> How to Use > iPhoneデータ復旧 > ios11更新後データを復元する方法―ios11データ復元

ios11更新後データを復元する方法―ios11データ復元

2017-09-05 13:39:12 Posted by Tioka to iPhoneデータ復旧

概要:
ios11で、連絡先、メッセージ、ビデオ、写真やブラウザのブックマークなどのデータを失った時にどうすればいいのでしょうか。この記事を参照して、ios11更新後、失われたデータをステップバイステップで簡単に復元することができます。

ios11へ更新することで、iPhone/iPad/iPodのデータを失ったことがある?

今のところ、iOS11の最新バージョンがやっと正式にリリースされるようになりました。iOS 11のアップデートはどうなっていますか。 iOS 11のアップデートチュートリアルに従って、データを失うことなくiPhone、iPad、またはiPodをiOS 11に無事にアップデートしましたか。

設定でソフトウェアアップデートをタップする前に、十分な準備をすることを強く勧めします。 なぜなら、最新のios11に更新することはいつも順調になって問題が発生しないわけでもないからです。万が一、アップデートが失敗したら、大事なデータを紛失する恐れがありますので、アップデートの事前準備がとても重要ものだと思います。

なので、ios11へ更新することで、iPhone/iPad/iPodのデータを失ったことがありますか。落ち着いて、この記事では、完全なios11データ復元対策を紹介することで、皆さんにios11へ更新することで失われた全てのデータを取り戻させます。

ios11データ復元のアドバイス

  • iCloudバックアップから復元

iPhoneの大部分のアプリデータ、連絡先や画像などが知らず知らずに自動的にiCloudまでバックアップしましたので、ただ適合なiCloud復元ツールを使うことで、簡単にデータをパソコンに復元できます。

  • iTunesバックアップから復元

ios11へ更新する前、iTunesで端末のデータをバックアップした場合、何かデータを失ってもiTunesを使って簡単にデータを端末に復元することができます。

  • バックアップ取っていない場合、どうやってiPhoneのデータを復元するか

もしも、バックアップも取っていなく、大事なデータをも失った場合、本当に無力感を感じますね。この時、どうやってデータを取り戻しますか。ここでios向けのデータ復旧ソフトを皆さんにご紹介します。バックアップがない場合、このソフトが絶対役に立つと思います。

ios11で連絡先、メッセージ、画像、ビデオなどデータを復元する方法

バックアップがない場合、EaseUS製のIOS向けのデータ復旧ソフト-EaseUS MobiSaverが役に立ちます。このソフトは、iCloud iTunesからの復元にも対応しています。

1:iOSデバイスから直接復元

ステップ 1:データ復元を行うiOSデバイスをPCまでちゃんと接続
EaseUS MobiSaverを実行し、iOS端末自体をPCと繋がってから、次の窓口が現れますので、その右側の「スキャン」ボタンを押してこれからの手順に続行してください。

MobiSaverの使い方、その1

ステップ 2:デバイスのスキャン開始
データのスキャン画面に入ります。

MobiSaverの使い方、その2

注意:スキャンを開始してから途中で「中止」ボタンでスキャンを終了し、その時点のスキャン結果から無くなった一部のデータを検出できますが、全部のデータを検出し、復旧率を高めるため、スキャン過程が終わるまで「中止」ボタンを押さないでください。

ステップ 3:プレビュー機能により、復元したいデータをすばやく選定、復活
データのスキャンが終わり次第、検出された復旧可能のファイルは、すべてよく組織したカテゴリで次のウィンドウに再現されます。もし検出したデータ量と数が多すぎる場合、全部では無く、ただ一部のデータのみを復元したいなら、プレビュー機能は特定のデータを快速に見つけることにとても役たち、探す手間と時間を極めて減らし、短縮してくれるようになります。復旧に決まった各データの左側のチェックボックスにチェックを入れた後、「復元」ボタンをクリックし、パソコンかほかの外付けメモリ端末にまでデータを保存して、完成。

MobiSaverの使い方、その3

2:iTunesのバックアップから復元

ステップ1:PCとiOSデバイスを接続し、iTunesのバックアップを選択してから、「スキャン」をクリックしてください。

ITUNESからの復元、その1

ステップ2:iTunesのバックアップファイルのスキャンを開始します。「中止」ボタンを押せばスキャンを中止しますが、現時点のスキャン結果から無くなった一部のデータを検出する可能性もあります。ただし、全部のデータを検出し、復旧率を高めるため、スキャン過程が終わるまで「中止」ボタンを押さないでください。

ITUNESからの復元、その2

ステップ3:プレビュー機能により復元するデータを選択して「復元」ボタンをクリックして保存を行ってください。削除したファイルだけを表示するなら、右上の「削除された項目のみを表示」にチェックを入れてください。最後に、「復元」をクリックして、データの保存先を選択してください。

ITUNESからの復元、その3

注意:「iTunesのバックアップから復元」モードにより、データを取り戻せない場合、データがiOSデバイスと同期されているか、またはiTunesでバックアップされているかを確認してください。また、通常の場合、連絡先、メッセージ、通話履歴やタイムラインなどのような削除されたファイルはhtml文書の形式として保存されますので、お使いのiOSデバイスに再び保存するには手動で操作する必要があります。

3:iCloudバックアップから復元

ステップ1:「iCloudバックアップから復元」モードで、iCloudに登録してください。

iCloudから復元方法、その1

ステップ2:iCloudのバックアップファイルを選択して、「スキャン」をクリックしてください。

iCloudから復元方法、その2

ステップ3:iCloudのバックアップファイルをスキャンしはじめます。「中止」ボタンを押せばスキャンを中止しますが、現時点のスキャン結果から無くなった一部のデータを検出する可能性もあります。ただし、全部のデータを検出し、復旧率を高めるため、スキャン過程が終わるまで「中止」ボタンを押さないでください。

iCloudから復元方法、その3

ステップ4:検出したすべてのファイルをプレビューして、復元したいファイルの左側にあるボックスをチェックしてから、「復元」でファイルを保存してください。

iCloudから復元方法、その4

注意:「iCloudバックアップから復元」モードにより、データを取り戻せない場合、データがiCloudでバックアップされているかを確認してください。