> How to Use > iPhoneデータ復旧 > iTunes同期する時エラー54を処理する方法

iTunes同期する時エラー54を処理する方法

2016-06-06 Posted by Bak to iPhoneデータ復旧

概要:
iTunes同期で、常にデバイスでのデータやファイルをiTunesにバックアップするのはいい習慣です。しかし、iTunes同期中エラーコード54が現れて、同期を失敗させることがよくあります。どう処理すればいいでしょうか。その処理法について皆さんに紹介します。

最近、エラーコード54によるiPhone同期不能がWindowsでもMacでも現れたそうです。どう対処すればいいですか。下記のソリューションがお役に立てると思います。

iTunes Syncエラー54について

iPhone/ iPad/ iPodを同期するとき、「デバイスが同期不能、不明なエラーコード54」のようなエラーメッセージが出て、同期プロセスが続けられない状態になることがあります。

一旦パソコンとIOSデバイスを閉じてから再起動して見れば、エラーが直るかも知れませんが。再起動策が効かなくても、ご心配なく、ここで幾つかの他の解決策を皆さんに紹介します。(以下の解決策を試す前に、iTunesが最新バージョンであるか、デバイスでのソフトがアップデート済みであるか、ご確認ください。)

Windows 10でエラー54を修復する

Windows 10の場合では、iTunesフォルダーがリードオンリーモードに設置したら、書き込み操作が禁止されてしまい、同期ができなくなる訳です。その原因であれば、リードオンリーモードを解除すれば、エラー54も消えると思います。下記は操作手順です。

1.windows エクスプローラを開きます。

2.「音楽」フォルダーを開きます。

3.「iTunes」フォルダーを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

4.「リードオンリー」の選択を解除します。

iTunesを代替できるソフトでエラー54を修復する

エラー54が発生する時、iTunesの代わりに他のソフトを使ってIOSデバイスでのデータをバックアップするのも一つ良い方法と思います。この策はWindowsユーザーでもMacユーザーでも利用できます。ここは、EaseUS MobiSaver(Mac版はこちら)をおススメします。EaseUS MobiSaverはIOS向けのデータ復旧ソフトでありながら、IOSバックアップソフトとしても使えます。音楽画像、メール、ビデオ...ありとあらゆるファイル種類に対応できます。

1.IOSデバイスをパソコンに接続して、EaseUS MobiSaverを運行します。そして、「IOSデバイスから復元」を選択して、「スキャン」します。

スキャン開始

2.ソフトがスキャンを初めすべてのファイルを検索しますので、しばらく待ちます。

3.プレビューしてから、 バックアップしたいファイルを「復元」でパソコンや他のデバイスにエクスポートします。

エクスポート先を指定

 

 

EaseUSが選ばれる理由