> How to Use > ポータブルOS作成 > MacでWindowsをUSBメモリに入れて実行する方法

MacでWindowsをUSBメモリに入れて実行する方法

Tioka | カテゴリ: ポータブルOS作成 | 2021年09月02日に更新

概要:

MacでWindowsをUSBメモリに入れて実行したいと思っているが、そのやり方は分かりませんか?本文では、強力のポータブルOS作成ツールを使って、WindowsをUSBメモリに入れてMacで実行する方法を皆さんに紹介するので、ご参照ください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Boot Camp(ブートキャンプ)は、Appleにより開発・配布されているソフトウェアで、Intel MacにおいてWindowsの利用を可能とします。しかし、このプログラムは、最新のM1チップのパソコンに互換しません。Boot CampでMacパソコンに2つのOSを入れると、ディスクの空き容量が少なくなり、利用中にパソコンの動作が非常に重くなったり、容量不足で操作を実行できなくなったりすることがよくあります。

ポータブルOS作成ツール

だから、MacパソコンでWindowsを実行するには、Windowsをパソコンに入れてヂュアルOSを構成するのは、理想的な対策ではありません。それでは、MacでWindowsを利用したい場合、一番完璧な対策は何ですか?WindowsをUSBメモリに入れてMacで実行するのは、非常に便利です。

MacでWindowsをUSBメモリに入れて実行することについて

MacでWindowsをUSBメモリに入れて実行するといえば、たくさんのメリットがあります。

  • M1チップ搭載のMacでもWindowsを実行可能
  • Macのディスクの容量を消化することがないので、Macに悪影響を及ぼさない
  • ポータブル可能で任意のMacパソコンでWindowsを快適に実行可能

それでは、WindowsをUSBメモリに入れてポータブルOSを作成するには、どうしたらいいですか?本文では、一番強力のポータブルOS作成ツールのEaseUS OS2Goで、USBメモリを使用してポータブルのWindowsを作成して、Macパソコンで実行する方法を皆さんに紹介したいと思います。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

MacでWindowsをUSBメモリに入れて実行する方法

WindowsをUSBメモリを入れて実行するには、下記のものが必要となるので、予め用意してください。

  • 64ギガバイト以上のUSBメモリ
  • Windows搭載のパソコン
  • Macパソコン
  • ポータブルOS作成ツールのEaseUS OS2Go

上記のものを用意した上、下記の操作手順を参照したら、WindowsをUSBメモリに入れてMacパソコンで実行することができるようになります。それでは、見てみましょう。

手順1.WindowsをUSBメモリに入れてポータブルのOSを作成する

まず、WindowsをUSBメモリに入れることが必要です。WindowsをUSBメモリに入れて、ポータブルのOSを作成するには、下記の詳細手順を参照してください。

ステップ1.USBメモリ、または外付けHDDをパソコンに挿入して、EaseUS OS2GOを立ち上げます。ここで使用中のOSとUSBメモリが自動的に認識されるので、「次へ」ボタンをクリックして続けます。

ポータブルのOSを作成するステップ1

ステップ2.「このプログラムは、選択したディスク上のすべてのデータを完全に削除します。」という提示メッセージが表示されるので、「続ける」をクリックします。

ポータブルのOSを作成するステップ2

ステップ3.ここでOSのサイズ情報を確認することができます。もし作成したいポータブルWindowsのデバイスはSSDな場合は、「ターゲットディスクがSSDな場合、オプションをチェックします」をチェックして、「実行」ボタンをクリックします。

ポータブルのOSを作成するステップ3

ステップ4.ここでUSBメモリから起動可能なWindowsを作成するプロセスが開始されます。少し時間がかかるので、しばらく待ってください。

ポータブルのOSを作成するステップ4

ステップ5.ポータブルOSの作成プロセスが完了したら、右下で「完了」ボタンが表れますので、そこをクリックします。

ポータブルのOSを作成するステップ5

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ここでWindowsを起動可能なUSBメモリを作成できました。このUSBメモリを使って、MacパソコンからでもWindowsを快適に実行することができるようになります。

手順2.Macで起動可能なUSBメモリからWindowsを起動する

上記の操作手順を参照して、ポータブルOSのUSBメモリを作成すると、MacをそのUSBメモリから起動すると、Windowsになります。

ステップ1.そのUSBメモリをMacパソコンに挿入して、Macのoptionキーを押しながら、起動します。

ステップ2.ここで起動ドライブの選択画面が表示されます。ここで「EFIブート(EFI Boot)」を選択します。

ステップ3.ここでWindowsを起動することができます。画面中に表示されているWindowsのインストールガイドを参照して、Windowsをセットアップすればいいですが、この間にMacが何度も自動再起動することがあります。

ステップ4.Windowsのセットアップ操作が完了すると、Windowsを使うことができるようになります。

まとめ

WindowsをUSBメモリに入れてMacで実行するのに、たくさんのメリットがあります。ポータブルのWindowsなので、任意のMacパソコンでWindowsを快適に利用することもできます。また、本文で紹介したポータブルOS作成ツールのEaseUS OS2Goを使って、簡単に作成することもできます。

それでは、EaseUS OS2Goを下記のダウンロードボタンから取得して、WindowsをUSBメモリに入れてMacで実行しましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

EaseUS OS2Go

  • ポータブルWindowsを作
  • Windows OSをUSBにコピー
  • Winodws OSをUSBドライブにクローン
  • Windows 11を任意のPCで実行可能
  • Windows 11を不対応のPCで実行可能
  • MacでWindows 11/10を実行可能
今すぐダウンロード