EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Free 10.10

操作ガイド

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeは3つのステップで、すべての失われたデータを簡単かつ迅速に復元できます。ドキュメント、写真、メール、動画、またはほかのファイルをMacドライブ及びほとんどの記憶装置から取り戻せます。

Step 1:Data Recovery Wizard FreeをMacパソコンにダウンロードする

Macパソコンにソフトをダウンロードしインストールします。そして、ソフトを実行して、復元したいファイルの種類を選択します。

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeの使い方、その1

Step 2:復元したいディスク・パーティションを選択する

[続ける]をクリックすると、次の画面に行きます。ファイルが失われたドライブを選択して、[スキャン]をクリックします。パソコンでのiTunesバックアップからデータを抽出するのも可能です。

Tips:最新のmacOS10.13 (High Sierra)のシステム上の要求により、Macユーザは、任意アプリからシステムドライブへのアクセスが許可されていません。システムドライブからデータを復元するには、システム整合性保護(SIP)を無効にするか、EaseUS Data Recovery Wizard Bootable Media for Macをご利用ください。詳しくは、オンラインヘルプ - MacOS 10.13でシステムディスクから消えたデータを復元をご覧ください。

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeの使い方、その2

Step 3:ファイルをプレビュー、復元、保存する

スキャンが終わると、パス種類時間によってファイルを表示させられます。復元したいファイルをファイルをプレビューして、ファイルの品質を確認します。そして、復元したいファイルを選択して、パソコンに保存します。

注意:クィックスキャンでファイルが見つからない場合、ディープスキャンをお試しください。

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeの使い方、その3

スキャンステータスのエクスポート・インポート

下記の場合でこの機能をご利用いただけます:

1. まだ復元されていないファイルがありますが、その前に別の仕事をしなければなりません。
2. 検出されたデータ量が多すぎて、一度にすべてのデータを復元することができません。
3. 復元されたデータを保存する記憶装置の容量が足りないので、別の記憶装置を用意するまでにスキャン結果をパソコンに保存する必要があります。

エクスポート

[エクスポート]ボタンをクリックして、スキャンデータの[.rsf]ファイルを保存する場所を選んで、[保存]をクリックします。

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeの使い方、その4

インポート

[インポート]ボタンをクリックして、[.rsf]ファイルを選択して、[開く]をクリックします。前回のスキャン結果から復元したいファイルを選択することができます。

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeの使い方、その5

 

特価セール

EaseUSが選ばれる理由