> How to Use > ファイルロッカー > パスワードを設定してフォルダーを保護する方法

パスワードを設定してフォルダーを保護する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: ファイルロッカー | 2021年08月13日に更新

概要:

Windowsパソコンで、パスワードを設定してフォルダーを保護する方法とは何ですか?実際には、WindowsとMacに内蔵ユーティリティを使ってフォルダーをパスワードで保護することができます。また、Windows向け高機能の暗号化ツールを使って、1クリックでパスワードを設定してフォルダーを保護することができます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

パスワードでフォルダーを保護する理由とは

Windowsパソコンでフォルダーにパスワードを設定して保護する理由といえば、たくさんあると思います。例えば:

複数の人が同じアカウントを使用して、個人データを保護する
パソコンに機密ファイル、フォルダーなど他人に開示させたくないものがある
コンピューターをほかのユーザーと一緒に利用している場合、パスワード保護によってフォルダーのセキュリティを保証する
パソコンの紛失や盗難が発生するために、プライシーなどの漏洩が発生しない

だから、もしパソコンにとても敏感な情報が含まれている場合は、それらの情報をフォルダーに保存して、フォルダーをパスワードでロックしたほうが安心です。フォルダーをパスワードで保護すると、当該フォルダーにアクセスするには、パスワードが必要になります。

本文では、パソコンでフォルダーにパスワードを設定して保護する方法を皆さんに紹介します。フォルダーをパスワードで保護したい場合は、本文の内容を参照してください。

1.Windows 10のプロパティでフォルダーをパスワードで保護する

Windows 10でプロパティというユーティリティがあります。このユーティリティを使って、ファイルやフォルダーを暗号化して保護ことができます。それでは、下記のステップを参照して、作業を進めましょう。

ステップ1.ファイルやフォルダーを右クリックして「プロパティ」を選択します。

プロパティでフォルダーを暗号化するステップ1

ステップ2.「一般」タブで「詳細設定」ボタンをクリックします。

プロパティでフォルダーを暗号化するステップ2

ステップ3.「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」をチェックして、「OK」ボタンをクリックします。

プロパティでフォルダーを暗号化するステップ3

ご案内:

  • 1.ここで複合化キーのバックアップオプションが表示されます。パスワードの紛失事故を防ぐために、複合化キーをバックアップすることがおすすめです。
  • 2.すべてのパソコンでは、プロパティの暗号化オプションが有効にされているわけではありません。パソコンにその配置がない場合は、暗号化オプションがフレイのままで有効にできない場合があります。このような場合、下記の対処法2を参照してフォルダーにパスワードを設定してください。

2.Windows向けファイルロックソフトでフォルダーをパスワードで保護する

この専門のファイルロックソフトは、プロパティより強力の保護機能を提供しています。もしプロパティの暗号化オプションが利用できない場合、またはその保護機能に満足できていない場合は、このソフトがこちらのおすすめです。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS LockMyFileは、ファイル保護専門のソフトとして、Windowsパソコンの内蔵ディスク、外付けストレージに保存されているあらゆるファイルやフォルダーにパスワードを設定して保護することができるだけではなく、ファイル・フォルダーをロックしたり、完全に非表示にしたりすることもできます。

  • ローカルディスク、USBフラッシュドライブ、または外付けハードドライブ上の重要なファイル/フォルダを非表示にたり、検索できないようにしたりすることが可能
  • 内部ディスクまたは外部ディスク上のフォルダまたはファイルをパスワードで保護可能
  • パソコンに新しく追加されたファイルを自動的にパスワードで保護可能
  • 読み取り専用オプションを使用して、ファイル、フォルダー、ドライブが編集/削除されないように保護可能
  • 高度なAES暗号化アルゴリズムを使用して、ファイルとフォルダーをGFL/EXE形式として保護可能

ステップ1.EaseUS LockMyFileを立ち上げ、ローカルHDDの下で「保護」→「フォルダを保護」の順にクリックします。外付けHDDのフォルダーをロックする場合は、「外付けメディア」で「保護」を選択します。

フォルダー保護ステップ1

ステップ2.フォルダの選択がポップアップされます。ここで保護したいフォルダーを選択します。

フォルダー保護ステップ2

ステップ3.選択したフォルダーがすぐ保護されるようになります。保護状態を解除するには、「保護を解除」ボタンをクリックします。

フォルダー保護ステップ3

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Macでフォルダーにパスワードを設定して保護する

上記ので紹介した2つの対処法を参照してフォルダーを保護することができますが、Macではこの作業を実行するには、どうしたらいいですか?次は、Macのディスクユーティリティを使ってフォルダーにパスワードを設定する方法をミンさんに紹介します。

ステップ1.Launchpadで「その他」フォルダーから「ディスクユーティリティ」を開きます。

ステップ2.ディスクユーティリティを開くと、左上にある「ファイル」→「新規イメージ」→「フォルダーからのイメージを作成」の順にクリックします。

Macのディスクユーティリティでフォルダーをロックするステップ2

ステップ3.次に、イメージ名を入力して、「暗号化」のメニューで「128ビットAES暗号化(推奨)」か、「256ビットAES暗号化(安全性重視、低速)」のいずれかを選択します。

Macのディスクユーティリティでフォルダーをロックするステップ3

ステップ4.ここでフォルダーのイメージのパスワードを設定します。パスワードを確認するため、同じなパスワードを2回連続入力して、「選択」ボタンをクリックします。

Macのディスクユーティリティでフォルダーをロックするステップ4

ステップ5.「イメージフォーマット:」で「読み出し/書き込み」を選択して、「保存」をクリックします。

Macのディスクユーティリティでフォルダーをロックするステップ5

結論

Windowsでは、フォルダーを暗号化して保護する機能がありますが、その保護機能が十分ではない欠陥も無視できません。だから、専門のファイル暗号化ソフトのEaseUS LockMyFileを使用して、ローカルドライブ、USBドライブ、またはLANネットワーク上のファイルとフォルダーをパスワードで保護することをお勧めします。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>