> How to Use > 動画作成・編集 > 完全対策:WMVの動画をMP4に変換する

完全対策:WMVの動画をMP4に変換する

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: 動画作成・編集 | 2021年02月25日に更新

概要:

本文では、WMV形式の動画を無料でMP4に変換できる4つの対処法を皆さんに紹介します。いずれも効果的な対処法ですので、変換を行いたい方は、本文をお見逃しないでください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

WMVとは

Windows Media Video(ウィンドウズ・メディア・ビデオ、略称WMV)は、マイクロソフトがWindows Media Formatの中核をなすものとして開発したビデオコーデック。オーディオコーデックとしてWindows Media Audio(WMA)があり、一般にはWMVとWMAの組み合わせが用いられています。(ウィキペディアより)

WMVをmp4に変換する理由

WMVの動画は、最もユーザーに使われている動画の形式ではありますので、いろんな場合でこの形式の動画が見られています。しかし、WMVが対応されずに再生できない場合もよくあります。このような時に、一番効率的な解決方法は、そのWMV形式の動画をMP4に変換するのです。なぜかというと、MP4は今までに互換性が最も優れている動画の形式だからです。あらゆるデバイスとソフトともMP4に互換しているといっても過言ではありません。それでは、どうやってWMV形式の動画をMP4に変換すればいいですか。このページでは、対処法を4つ皆さんに紹介します。いずれも無料で効果的に変換できる方法です。これらの対処法から最も適切な対処法を選択して、それに従って、WMVの動画をmp4形式に変換しましょう。

WMVをmp4に変換する4つ対処法

ここで、WMVをMP4に変換したい場合、効果的に変換可能な4つの方法を皆さんに紹介していきたいと思います。どちらでも簡単に行えるため、初心者にとってフレンドリーな対処法です。

#1. EaseUS Video Editor

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Video Editorは、とても高機能の動画編集ソフトとして、任意形式の動画でMP4形式にエクスポートすることができます。しかも、動画をmp4に変換する過程中、画質などを損失することがあります。

ここで、WMV動画ファイルをmp4に変換する方法を紹介します。(ほかのファイル形式でもこの方法に従って、mp4に変換することが可能です。)

ステップ1.mp4に変換したいwmv動画を導入

EaseUS Video Editorを立ち上げ、動画のアスペクト比を選択した後、動画の編集画面に入ります。上部のメニューの「ファイル」>「インポート」>「ファイルをインポート」から、変換したいwmv動画を導入することができます。(編集したい動画ファイルを直接にソフト内にドラッグ&ドロップすることでも導入可能)

wmv動画をmp4に変換するステップ1

ステップ2.編集プロジェクトを作成

導入した動画を下記の編集バーにトラックして、動画編集のプロジェクトを作成します。ここで何の操作もしなくても大丈夫です。

wmv動画をmp4に変換するステップ2

ステップ3.編集済みの動画をMP4に出力

この段階で、動画の再生スピードを変更したり、動画を逆再生にしたり、カットしたりすることができます。もちろん、編集したくない場合は、直接に出力することもできます。画面の真ん中にある「出力」ボタンをクリックして、出力の形式として「mp4」をクリックしましょう。

wmv動画をmp4に変換するステップ3

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

#2. VLC Media Player

ダウンロードリンク:https://www.videolan.org/vlc/index.html

VLCは、多数のメディアファイルを再生する無料のオープンソースの動画再生ソフトです。多くの人々は、VLCを単なる無料のビデオプレーヤーとして扱うことに慣れています。ただし、ビデオを変換することもできます。このソフトウェアを使用することの最大の利点は、ビデオ形式をMP4に変換する機能だけでなく、WindowsおよびAndroid / iOS / Windows 10モバイルと互換性があることです。

vlcで動画を修復するステップ1

VLCを起動して、ソフトの左上に「ファイル」→「変換/保存」機能を利用して、WMV動画を導入してmp4に変換することができます。

#3. オンライン変換ツールを利用する

Googleで動画変換 オンラインをキーワードとして検索すると、たくさんのオンライン変換ツールが表示されます。しかし、多くの変換ツールは成功率が非常に低く、信頼性がありません。だから、オンライン変換ツールを利用して変換を行いたい場合、決して信頼できるオンライン変換ツールを選択する必要があります。ここでVideo Converterというツールを皆さんに紹介します。

オンライン変換ツールでWMV動画をmp4に変換するデメリット:

確かに、オンライン変換ツールを使って、WMV動画をmp4に変換することができますが、デメリットがあります。

1.動画のアップロードとダウンロードが非常に時間がかかります。動画の容量が大きな場合、数十時間がかかる場合もあります。だから、大きな動画をオンライン変換ツールで変換することはおすすめではありません。

2.成功率はほかの方法と比べて低い。おすすめのオンライン変換ツールは比較的に信頼できるものですが、成功率は100%ではありません。何時間もかかって結果的に変換に失敗する場合もありますので要注意。

オンライン変換ツールで変換するステップ:

1.「ファイルを開く」ボタンをクリックしてファイルをアップロードします。

2.ファイルのアップロードが完了した後、目標の形式を選択して、変換後の動画の解像度を設定してから「変換」をクリックします。

3.変換プロセスは時間がかかりますので、変換が終わるまで待ってください。変換が終わったら、変換後の動画をダウンロードします。

オンライン変換ツールでMKV動画の形式を変換

#4. 手動でWMVをMP4に変換する

この部分では、手動でWMVファイルをMP4に変換する方法を皆さんに紹介します。

ステップ1.ファイルエクスプローラーを開き、「表示」タブで「オプション」をクリックします。

ファイルの拡張子を表示

ステップ2.表示」タブで「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを取り外して、「適用」します。

ファイルの拡張子を表示するステップ2

ステップ3.ここでパソコンでファイルの拡張子が表示されるようになります。変換したいWMVファイルを右クリックして「名前を変更」を選択します。ここで、拡張子の「WMV」を「MP4」に変換します。

ステップ4.ここで「拡張子を変更すると、ファイルが使えなくなる可能性があります」という警告メッセージが表示されます。同じ動画ファイルなので、拡張子をWMVからMP4に変更しても使えるので、OKをクリックしましょう。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

初心者に最適な動画編集ソフト

動画の編集はこれだけで十分!トリミング・カット・分割・合併・回転・逆再生・再生スピードの加速/減速などの機能は簡単に実現可能

  •  

    トリミング

  •  

    分割

  •  

    画面の回転

  •  

    音声追加

  •  

    モザイクをかける

  •  

    ズーム

  •  

    音声文字変換

  •  

    スタイルを変更

  •  

    そのほか

無料体験