EaseUS Disk Copy

 

Disk Copy

ディスクを他のディスクにコピーすることで2つのディスクのデータを一致させることは可能です。

Tips:
  • セクターバイセクター方式でクーロンを利用したい場合、ソースディスクの容量より大きいなターゲットディスクを用意する必要があります。
  • ターゲットディスクの容量はソースディスクより小さい場合、ソースディスク上のコンテンツとターゲットディスクとの互換性が十分であればクーロンも実行できます。ただし、その時は、「セクターバイセクター方式コピー」にチェックを入れないでください。
  • ターゲットディスク上の全てのデータが消去されます。

    Step 1. 「ディスクモード」を選択してください。それから、ソースディスクを指定して「次へ」をクリックします。


    注:
    • セクターレベルのクーロンを望むなら、「セクターバイセクター方式コピー」をチェックしてください。

    Step 2. ターゲットディスクを選択した上、「次へ」をクリックします。ターゲット上のデータが全て消去されますという警告メッセージが表示されます。ターゲットディスクに大事なデータがない場合、「OK」をクリックして継続します。


    Step 3. ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。


    注:
    • ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。

    Step 4. コピープロセスを完了させます。

注:
  • ソースディスクがシステムディスクの場合、ソースディスクを取り外してからクーロンディスクから起動することがおすすめです。

パーティションコピー

パーティションを他のパーティション/未割り当て領域にコピーすることで2つのパーティションのデータを一致させることは可能です。

Tips:
  • セクターバイセクター方式クーロンを利用したい場合、ソースパーティションの容量より大きいなターゲットパーティションを選択する必要があります。
  • ターゲットパーティションの容量はソースパーティションのより小さい場合、ソースパーティション上のコンテンツとターゲットパーティションとの互換性が十分であればクーロンも実行できます。ただし、その時は、「セクターバイセクター方式コピー」にチェックを入れないでください。
  • ターゲットパーティション上の全てのデータが消去されます。

    Step 1. 「パーティションモード」を選択してください。それから、ソースパーティションを指定して「次へ」をクリックします。


    注:
    • セクターレベルのクーロンを望むなら、「セクターバイセクター方式コピー」をチェックしてください。

    Step 2. ターゲットパーティションを選択した上、「次へ」をクリックします。


    Step 3. ディスクのレイアウトを編集して「実行」をクリックすることで継続します。


    注:
    • ディスクを自動調整します ターゲットディスクのサイズによってレイアウトをリサイズすることでディスクの最良状態を維持します。
    • ソースとしてコピーします ターゲットディスクを変更せず、そのレイアウトはソースディスクと一致します。
    • ディスクのレイアウトを編集します ターゲットディスク上のパーティションのレイアウトを移動/リサイズすることは可能です。
    • ターゲットディスクがSSDの場合、SSDの最適化をチェックしてください。

    Step 4.コピーを完了させます。


EaseUSが選ばれる理由