> How to Use > プロダクトキー確認 > [対策法]Microsoft Office 2013のプロダクトキーは紛失した?

[対策法]Microsoft Office 2013のプロダクトキーは紛失した?

モンディー | カテゴリ: プロダクトキー確認 | 2022年01月27日に更新

概要:

Microsoft Office 2013のプロダクトキーを見つけるには、4つの効果的な方法があります。記事を最後まで読んで、Office 2013のプロダクトキーを見つける方法とそれぞれの詳細なガイドを入手してください。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

Microsoft Office 2013のプロダクトキーを紛失したことがありますか。Office 2013のプロダクトキーにアクセスするには、Microsoftに敷かれた厳格なルールがあります。プロダクトキーは、インストール先のコンピューターに保存されています。ただし、Officeのプロダクトキーを見つけることは、Windowsほど簡単ではありません。Microsoft Office 2013のプロダクトキーを取得するには、4つの効果的な方法があります。この記事を最後までたどって、すべての方法の詳細なガイドを入手しましょう。

1.EaseUS Key Finderを実行する

専門的なプロダクトキー解析ツールのEaseUS Key Finderを利用すれば、Microsoft Office 2013のプロダクトキーを簡単に見つけることができます。ソフトウェアを起動して「キー」機能をクリックすることで、Microsoft Office 2013だけでなく、AdobeとWindowsのプロダクトキーを抽出できます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS Key Finderは、Microsoft Officeのすべてのバージョンをサポートしています。このEaseUS Key Finderによって、ブラウザのアカウントとパスワード、1000+のソフトウェアのシリアル番号、WiFiパスワードなども回復できます。さらに、SQL Server、Windows、およびAdobeもサポートされています。

手順1. 「キー」の下の「アプリケーション」をクリックします。

EaseUS Key Finderでプロダクトキーを確認する1

手順2.右側のパネルでMicrosoft Officeのレジストリキーを表示します。Officeのシリアル番号をコピーします。「プリント」/「保存」をクリックすることもできます。

EaseUS Key Finderでプロダクトキーを確認する2

2.CMDでMicrosoftプロダクトキーを表示する

CMDも、Office 2013のプロダクトキーを見つける方法の1つです。いくつかのコマンドを作成するだけで、プロダクトキーを抽出します。ただし、この方法は、Microsoft Office 2013のプロダクトキーの最後の5桁がコンピューターに保存されている場合にのみ機能します。

操作手順:

  • 検索ボックスで「CMD」を検索します
  • 管理者としてCMDを実行します
  • コマンドラインを入力し、「Enter」キーをクリックします:cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS" /dstatus
  • Microsoft Office 2013 (64ビット) (Win64ビット)のプロダクトキーが表示されます

CMDでMicrosoftプロダクトキーを表示する

32ビットOfficeバージョンのプロダクトキーが必要な場合は、代わりに次のコマンドを入力します。

Microsoft Office 2013(32ビット)(Win32ビット):cscript "C:\Program Files\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS" /dstatus

Microsoft Office 2013(32ビット)(Win64ビット):cscript "C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15\OSPP.VBS" /dstatus

3.Microsoft Office 2013のプロダクトキー解析ツール-Powershell

Powershellは、Microsoft Office 2013のプロダクトキーを見つけるためのもう1つの方法です。CMDと同じ、この方法を利用するには、コマンドを入力する必要もあります。

PowerShellでプロダクトキーを見つける詳細ガイド:

  • Powershellを実行する前に、メモ帳を開きます
  • 以下のテキストをメモ帳に入力します

function Get-MSOfficeProductKey {

    param(

    [string[]]$computerName = "."

    )

    $product = @()

    $hklm = 2147483650

    $path = "SOFTWARE\Microsoft\Office"

    foreach ($computer in $computerName) {

        $wmi = [WMIClass]"\\$computer\root\default:stdRegProv"

        $subkeys1 = $wmi.EnumKey($hklm,$path)

        foreach ($subkey1 in $subkeys1.snames) {

            $subkeys2 = $wmi.EnumKey($hklm,"$path\$subkey1")

            foreach ($subkey2 in $subkeys2.snames) {

                $subkeys3 = $wmi.EnumKey($hklm,"$path\$subkey1\$subkey2")

                foreach ($subkey3 in $subkeys3.snames) {

                    $subkeys4 = $wmi.EnumValues($hklm,"$path\$subkey1\$subkey2\$subkey3")

                    foreach ($subkey4 in $subkeys4.snames) {

                        if ($subkey4 -eq "digitalproductid") {

                            $temp = "" | select ComputerName,ProductName,ProductKey

                            $temp.ComputerName = $computer

                            $productName = $wmi.GetStringValue($hklm,"$path\$subkey1\$subkey2\$subkey3","productname")

                            $temp.ProductName = $productName.sValue

                            $data = $wmi.GetBinaryValue($hklm,"$path\$subkey1\$subkey2\$subkey3","digitalproductid")

                            $valueData = ($data.uValue)[52..66]

                            # decrypt base24 encoded binary data

                            $productKey = ""

                            $chars = "BCDFGHJKMPQRTVWXY2346789"

                            for ($i = 24; $i -ge 0; $i--) {

                                $r = 0

                                for ($j = 14; $j -ge 0; $j--) {

                                    $r = ($r * 256) -bxor $valueData[$j]

                                    $valueData[$j] = [math]::Truncate($r / 24)

                                    $r = $r % 24

                                }

                                $productKey = $chars[$r] + $productKey

                                if (($i % 5) -eq 0 -and $i -ne 0) {

                                    $productKey = "-" + $productKey

                                }

                            }

                            $temp.ProductKey = $productKey

                            $product += $temp

                        }

                    }

                }

            }

        }

    }

    $product

}        

  • 「すべてのファイル」というファイル種類と「office.ps1」との名前を設定し、デスクトップに保存します
  • Microsoft Office 2013が32ビットか64ビットかを確認します
  • 管理者としてPowershellを実行します
  • Set-ExecutionPolicy RemoteSignedと入力して、未署名のローカルスクリプトの実行を許可します
  • 次のコマンドを入力します:Import-Module C:\Users\Desktop\office.ps1; Get-MSOfficeProductKey
  • プロダクトキーが画面に表示されます

4.Microsoftアカウントからのプロダクトキー確認

Microsoft Office 2013のプロダクトキーは、Microsoftアカウントの公式サイトから見つけられます。しかも、この方法はすべてのバージョンをサポートしています。

プロダクトキーを見つけるには:

  • Microsoftの公式Webサイトにアクセスして、アカウントに移動します
  • ライセンス情報を展開し、プロダクトキーを表示します

Microsoftアカウントからのプロダクトキー確認

ただし、公式アカウントからこの製品を登録したことがない場合は、Microsoftアカウントはお役に立ちません。Microsoftサポートチームに連絡して製品をアクティブ化するしかありません。

まとめ

EaseUS Key Finder CMD Windows Powershell Microsoftアカウント
サードパーティソフトウェア 特定のコマンドを使用  プロダクトキーに必要な複雑なスクリプト 製品の事前登録が必要
使いやすい 複雑なコマンドが必要 初心者に不親切 シンプルで実行しやすい
無料版と有料版の両方が利用可能 テキストユーザーインターフェイス テキストユーザーインターフェイス オンライン方法

上記の方法によって、Microsoft Office 2013のプロダクトキーを調べることができます。自分の都合に合わせて、方法を1つ選んでください。ここで、サードパーティソフトウェアのEaseUS Key Finderをお勧めします。2つの手順だけで、Office 2013のプロダクトキーを取得できます。また、EaseUSのテクニカルサポートチームは、24時間年中無休、お客様に専門的なソリューションやテクニカルサポートを提供します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>