> How to Use > オーディオ編集 > [4選]Windows 10でMP3ファイルを編集する方法

[4選]Windows 10でMP3ファイルを編集する方法

Yiko | カテゴリ: オーディオ編集 | 2021年12月28日に更新

概要:

ある曲をミキシングし直したり、あるビデオに挿入したり、MP3ファイルを編集することが必要になります。本記事ではMP3ファイルを編集する方法をご提供します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

いくつかの音楽ファイルを一つに結合したり、携帯の着メロを作成したり、ウェブサイトからダウンロードしたオーディオクリップしてオーディオブックを編集したりするなどの場合は、MP3ファイルの編集のツールが必要になります。本記事ではMP3 ファイルを編集する有用なツールをご紹介します。次の内容に進み、MP3ファイルを編集する方法を習得しましょう。

パート1.WindowsでMP3ファイルを編集するオーディオエディタ

EaseUS MakeMyAudioというオールインワンのオーディオ管理ツールは、多彩な機能を備えて、オーディオ編集の専門者や愛好者の編集ニーズにほぼが対応できます。UIデザインがシンプルで、使いやすいMP3編集ファイルです。

主な機能

  • オーディオレコーダー:マイクロホンのサウンドを記録
  • オーディオカーター:お気になるビデオまたはオーディオファイルの部分をカット
  • オーディオ結合:スピード調整、ボリューム調整、複数のオーディオファイルを結合
  • オーディオ変換:全てのオーディオフォーマット間の変換
  • ID3タグ編集:タイトル、アーティスト、アルバム写真などのID3タブを編集
  • CDリッパー:CDからオーディオを抽出
  • CDバーナー:お気に入りのオーディオを空白CDに焼く

 EaseUS MakeMyAudioを使うことでオーディオファイルを編集しましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ステップ1.EaseUS MakeMyAudioを開きて、「カッター」オプションをクリックします。

MP3ファイル編集1

ステップ2.「ファイルを追加」をクリックして、編集したいファイルをインポートします。

MP3ファイル編集2

ステップ3. ファイルをインポートすると、出力の形式とフォルダを選択できます。すると、上部のメーニューの「カット」オプションをクリックします。

MP3ファイル編集3

ステップ4.この編集ページで。この開始と終了のドラックを設定したり、スピードを調整したり、音声の音量を調整したりすることができます。

MP3ファイル編集4

パート2.Windows Media PlayerでMP3ファイルを編集する

サードパーティーソフトをインストールしたくない場合は、Windows Media Playerを使って、MP3ファイルを編集することも良いです。Windows Media Playerでアルバム、アーティスト、名前の変更、タイトルなどの簡単なタスクを実行することができます。もしオーディオ編集、ほかの高度な機能を使いたい場合、プラグインをダウンロードしなければならないです。市場には多くのプラグインがあり、最も頻繁に使用されるプラグインはSolveigMM WMPTrimmerプラグインです。 以下の手順では、主にこのプラグインの使用に焦点を当てます。

 Windows Media PlayerでMP3ファイルを編集する手順

ステップ1.Windows Media Player を開きます。

ステップ2.Windows Media Playerの左側のパネルの「音楽」を右クリックして、MP3 ファイルを再生します。

ステップ3.ターゲットの曲を右クリックして、「編集」オプションをクリックします。

ステップ4.次は、ファイルの名前、アーティスト、タイトルなどを編集することができます。

ステップ5.完了すると、OKをして、設定を保存します。

Windows Media PlayerでMP3ファイルを編集する手順1

Windows Media Playerを使うことで MP3ファイルをカットする

ステップ1.SolveigMM WMPTrimmerプラグインをインストールします。 Windows Media Playerをインストールします。

ステップ2.Windows Media Player上部のメニューバーにある「ツール」「プラグイン」「SolveigMM WMP Trimmer Plugin」をクリックします。

ステップ3. Windows Media Playerを使って、MP3 ファイルを開き、「編集」をクリックします。

ステップ4.スライダーを移動して、開始位置を選択し、「メーカーの追加」ボタンをクリックします。 このプロセスを繰り返して、終了位置を選択します。 

ステップ5.完了すると、「ファイル」を選択して、編集したMP3ファイルをインポートします。名前を付けて保存します。

Windows Media PlayerでMP3ファイルを編集する手順5

パート3. Windows 10のWindows Movie Makerを使うことでMP3ファイルを編集する

Windows Media Playerを別にとして、Windowsには色々なサウンドを編集するツールがあります。Movie Maker はその中の一つです。Windows Media Playerと同じように、Movie Maker というアプリケーションは、基本的な編集タスクを実行できます。例えば、フェードインおよびフェードアウトエフェクトをオーディオトラックに追加したり、トラックの音量を変更したりします。

操作手順

ステップ1.Windows Movie Maker を起動します。このツールがPCにまだインストールしない場合は、 Microsoftストアに移動してダウンロードします。

ステップ2.「音楽の追加」をクリックして、編集したいファイルを追加します。

ステップ3.上部にある「音楽ツール」をクリックして、編集オプションが表示されます。

Windows Movie Makerを使うことでMP3ファイルを編集する3

ステップ4.インポートした音声ファイルを右クリックして、「タイムラインに追加」をクリックするまたは直接にタイムラインにドラップします。

ステップ5.すると、フェードインおよびフェードアウトエフェクトをオーディオトラックに追加したり、ボリュームのレベルを調整したりすることができます。

Windows Movie Makerを使うことでMP3ファイルを編集する5

ステップ6.作業が終わったら、「参照」をクリックして、ファイルを保存します。

ステップ7.次に、プロンプトに従ってオーディオファイルの品質を選択し、プロセス全体を完了することができます。

パート4.オンラインでMP3ファイルを編集する

サードパーティソフトを使わずにMP3ファイルを編集するなら、どうすれば良いのでしょうか?オンラインツールを使って、MP3ファイルを編集することもできます。市場で TwistedWave Online、AudioMss、 SodaphonicまたはBeautiful Audio Editorなどのオンラインツールがあります。お使いデバイスの環境によって、最も適しているツールを選択してください。オンラインツールを使うとことで、オーディオフォーマットの変換、オーディオトラックの組み合わせなどの基本の編集作業が行えます。

結論

本記事ではWindowsでMP3ファイルを編集する4つの効果な方法を紹介しました。その方法を試してから、ご自身にとって、適切な方法を採用してください。プロな音声編集ツールを手にいれたい場合、EaseUS MakeMyAudioをお勧めます。多彩な編集機能を備えます。また、MP3ファイルを簡単に編集するなら、他の方法を使ってOKです。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>