> How to Use > オーディオ編集 > Windows 10/8/7でCDを書き込む方法に関する詳しい説明- EaseUS

Windows 10/8/7でCDを書き込む方法に関する詳しい説明- EaseUS

モンディー | カテゴリ: オーディオ編集 | 2022年01月24日に更新

概要:

CDを速くて簡単に書き込む方法を望んでいるなら、ぜひこの文章を読んでください。このガイドに従えば、Windows 10でプロのCDバーナー、iTunesまたはWindows Media Playerを利用してCDを書き込むことができるようになります。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows 10/8/7でCDを書き込む方法

大すきなアルバムを友だちに共有したり、発表用のCDを作成したり、または大すきな音楽をコピーしたりとする時に、CDを書き込みたくなるでしょう。書き込まれたCDを使うため、音楽をCDに書き込むするためのスキルを事前に学ぶことが必要です。

Windowsコンピューターで音楽CDを書き込むには、CDバーナー、Windows Media PlayerまたはiTunesという3つのツールが使えます。どちらのツールにも、そのメリットとデメリットがあります。次に、それぞれのメリットとデメリットについて説明いたします。この文章を読んで、自分に最も合う方法を選んでください。

方法1.Windows 10/8/7でCDバーナーを使ってCDを書き込む方法

定期的にCDを書き込んだり、リッピングしたりする場合、パソコンにCDバーナーをインストールすることが最善の選択です。この方法によれば、パソコンに任意の音楽をCDに書き込んだり、ディスクからコンテンツをリッピングしたりすることがいつでもできます。市場には様々なツールがありますが、一番お勧めしたいのはEaseUS MakeMyAudioというオールインワンのCDバーナーです。EaseUS MakeMyAudioにはCDバーナーとCDリッパーが含まれており、ベーシックな書き込み・リッピングタスクが提供されています。

もちろんそれのみならず、EaseUS MakeMyAudioにはMP3ファイルを編集したり音楽を作成したりするための様々な編集ツールが含まれています。例えば:

  • 音声レコーダー―音楽サイト、ビデオプラットフォーム、ラジオステーションからストリーミングオーディオを録音します。 
  • オーディオカッター―MP3とWAVファイルをカットすることによって、着信音を作ったり、マッシュアップミュージッククリップを作成したりすることができます。
  • オーディオジョイナー― 複数の音声ファイルを、一つに結合します。
  • オーディオ変換ソフト―音声ファイル間の形式変換をします。
  • ビデオからMP3へ―ビデオからMP3ファイルを抽出します。
  • ID3タグエディター―タグのメタデータを編集します。

EaseUS MakeMyAudioを挑戦したければ、次のボタンをお押してパソコンにダウンロードしてみてください。そして、次に示されている簡単な手順に従って、CDを書き込んでみましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1. CDをコンピュータのCDドライブに挿入し、EaseUS MakeMyAudioを起動します。「CDバーナー」をクリックします。

CDをライティングするステップ1

ステップ2. 画面の左上にある「ファイルを追加」をクリックして、CDに焼きたいオーディオファイルを選択します。

CDをライティングするステップ2

ステップ3.オーディオファイルを選択すると、オーディオファイルをCDにライティングするプロセスを開始するには、「開始」ボタンをクリックします。

CDをライティングするステップ3

ステップ4.プロセスが終了するまで少々お待ちしましょう。

方法2.iTunesから音楽をCDに書き込む方法

iTunesを使って音楽をCDに書き込むこともできますが、注意点がいくつかあります。まず、CD書き込み機能は、あなたのiTunesアカウントで再生する権限のある音楽のみに対応しています。そして、Apple Musicからダウンロードした音楽のような保護されたコンテンツをサポートしていません。また、1つのプレイリストは最高5枚のCDだけ書き込めます。5枚以上の場合、もう1つのプレイリストを作成しなければなりません。

ここまで読んだら、次に示されている手順に従って、iTunesでプレイリストを作成し、CDを書き込むことができます。なお、この方法は、MacでのCD書き込みにも機能します。

ステップ1.iTunesでプレイリストを作成します

  • パソコンからiTunesを起動します。
  • 左上の「ファイル」メニューを選択します。
  • ドロップダウンリストから、「新規」を選んで、そして「プレイリスト」をクリックします。
  • 次に、iTunesの左のパネルには、新しいプレイリストが表示されます。必要であれば、名前変更ができます。そして「エンター」を押せば、変更が保存できます。

iTunesから音楽をCDに書き込む1

ステップ2.プレイリストに音楽を追加します

  • iTunesライブラリを開きます。
  • プレイリストに追加したい音楽を直接に作成したプレイリストにドラッグ&ドロップします。もう1つの方法は、マウスカーソルを曲に置いてから、横に出てきた三点リーダーをクリックして、「プレイリストに追加」を選んで、作成したプレイリストの名前を選びます。

iTunesから音楽をCDに書き込む2

ステップ3.CDを書き込む

  • 空のCDをパソコンに入れます。 
  • iTunesに戻って、メニューバーから「ファイル」を選びます。
  • 「プレイリストからディスクを作成」を選びます。
  • その後、設定を確認するためのウインドウが出てきます。このウインドウから、スピードの調整、ディスク形式の選択、または曲間の無音部分の管理などの作業ができます。
  • 作業が完了したら、「書き込む」をクリックします。

iTunesから音楽をCDに書き込む3

方法3.Windows Media PlayerによってCDを書き込む方法

Windows Media PlayerはWindowsに搭載されているネイティブのメディアプレイヤーです。Windows Media Playerには複数のシンプルな編集ツールが含まれており、それらのいずれにしてもCDの書き込みに機能します。次には、Windows Media Player によってCDを書き込む方法に関する詳しい説明です。

ステップ1.空のディスクをパソコンのDVDドライブに入れてください。

ステップ2.パソコンからWindows Media Playerを起動します。

ステップ3.画面の右上にある書き込みタブを選びます。

ステップ4.「書き込み」ボタンをクリックしてから、「オーディオCD」を選びます。

ステップ5.ライブラリからお好みの曲を選んで、右ペインにドラッグして書き込みリストを作成します。

ステップ6.「書き込みの開始」をクリックして、作業を始めます。

Windows Media PlayerによってCDを書き込む

方法4.Google PlayからCDを書き込む方法

Google Playはバーニングサービスを提供しておりませんので、Google Playから直接にCDを書き込むことはできません。一方、Google Playからパソコンに音楽をダウンロードしてから、EaseUS MakeMyAudioまたはWindows Media Playerを使ってCDを書き込むという間接的な方法があります。

それでは、Google Playから音楽をダウンロードすることから始めましょう。その後、上記の方法のいずれかを使ってもCDの書き込みができます。

ステップ1.新しいウェブブラウザを開いて、https://music.google.comにアクセスします。

ステップ2.自分のGoogleアカウントにログインします。

ステップ3.「Music Library」タブをクリックします。

ステップ4.画面トップの「Albums」または「Songs」タブをクリックします。

ステップ5.マウスカーソルを曲に置いて、従三点リーダーをクリックします。

ステップ6.「Download」または「Download Album」を選びます。

まとめ

この文章ではCDの書き込みに機能する様々な方法を紹介しました。たとえば、定期的にCDを書き込んだり音楽を編集したりする方に向けのものとして、EaseUS MakeMyAudioが挙げられます。そして、CDを一回だけ書き込みたい方にとって、Windows Media Playerがよいです。さらに、iTunesやGoogle PlayからCDを書き込む方法についても詳しく説明されました。これらの方法から自分に最も合う1つを選んでください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>