> How to Use > ポータブルOS作成 > Windows To Goについての完全解説【無料ダウンロード】

Windows To Goについての完全解説【無料ダウンロード】

Tioka | カテゴリ: ポータブルOS作成 | 2022年09月21日に更新

概要:

WindowsTo Go は、Windows10 Enterprise と Windows10 Education のユーザーがホスト PC の外部 USB ドライブから Windows のフル バージョンを起動できる機能です。本文では、Windows To Goの使い方、注意すべきポイントなどを紹介します。それに、Windows To Goを代替する二つの無料ツールの使い方を紹介します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Windows To Goとは

WindowsTo Go は、Windows10 Enterprise と Windows10 Education のユーザーがホスト PC の外部 USB ドライブから Windows のフル バージョンを起動できる機能です。フラッシュメモリや外付けハードディスクドライブなどのUSBストレージデバイスからのブートとOS実行を可能にします。

WindowsTo Go は、請負業者、管理されたフリーシート、出張中の労働者、自宅での作業、パソコン修理業者、ゲームのプロ選手などなどを対象として設計されました。つまり、いろんなシナリオに対応でき、「Windowsを持ち運べるようにする」ものです。

windowstogoとは

しかし、米Microsoftは2019年5月23日にWindows To Go をWindows 10のバージョン2004以降のオペレーティングシステムから削除されました。 

Microsoft公式サイトでも「Windows To Goのアップデートを停止する」というお知らせを出しました。それを伴い、多くの OEM がサポートを終了したので特定の種類の USB も必要です。

それによって、Windows To Goを使うには、必ずいくつのポイントを確認しておく必要があります。下にあるポイントから一つずつ確認しましょう。

  • 現在利用可能な USB ドライブはUSB ポートが3.0のみのもの、容量が32GB以上のもの
  • Windows10 Enterpriseまたは Windows10 Education 
  • Windows10 Enterprise、Windows10 Education、Windows 10 Professional USB キーのプロビジョニングに使用できるホストPC

Windows To Goのアップデートが停止されたので、公式サイトでのダウンロードはできません。Windows To Goを使うには、一部のWindows 8、Windows10 Enterpriseまたは Windows10 Educationのみで使用できます。

Windows To Goの使い方

下のガイドに従ってWindows To Goを使いましょう!

1.WindowsToGoドライブとして使用するUSBドライブをPCに挿入します。

2.Cortanaを使用して、「Windows To Go」を検索し、Enter キーを押します。

3.「Windows To Go ワークスペースの作成」 が開きます。

4.「使用するドライブの選択」 ページで、前に挿入した USB ドライブを表すドライブを選択し、「次へ」をクリックします

5.「Windowsのイメージ」ページで、使用するWindows 10 EnterpriseまたはWindows 10 Educationを選択し、[次へ] をクリックします。

6.「BitLocker」でパソコンを暗号化したいなら、パスワードを設定します。設定しないなら、「スキップ」をクリックします。

7.「作成] をクリックします。完了するまで十分ほどお待ちください。20 ~ 30 分以上かかる場合もがあります。

8.作ったUSBドライブを別のパソコンに挿入し、Cortanaを使用して「Windows To Go スタートアップ オプション」を検索し、起動方法を選択します。「Windows To Go ワークスペース」から優先的に起動するを選択し、「はい」をクリックします。

良かったら、下のビデオをご参照ください。

windows To Goの代替【無料】

Windows To Goは2019年に中止されましたので、それをダウンロードしてWindowsを起動可能なUSBメモリを作成することもできなくなりました。それだけではなく、上に示したとおりに、Windows To Goを使うには、いろんな制限があります。それでは、ポータブルのWindows環境を作成するには、何か簡単で成し遂げる方法ありますか?もちろんございます。

これから二つの無料のツールを紹介したいと思います。

EaseUS OS2GO

ここでWindows To Goの最新版であるEaseUS OS2GOを皆さんに紹介します。EaseUS OS2GOは、完璧ポータブルOS作成ツールとして、簡単にUSBメモリから起動可能なWindowsを作成することができます。以前のWindows To Goと比べて、たくさんのメリットがあります。その中で最も注目されているのは、USBメモリおよびWindowsバージョンの制限がありません。つまり、どのようなUSBメモリを使っていても、このUSBメモリをそのままで使用してポータブルのWindowsを作成することが可能です。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS OS2GOのメリット

  • MacとWindows両方対応
  • Macでの使用は、Bootcampをインストールする必要がない
  • アプリをシームレスに統合して、どのシステムでも実行できる
  • トライアル版が無料
  • 100パーセントの安全性

また、使い方も非常に簡単になります。パソコンでこのソフトを立ち上げると、USBメモリを差し込んだら、たったの1クリックだけでポータブルWindowsのUSBメモリを作成することができます。それでは、下記で詳細な操作手順を見に行きましょう。

EaseUS OS2GOの使い方

ステップ1.USBメモリ、または外付けHDDをパソコンに挿入して、EaseUS OS2GOを立ち上げます。ここで使用中のOSとUSBメモリが自動的に認識されるので、「次へ」ボタンをクリックして続けます。

ポータブルのOSを作成するステップ1

ステップ2.「このプログラムは、選択したディスク上のすべてのデータを完全に削除します。」という提示メッセージが表示されるので、「続ける」をクリックします。

ポータブルのOSを作成するステップ2

ステップ3.ここでOSのサイズ情報を確認することができます。もし作成したいポータブルWindowsのデバイスはSSDな場合は、「ターゲットディスクがSSDな場合、オプションをチェックします」をチェックして、「実行」ボタンをクリックします。

ポータブルのOSを作成するステップ3

ステップ4.ここでUSBメモリから起動可能なWindowsを作成するプロセスが開始されます。少し時間がかかるので、しばらく待ってください。

ポータブルのOSを作成するステップ4

ステップ5.ポータブルOSの作成プロセスが完了したら、右下で「完了」ボタンが表れますので、そこをクリックします。

ポータブルのOSを作成するステップ5

ステップ6.WindowsUSBを起動する

Windows:ポータブルWindowsUSBを挿入し、コンピューターを起動します。 必要なキー(F2、DEL、F10 ...)を押してBIOSにアクセスします。 USBディスクからの起動を優先するようにします。(自分のパソコンの型番に合わせ、検索してBIOSで設定してください。設定の方法はそれぞれですから。)

Mac:ポータブルWindowsUSBを挿入し、Macを起動します。Option / Altキーを押します。黄色のEFI bootを選択して、USBドライブから起動します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

何かご不明な点がございましたら、下のビデオをご覧ください

Hasleo WinToUSB

Hasleo WinToUSBでWindowsオペレーティングシステム全体を任意のハードドライブまたは外部ストレージにインストールし、 どのコンピュータでもオペレーティングシステムを実行できます。 Hasleo WinToUSBは日本語バージョンがございません。公式サイトにダウンロードしてください。

Hasleo WinToUSBのメリットをまとめてみました。ご覧ください。

メリット

  • ISO、WIM、ESD、SWN、VHD、VHDXファイルを直接使用し、Windows 10、8、7のポータブルバージョンを作成できる。
  • 既存のWindowsインストールからUSBドライブを作成できる。
  • コンピューターを再起動せずWindowsをUSBにホットクローンできる。
  • UFEIおよびGPT、 32-bit と 64-bit両方対応。 

Hasleo WinToUSBの使い方

これからHasleo WinToUSBの使い方について話したいと思います。下にあるガイドに従って操作してみましょう。

1.USBドライブをコンピューターに挿入し、WinToUSBを起動します。

2.「file」を押して、「dialog box」からWindowsインストールISO / WIM / ESD/SWMを選択します。

hasleoの手順ー1

3.「Next」をクリックし、目標とするUSBドライブを選択し、「Next」をクリックします。

4.パーテイション種類を決めて、「YES」をクリックします。

5.インストールのモードを選択し、「Next」をクリックします。

hasleoの手順ー2

6.終わるまで少しお待ちください。

hasleoの手順ー3

Windows To Go/WindowsUSBを削除する方法

もしWindowsUSBを使える必要がなくなり、USBをもどに戻したいなら、どうすればいいんでしょうか?

全体的には、二つの方法があります。

Windowsのディスクの管理によってフォーマットする

1.「スタート」を右クリックし、「ディスクの管理」を選択します。

2.削除したいWindowsUSBを右クリックし、「フォーマット」をクリックします。

3.サイズやファイルシステムの種類を選択し、「OK」をクリックします。

2.EaseUS Partition Masterでフォーマットする

無料体験
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Partition Masterをダウンロードして、下にあるガイドに従って削除しましょう。

1.ソフトを運行して、初期化したいうUSBを右クリックして、「フォーマット」を選択します。

FAT32のUSBメモリをNTFSへ変換1

2.ここでフォーマットの詳細をチェックしてから、「OK」をクリックします。

FAT32のUSBメモリをNTFSへ変換2

3.「ターゲットパーティションのデータは消去されます。」という提示メッセージが表示されます。フォーマットプロセスを進むには「OK」をクリックします。

FAT32のUSBメモリをNTFSへ変換3

4.最後に、画面上部にある保留中の操作をクリックして、待機中の操作を確認します。待機中の操作が間違っていない場合は、「適用」をクリックして、フォーマットプロセスを開始します。

FAT32のUSBメモリをNTFSへ変換4

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

EaseUS OS2Go

  • ポータブルWindowsを簡単に作成
  • Windows OSをUSBにコピー
  • Winodws OSをUSBドライブにクローン
  • Windows 11を任意のPCで実行可能
  • Windows 11を不対応のPCで実行可能
  • MacでWindows 11/10を実行可能
今すぐダウンロード