> How to Use > ポータブルOS作成 > LinuxでWindows PCゲームをする方法

LinuxでWindows PCゲームをする方法

Yiko | カテゴリ: ポータブルOS作成 | 2021年08月27日に更新

概要:

Linuxは Windows OSと違うオペレーティングシステムです。LinuxユーザーがLinux pcでWindowsのみ対応のゲームをするときに、障壁があります。ドンマイ、EaseUS OS2Go を使うことで、その制限を破って、LinuxでWindows PCゲームを使用できるようになります。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Linuxは、Linus Torvaldsによって1991年9月17日に最初にリリースされたオペレーティングシステムカーネルであるLinuxカーネルに基づく一連のオープンソースのUnixライクなオペレーティングシステムです。最も人気のあるLinuxディストリビューションには、Debian、Fedora、Ubuntuなどがあります。Linuxは、プログラマーの間で頻繁に使用されています。Linuxが際立っている主な理由は次のとおりです。

マルチユーザー

  • Linuxはマルチユーザーシステムです。これは、複数のユーザーがメモリ/ RAM /アプリケーション などのシステムリソースに同時にアクセス可能です。

セキュリティ

  • Linuxは、パスワード保護や特定のファイルへのアクセス制御などの認証機能を備えています。ユーザーにデータのセキュリティを提供し、データの暗号化機能も追加します。

ポータブル

  • 移植性とは、ソフトウェアがさまざまなタイプのハードウェアで同じように機能できることと意味します。Linuxカーネル及びアプリケーションプログラムは、あらゆる種類のハードウェアプラットフォームへのインストールをサポートしています。

オープンソース

  • Linuxソースコードは無料で入手でき、コミュニティベースの開発プロジェクトです。Linuxオペレーティングシステムの機能を強化するために複数のチームが協力して、Linuxオペレーティングシステムは継続的に進化しています。

ただし、Linuxのデメリットの1つは、Windowsのみのプログラムとの互換性がないことです。ここでは、よく見られる例をあげます。LinuxでWindows PCゲームをすることができません。幸いに、LinuxやmacOSなどのオペレーティングシステムでWindows PCゲームをプレイできるようにするツールはたくさんあります。

EaseUSOS2Goを使ってLinuxでWindowsゲームをする

本記事では、サードパーティのツール-EaseUS OS2Goを紹介します。ユーザーは、このツールを使うことで、LinuxでWindowsゲームをしたり、Windowsシステムを実行したりすることができます。

簡単に言えば、EaseUS OS2Goは、Windows OSをポータブルUSBドライブに入れるツールです。このボータブルWindows OSをUSBに入れると、ユーザーはWindows OSを自由に使えます。
また、PCゲームだけではなく、システムドライブのすべてのデータとプログラムをターゲットコンピューターからアクセスできます。

これで、EaseUS OS2Goをダウンロードし、操作ガイドに従ってポータブルWindows USBドライブを作成することができます。

ポータブルWindowsUSBドライブを作成する方法
必要なもの:

  • 大容量のUSBドライブ (少なくともシステムドライブの使用済み容量より大きい)
  • 起動可能なWindows PC
  • ゲームがPCにインストールされるかどうかを確認

ステップ 1.Windows にEaseUS OS2Goをインストールすると、システムドライブの使用済み容量が表示されます。システムドライブの使用容量より大きいUSBドライブを接続します。ターゲットUSBドライブを選択し、[次へ]をクリックして続行します。

起動ドライブ作成手順1

ステップ 2.次は、「このプロフラムな、選択したディスク上の全てのデータを完全に削除します」と表示されるので、
重要なデータをバックアップすることを忘れないようにしてください。[続ける]ボタンをクリックして続行します。

起動ドライブ作成手順2

ステップ 3. ディスクレイアウトを調整します。ターゲットドライブのデフォルトのディスクレイアウトは、リソースドライブと同じです。必要に応じてレイアウトを編集することもできます。Windowsの起動可能ドライブとしてソリッドステートドライブを使用している場合は、そこにあるオプションにチェックマークを付けます。次に、[実行]ボタンをクリックします。

起動ドライブ作成手順3

ステップ4. 次に、EaseUS OS2GoはポータブルUSBドライブの作成のプロセスを開始します。
通常、かかる時間はOSやネットワークの状態次第です。進行状況が100%に達すると、USBドライブが起動可能になります。

起動ドライブ作成手順4

ステップ5.ポータブルWindows USBを挿入し、コンピューターを起動します。必要なキー(F2、DEL、F10 ...)を押してBIOSに入ります。USBディスクから起動することを選択します。

注:ポータブルUSBとターゲットPCの起動モード(UEFIまたはLegacy)が同じようにしてください。そうではない場合、起動できない可能性があります。

これで、Windowsゲームを遊びましょう。
 

SteamPlayを使用してLinuxコンピューターでSteamゲームをする

最大のゲーム配信プラットフォームの1つとして、SteamはLinuxユーザーにも重視しています。SteamPlayと呼ばれるWINEのフォークを開発しました。WINE(Wine Is Not Emulator)は、LinuxでWindowsアプリケーションを実行するためのプログラムです。Linuxユーザーは、Steam Playを使うことでWindowsでのみ利用可能なゲームをプレイできます。SteamPlayを使用する手順は次のとおりです。

操作手順

ステップ1.LinuxにSteamをインストールし、アカウントにログインします。

ステップ 2.Steamクライアントを実行します。左上の[Steam][Settings]をクリックします。

ステップ3.SteamPlayベータ版を有効にします。左側でSteamPlayオプションを見つけて、対応するボックスをクリックしてチェックします。

サポートされているタイトルのSteamPlayを有効にします(ホワイトリストに登録されているタイトルを再生できます Windows-ゲームのみ)
すべてのタイトルのスチームプレイを有効にする( 試します ?へ 全部やる Windows-ゲームのみ

ステップ4.変更を保存し、[OK]をクリックして確認します。

まとめ

Linux PCでWindowsのみのゲームをしたい人にとっては、WindowsシステムとゲームがインストールされたポータブルUSBドライブを作成することが、最も費用効果の高い選択肢です。
このように、EaseUSOS2Goを使用することを強くお勧めします。LinuxでSteamゲームのみをプレイしたい場合は、SteamPlayを使ってください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

EaseUS OS2Go

  • ポータブルWindowsを作
  • Windows OSをUSBにコピー
  • Winodws OSをUSBドライブにクローン
  • Windows 11を任意のPCで実行可能
  • Windows 11を不対応のPCで実行可能
  • MacでWindows 11/10を実行可能
今すぐダウンロード