> How to Use > ファイルロッカー > Windows 11、10、8、7で内蔵ディスクを隠す方法

Windows 11、10、8、7で内蔵ディスクを隠す方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: ファイルロッカー | 2021年10月22日に更新

概要:

Windowsで内蔵ディスクを隠すには、どうしたらいいですか?本文では、Windows 11、10、8、7で内蔵ディスクを非表示する方法を皆さんに紹介します。また、ディスクの中のドライブを隠したい場合は、ここで適切な対策を見つけることができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windowsパソコンで内蔵ディスクを隠して、他人に見せたくないのですか?本文では、内蔵ディスクとドライブを隠すことができる信頼性が高い方法を4つ勉強することができます。

ディスクの管理で内蔵ディスクを隠す方法

ハードディスクドライブを隠すことができる最も簡単な対策といえば、ディスクの管理というユーティリティを使うのです。下記のステップを参照して、簡単に内蔵ディスクを非表示にしましょう。

ディスクの管理で内蔵ディスクを隠す方法
ステップ1.Windows + Xキーを同時に押すことで、ディスクの管理を選択して、そのユーティリティを開きます。

ステップ2.隠したい内蔵ディスクを右クリックして、「ドライブの文字とパスの変更」を選択します。

ステップ3.ドライブを選択して、「削除」ボタンをクリックして、「OK」ボタンをクリックします。

ステップ4.ドライブ文字がないドライブを右クリックして、「ドライブの文字とパスの変更」→「追加」ボタンをクリックします。

ステップ5.次の空のNTFSフォルダーにマウントするを選択して、その後ろの「参照」ボタンをクリックします。

ステップ6.参照場所に移動して、新しいフォルダーを新規作成して、フォルダーの名前を自分で変更すれば完了です。

EaseUS LockMyFileで内蔵ドライブを非表示する

EaseUS LockMyFileというツールを持っている場合は、内蔵のディスクドライブを非表示にするのは、とてもカンタンなタスクです。このツールの「非表示」機能は、ディスクドライブを他人に見せないように簡単に非表示することができます。このツールは、Windows 11、10、8、7搭載のパソコンでも完璧に動作することができるので、下記のダウンロードボタンから無料体験してみましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

他の機能:

  • 重要なファイル、フォルダー、ドライブをパスワードで保護可能です。
  • ファイルを保護して、他人がそのファイルを編集、変更、削除できなくなります。
  • 内蔵ディスクだけでなく、外付けHDD、USBフラッシュドライブ上のデータをロック可能です。
  • ネットワーク共有フォルダーにパスワードを設定して保護可能です。
  • フォルダーを監視て、全てのアクティビティを記録可能です。

ステップ1.「easeus」を人力して、EaseUS LockMyFileを起動します。その登録メールやライセンスコードを人力します。

パスワード人力

ステップ2.左側に「外付けメディア」の下の「ロック」をクリックします。それから、右側から「ファイルをロック」または「フォルダをロック」>「ファイルを追加」または「フォルダを追加」を選択します。

外付けHDDをパスワードで保護するステップ2

ステップ3.ここでロックしたいファイル、またはフォルダーを選択すると、パスワードが自動的に設定され、データを保護します。

外付けHDDをパスワードで保護するステップ3

ステップ4.ここでパソコンからロックしたファイルやフォルダーにアクセスすることができなくなりました。ロックを解除するには、EaseUS LockMyFileで「ロックを解除」ボタンをクリックするだけでいいのです。

ローカルグループポリシーエディターで内蔵ディスクドライブを隠す

Windows 11、10、8、7で、ローカルグループポリシーエディターを使用したら、必要なディスクドライブを簡単に隠すことができます。しかし、このツールは、Windowsのすべてのバージョンでも利用するわけではありません。Windows 10 Homeエディションを使っているユーザーは、このローカルグループポリシーエディタを使用することができません。

ステップ1.Windows + Rキーを同時に押して、gpedit.mscを入力して、グループポリシーエディタを開きます。

ステップ2.「管理用テンプレート」「Windowsコンポーネント」→「エクスプローラー」の順にクリックして、「指定したドライブを「マイコンピューター」内で非表示にする」項目をダブルクリックして開きます。

ローカルグループポリシーエディターで内蔵ディスクドライブを隠す1
ステップ3.ここで「有効」にスイッチして、下記で「すべてのドライブを制限する」の後ろの下印をクリックして、非表示にしたいディスクをドライブを選択することができます。

ローカルグループポリシーエディターで内蔵ディスクドライブを隠す2
 

ステップ4.隠したいドライブを選択した上、「適用」ボタンをクリックして、ドライブを非表示にします。

ディスクドライブ全体をCMDで隠す

実際には、コマンドプロンプトを使って、内蔵ディスクドライブを隠すこともできます。しかし、パソコンにあまり詳しくないユーザーにとって、コマンドプロンプトの使い方は少し難しいと思います。

ステップ1.コマンドプロンプトを管理者として実行します。

ステップ2.コマンドプロンプトのウィンドウで「diskpart 」を入力してエンターを押します。

ステップ3.下記のコマンドラインを1つずつ入力する度に、エンターキーを押します。

List volume
Select volume *
Remove Letter *

ステップ4.「Diskpart successfully removed the drive letter or mount point」が表示されたら、設定したディスクドライブが成功に非表示されました。

他のヒント:隠しているディスクドライブを表示

1.ディスクの管理を利用する

ステップ1.ディスクの管理というユーティリティを開きます。ドライブ文字がないドライブを右クリックして「ドライブの文字とパスの変更」をクリックします。

ステップ2.「追加」ボタンをクリックして、次のドライブ文字を割り当てるを選択して、後ろのドロップダウンリストから、当該ドライブのドライブ文字を選択します。

ディスクの管理でファイルを隠す
ステップ3.「OK」ボタンをクリックして変更を保存します。

2.プログラムでディスクを再表示する

サードパーティーのプログラムを利用して、ディスクドライブを非表示にしていた場合、そのディスクドライブを再表示するには、同じプログラムを使用して、非表示を解除する必要があります。ここで、EaseUS LockMyFileを立ち上げ、非表示のドライブを選択して、右側のメニューで「非表示を解除」をクリックするだけで完了です。

まとめ

ここでファイル、フォルダー、ディスクドライブを成功に非表示にしましたか?本文で4つの効果的な対策のいずれを参照すると、簡単にパソコンの内蔵ディスクドライブを隠すことができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>