> How to Use > ファイルロッカー > WindowsやMacでUSBフラッシュドライブをパスワードで保護する方法-EaseUS

WindowsやMacでUSBフラッシュドライブをパスワードで保護する方法-EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Yiko | カテゴリ: ファイルロッカー | 2021年08月13日に更新

概要:

データセキュリティを保護するために、WindowsまたはMacコンピュータのUSBフラッシュドライブにパスワードを設定するにはどうすればよいですか?本記事では、ファイルロックソフト、BitLocker、MicrosoftOfficeなどを使うことでUSBドライブをパスワードで保護する効果的な方法をご紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

USBフラッシュドライブは、サイズ小さくて持ち運びが便利な上に、大容量のデータも保存できる記憶装置(のことです。USBドライブは、データをバックアップおよび転送するための外付けデバイスです。USBドライブに貴重な情報を安全に守るために、まずそれを保護する方法を学ぶ必要があります。

この記事では、USBドライブ全体にパスワードを設定したり、USBフラッシュドライブ上のファイルやフォルダーを暗号化したりするための簡単で効果的な方法をまとめています。

方法1.BitLockerを使ってWindows10のUSBドライブにパスワードをかける

BitLockerとは、Windows 10に搭載されているドライブ暗号化機能です。Windows 10に標準搭載された機能なので、無料で使えます。Windows管理者アカウントでサインインすると暗号化解除が可能です。

操作手順

手順1.USBフラッシュドライブをコンピューターに挿入します。

手順2.Win + Eキーを押してファイルエクスプローラーを開き、USBドライブを右クリックします。

手順3. [BitLocker有効にする]を選択します。

手順4. [パスワードを使用してドライブのロックを解除する]の前にあるチェックボックスをオンにし、パスワードを2回入力します。次に、「次へ」を選択します。

手順5.次のウィンドウで回復キーをバックアップする場所または方法を選択し、[次へ]を選択します。

手順6. 暗号化するドライブ範囲を選択して、[ドライブ全体を暗号化する]を選択し、[次へ]をクリックします。

手順7. [使用する暗号化モードの選択]画面で、[互換モード]を選択し、[次へ]をクリックします。

手順8.次は、「暗号化を開始」をクリックしてください。

BitLocker有効にする手順

暗号化が完了すると、ポップアップメッセージが表示されます:X:の暗号化が完了しました。USBドライブのエクスプローラーアイコンに鍵のマークが表示されるようになります。ドライブにアクセスする場合は、ドライブをダブルクリックすると、パスワードの入力を求められます。

方法2.パスワード保護ツールを使用してUSBフラッシュドライブをパスワードで保護する方法

BitLockerを使用せずにWindows10でUSBドライブを保護する場合は、簡単で安全なWindowsファイルロックソフトをEaseUSLockMyFileと呼びます。USBデータを安全に保つために、Advanced Encryption Standard(AES)256ビットキーを使用してファイルとフォルダーを非表示およびロックできます。

EaseUS LockMyFile を使用すると、ローカルドライブ、USBドライブ、またはLANネットワーク上の共有フォルダーやファイルを簡単にパスワードで保護できます。

  • ローカルディスク、USBフラッシュドライブ、または外付けHDD上のファイル/フォルダを完全に非表示/ロック/保護可能
  • 読み取り専用オプションを使用して、ファイル、フォルダー、ドライブが編集または削除されないように保護する可能
  • 設定したパスワードを忘れた場合は、予め設定された電子メールで見つける可能

このファイルロックおよび暗号化ツールを無料でダウンロードして、USBフラッシュドライブ上のファイルまたはフォルダーを暗号化し、データを保護します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

操作手順

ステップ1.「easeus」を人力して、EaseUS LockMyFileを起動します。その登録メールやライセンスコードを人力します。

パスワード人力

ステップ2.左側に「一般」>「暗号化」>「ファイルを追加」または「フォルダを追加」を選択します。

ファイル暗号化手順2

ステップ3.パスワードを設定する必要があるファイルを選択して、「OK」をクリックします。

暗号化ファイルを選択

ステップ4.暗号化モードを選択します。  [  gflに暗号化] または [ exeに暗号化]を選択し、暗号化を開始します。

暗号化モード選択

ステップ5.ファイルの保存場所を参照し、暗号化されたファイルまたはフォルダーの名前を変更し、[保存 ]をクリックして暗号化されたファイル/フォルダーを保存します。

暗号化ファイルを保存
 

方法3.USBフラッシュドライブのMSOfficeのファイルをパスワード付ける

USBドライブのWord、Excel、またはパワポファイルにパスワードをかけてを保護したい場合は、MSOffice自身に搭載される機能を利用すればできます。

操作手順

ステップ1.「ファイル」>「情報」に移動します。[文書の保護]で、[パスワードで暗号化]を選択します。

ステップ2.  [OK]をクリックする前に、パスワードを入力して確認します。

MSOfficeのファイルをパスワード付ける方法

パスワードの暗号化後、ユーザーはファイルを開く前にパスワードを入力する必要があります。

MacでUSBドライブをパスワードで保護する方法

Macを使用している場合は、USBフラッシュドライブを暗号化するためにサードパーティのツールを適用する必要はありません。Macに内蔵される機能を利用するだけで完成できます。

まず、Apple互換のファイルシステムを使用してMacのフラッシュドライブをフォーマットする必要があります。フォーマットする前にUSBドライブをバックアップしてください。   

操作手順

ステップ1.USBフラッシュドライブをMacに接続します。

ステップ2.Macで「Finder」 「アプリケーション」 「ユーティリティ」 > 「ディスクユーティリティ」を開きます。

ステップ3.「ディスクユーティリティ」でUSBを見つけて選択します。 「消去」をクリックし、フォーマットで「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選び、「消去」をクリックします。

ステップ4. すると、パスワード設定画面が表示され、パスワードを設定し、クリックして「ディスクを暗号化」を選択できます。

この方法ではUSB全体にパスワードを設定することです。

まとめ

上記は、WindowsおよびMacでUSBドライブをパスワードで保護する簡単な方法です。自分の状況に応じて、USBドライブ全体を暗号化するか、個別のフォルダまたはファイルをパスワードで保護するかを選択してください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>