS PDF Editor 

互換性:Windows 10 / 8.1 / 8/7

EaseUS PDF Editorは、Windowsユーザー向けのPDF万能ライターです。このソフトは作成、編集、形式変換など多数の機能が含まれています。このソフトを使うことで10種類以上のファイル形式から簡単にPDFに変換することができ、またPDFの内容を追加や削除すす為の基本的のツールから高度な編集ができるツールまで多数用意されています。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

さらに、このソフトを使用すると、PDFファイルを簡単に管理できます。PDFに透かしを追加したり、PDFファイルをパスワードで保護したり、後で共有する為にPDFのサイズを縮小したりすることもできます。

easeus pdf editor

メリット

  • 10種類以上のファイル形式を変換することができる
  • PDFドキュメントの分割、抽出、マージ、回転をすることができる
  • OCR機能により、スキャンしたPDFを編集可能にすることができる
  • PDFにデジタル署名することができる

デメリット

  • Windowsのみ使用可能

トップ2. PDF24 Tools

互換性:Windows

PDF24 Toolsの優れた点とは、操作が簡単であることです。次に、使用しているソフトからすべてのPDF書き込みの操作を処理することができます。ドキュメントの作成に使用するソフトが印刷できる限り、このユーティリティでWindowsPCで非常にプロフェッショナルなPDFを作成することができます。

初心者でPDFライターを使用したことがない場合でも、このソフトはパソコン上で簡単にPDFを作成するができます。

pdf24-tools

メリット

  • 迅速かつ簡単なインストール
  • 印刷できるソフトからPDFを作成することができる
  • PDFファイルを変換することができる
  • 日本語対応

デメリット

  • 最近更新されていない
  • PDFライターとしてほかのPDFライターが提供する機能より少ない
  • ユーザーインターフェイスは最新ではありません

トップ3. clawPDF

互換性:Windows 7/8/10

ファイルをPDFに変換する場合、ほとんどのPDFライターの制限は、PDF形式のみをサポートすることです。でも、clawPDFには当てはまりません。この無料PDFライターをPCにインストールすると、ドキュメントをPDFとして印刷できるだけでなく、ファイルをPNG、JPEG、およびその他のさまざまな形式に印刷することもできます。

PDFだけでは不十分な場合なら、この無料PDFライターの出番です。他のソフトと同様に、このソフトをコンピューターにインストールする必要があるが、その後、ファイルをこの仮想プリンターに印刷するだけでPDFファイルを生成することができます。

clawPDF

メリット

  • PDFを含むさまざまな形式にファイルを変換できる
  • Windowsの多くのバージョンで動作する
  • 対応言語は20個以上

デメリット

  • PDFの編集などの高度な機能はありません
  • 大量印刷はサポートしていません
  • NETFrameworkをインストールすることが必要

トップ4. PDFwriter

互換性:macOS

ほとんどのPDFライターには、ソフトの設定の一部を編集できるグラフィカルユーザーインターフェイスが付属しているが、MacのPDFwriterの動作は完全に異なっています。このソフトは、Macにプリンタードライバーとしてインストールされ、この仮想プリンターを使用してMacコンピューターでPDFを作成することができます。使用しているソフトに印刷オプションがある限り、このソフトで、MacでPDFを作成することができます。

pdf-writter

メリット

  • PDF以外のファイルを印刷するだけでPDFファイルを生成することができる
  • Macの内部PDF機能を使用している
  • PDFの作成にGhostscriptを使用しません

デメリット

  • グラフィカルユーザーインターフェイスなし
  • ソフトの機能がすくない
  • 問題のトラブルシューティングが難しい

トップ5. VipRiser

互換性:macOS

Mac用のPDFライターを選択する際に、優れた機能を優先するなら、VipRiserが最適です。多数の機能が搭載されており、このソフトを使用して、Macで非常に優れたPDFファイルを作成することができます。他のソフトと同様に、このソフトはファイルを送信してPDFを作成できる仮想プリンターとしてインストールされます。

このソフトの優れた点の1つは、ソフトをAutomatorと統合できることです。これはMacコンピューターでPDFファイルを作成するプロセス全体を自動化するのに役立ちます。まだ、このソフトはプリンターとしても機能し、iPhoneやiPadからも印刷できることです。

vipriser

メリット

  • フレンドリーなユーザーインターフェース
  • ソフトでAutomatorを使用して、PDFをすばやく生成できる
  • Dropboxを含むさまざまな宛先にPDFを送信することができる

デメリット

  • ソフトが「停止」と表示して、止まってしまうことがある
  • インストールしても仮想プリンターが表示されない場合がある

トップ6.Foxit Reader

互換性:macOS

Foxit Readerは多くのユーザーに人気を持ってるPDFライターであり、PDFライターを検索するときに、検索結果でよく見られます。このソフトを使用すると、既存のPDFファイルを読み取ることができるだけでなく、独自のPDFを生成することもできます。変換するファイルをこの仮想PDFプリンターに送るだけで、素敵なPDFファイルに変えることができます。

foxit-reader

メリット

  • PDFファイルを読み取れる
  • ファイルをPDFファイルに変換するができる
  • 効率的に作業することができる

デメリット

  • 最新バージョンには、PDFへの印刷オプションは含まれていない
  • PDFライターだけを探している場合には、無駄なオプションが多すぎる
  • インストーラーはかなり大きい

トップ7. Smallpdf

互換性:mac OSとWindows(オンライン)

Smallpdfは、市場で最も人気のあるオンラインPDFライターの1つです。このWebベースのアプリを使用すると、サポートされているファイルをPDFファイルに変換できます。基本的に、あなたがPDF変換したいファイルを見つけて、Smallpdfサイトにアップロードするだけで、最適化されたPDFバージョンが手に入れます。サイトにアクセスするための最新のWebブラウザーだけがある限り、ファイルをPDFに変換することができます。Chrome、Firefox、Operaなどのさまざまなブラウザで動作することができます。

smallpdf

メリット

  • PDFを作成するためにプリンターがいらない
  • 完全にクラウドベースのPDFライター
  • 変換されたPDFをクラウドストレージにエクスポートする

デメリット

  • ファイルをサイトにアップロードする必要があるため、プライバシーが懸念される
  • 大きいファイルには理想的ではありません
  • PDFの生成には他のツールよりも時間がかかりる

 

トップ8.SodaPDF

互換性:macOSとWindows(オンライン)

SodaPDFは、ファイルをPDFに変換するための多数の機能を提供するオンラインPDFライターです。このWebベースのツールを使用すると、任意のドキュメントをアップロードして、すぐにPDFに変換できます。このサイトではDropboxやGoogleドライブなどのさまざまなソースからファイルを変換できます。

soda pdf

メリット

  • 複数のソースからファイルを変換することができる
  • PDFファイルの変換も対応可能
  • メールでファイルを受け取ることができる

デメリット

  • ファイルが誰と共有されるかわからないため、プライバシーの問題がある
  • ファイルのアップロードには時間がかかる
  • 1日に変換できるファイルの数には制限がされる

トップ9.EasePDF

互換性:macOSとWindows(オンライン)

EasePDFは、その名前のように、PDF以外のファイルをアップロードしてPDFに変換できるオンラインツールです。Word、Excel、TXTファイルなどのさまざまなファイルをサポートします。ファイルをツールに追加するには、さまざまな方法があります。コンピューターからファイルを使用することも、クラウドストレージサービスからファイルをアップロードすることもできます。

easepdf

メリット

  • いくつかのソースファイルオプションがある
  • ドラッグとドロップのインターフェイスである
  • 多くのファイルタイプがサポート

デメリット

  • ファイルをサイトにアップロードする必要があるため、プライバシーが懸念される
  • すべてのファイルタイプに機能するとは限りません
  • 時々それは空白のPDFを生成してしまう

トップ10. Online2PDF

互換性:macOSとWindows(オンライン)

Online2PDFは、その名前と同じくらいストレートなPDFライターツールです。このオンラインツールを使用すると、任意のファイルからPDFファイルを作成できます。このタスクを実行するには、基本的にこのツールのサイトにアクセスし、変換するファイルを追加するだけで、ツールによってすべてのファイルがPDFに変換されます。

一度に複数のPDFファイルをアップロードできるため、コンピューター上でPDFを一括生成することもできます。ツールの下部には、PDFを生成する目的を指定するための構成可能なメニューがありますので、必要に応じて変換オプションを微調整することができます。

online2pdf

メリット

一度に多くのソースファイルを追加する

ドラッグとドロップでファイルを追加

パスワードで保護されたPDFも受け入れことができる

デメリット

サイズが100MBを超えるファイルはアップロードできません

一度に追加できるファイルは最大20個まで

古いユーザーインターフェース

結論

ドキュメントをPDFに変換したい場合は、上記の多くのPDFライターのいずれかを使用できます。これらはすべてほぼ同じように機能し、ツールを使用して必要な数のPDFを生成できます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>