> How to Use > オーディオ編集 > 【Windows/Mac/iPhone対応】音声ファイルを編集する方法

【Windows/Mac/iPhone対応】音声ファイルを編集する方法

Yiko | カテゴリ: オーディオ編集 | 2021年12月02日に更新

概要:

Windows/Mac/iPhoneでオーディオファイルを編集したい場合は、この記事ぜひお見逃しなく!本記事で、オーディオファイルを編集する簡単な方法をいくつかご紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

色々画面で曲または他のオーディオファイルを編集する必要があります。例えば、ある曲の一部分を抽出して着メロを作成したいとき、音声ファイルを編集しなければならないです。
または、シャドーイングをするときに、ビデオ中の音声のスピードが速すぎて、追いかけない場合があります。このとき、音声ファイルのスピードを調整する必要があります。

オーディオファイルの編集目的を問わず、オーディオ編集ツールが必要となります。本記事では、WindowsまたはMacのデバイスで音声ファイルを編集するツールや方法を紹介します。そのオーディオ編集ツールを探している場合は、本記事が役に立ちます。

パート1. Windows /Macでサウンドエディターを使うことで音声ファイルを編集する方法 

音声エディターがたくさんあります。主に以下の機能があります。

  • 同時にPCサウンドとマイクロマイクの音を録音する
  • オーディオファイルの不要な部分をカットする
  • スピード、ボリュームや声の効果を調整する
  • 音声ファイルの形式を変換する
  • ビデオファルをMP 3ファイルに変換する

それだけではなく、 EaseUS MakeMyAudioというような音声編集ツールは、ID3 タグ編集、CDリッパー、CDバーナーなどの機能も備えます。EaseUS MakeMyAudioを使いたい場合は、以下の青ボタンからダウンロードしましょう。それで操作手順に従ってファイルを編集します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.PCでEaseUSMakeMyAudioを起動する

PCでEaseUSMakeMyAudioを起動し、インターフェイスの[カッター]をクリックします。

EaseUSMakeMyAudioを起動

ステップ2.カットしたいオーディオファイルを追加する

次に、[ファイルを追加]をクリックして、オーディオファイルを選択し、[開く]をクリックして、オーディオファイルを追加します。 一度に複数のオーディオファイルをインポートすることができます。

カットしたいオーディオファイルを追加する

ステップ3.オーディオファイルをトリミングします

 「カット」を選択して、波形エディタウィンドウを開き、オーディオファイルをカットします。 スライダーを移動して、残しておきたい部分を選択します。 「適用」「OK」をクリックして編集を保存し、最後のウィンドウに戻ります。

オーディオファイルをトリミングする

ステップ4.トリミングされたオーディオファイルをエクスポートします

編集した音声ファイルを確認し、「開始」をクリックして、トリミングされたファイルをPCにエクスポートします。そのファイルを確認します。
 

パート2.Windows Media Playerでサウンドファイルを編集する方法

pcで音声ファイルを簡単に編集するには、Windows Media Playerを使うことが十分です。名前の通り、このWindows Media Playerツールは、オーディオ、ビデオ、画像を再生するためのメディアプレーヤーです。また、メディアプレーヤーの作用として加えて、オーディオファイルを編集することも可能です。

ただし、この編集機能を利用する前に、PCにプラグインをインストールしなければならないです。市販のプラグインがたくさんあります。一部プラグインのには、スリープタイマー、歌詞プラグイン、PixelFusion、再生中、DFXオーディオエンハンサー、SolveigMMWMなどがあります。これらのオプショで、SolveigMMWMをお勧めます。
これは、市場で群を抜いて最も広く使用されているWindows MediaPlayerプラグインだからです。

操作手順

ステップ1.Windows Media Playerを開きます。

ステップ2.「ツール」「プラグイン」「SolveigMMWMPトリマープラグイン」を選択します。

Windows Media Playerでサウンドファイルを編集する手順1

ステップ3.トリミングしたいMP3ファイルをWindowsMedia Playerで開き、[ファイルの編集]をクリックします。

ステップ4.スライダーを移動して、トリミングしたい時間帯を選択します。「メーカーの追加」ボタンをクリックします。 このプロセスを繰り返して、終了位置を選択します。

ステップ5.クリップを選択したら、選択したパートをクリックして、[トリム]をクリックします。

ステップ6.次に、プロンプトに従って、トリミングされたファイルに名前を付け、それを保存する位置を選択します。

Windows Media Playerでサウンドファイルを編集する手順2

パート3.iPhoneのGaragebandでオーディオを編集する方法

オーディオファイルを編集するもう1つのオプションは、iOSデバイスのGaragebandというアプリを使用することです。これにより、曲を着信音に編集したり、他の目的でオーディオクリップを編集したりすることができます。 クリップのトリミング、クリップの分割、トラックのループへの配置、トラックのマージ、プロジェクトのエクスポートなど、数多くの優れた機能があります。とにかく、オーディオ編集に必要なほとんどすべての基本的なツールをカバーしています。 この無料の音楽編集ツールがどのように機能するかを知りたい場合は、iPhone用GarageBandユーザーガイドで確認できます。

GarageBand

パート4.Macでオーディオファイルを編集する方法

Macユーザーは、QuickTimePlayerを使用してMP3ファイルを編集することもできます。 Windows Media Playerと同様に機能しますが、プラグインをインストールする必要はありません。 

操作手順

ステップ1.MacでQuickTimeプレーヤーを起動します。

ステップ2.オーディオファイルを右クリック> [プログラムから開く]> [QuickTimeプレーヤー]。

ステップ3.QuickTime Playerのメニューバーから、[編集]を選択します。

ステップ4.黄色のスライダーを移動して、MP3ファイルの長さを調整します。

ステップ5.次に、[再生]ボタンをクリックして、保存する前にトリミングされたサウンドを事前に聞くことができます。

ステップ6.完了したら、[トリム]をクリックして編集したバージョンを保存できます。

QuickTimePlayer

結論

このガイドでオーディオファイル編集に関する方法を紹介しました。ご自身のpcのペレーティングシステムに適して、適切なツールを選択してください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>